Teclast F5が安値更新、Core i7-10510U ベアボーンが319.99ドルなど、Banggoodの最新クーポン情報(7/14更新)

サマープライムセールを開催中のBanggoodですが、多くの製品でクーポンを発行、あるいはクーポンなしのフラッシュセールにより近々での最安値を更新。事例としては、Teclast F5が299.99ドル、BMAX Y11が279.99ドル、Core i7-10510Uのベアボーン NVISEN Y-MU01が319.99ドルとなっています。スマホでは、Xiaomi POCO F2 Proも値下がりに。これらのセール対象製品のうち、一部をピックアップしましたが、以下の日本限定のクーポン情報もあわせて参照ください。

関連記事

Ryzen 5 2500U搭載のミニPCやBMAX Y11などが更に安く販売。Banggoodの日本向けクーポン情報(7/31まで)

OneGx1(クーポン待ち)

6月29日よりOne-NetbookのOneGx1が予約販売となりました。7インチのディスプレイ、アルミ製ボディにCore  i5-10210Y、Micro PCIe SSDを搭載。上の画像のゲームパッドは別売ですが、ゲーミングに特化した感のあるUMPC。これまで、One-Netbookは情報を小出しにしており、当サイトでは正式発売になってから掲載としていたのですが、OneMixの他のシリーズの傾向からすると、意外と安いような感覚です。

Banggoodで予約販売のモデルは英語キーボード版となりますが、私は英語キーボードが好み。また、LTEモデルなら、Amazonなどの国内通販が無難ですが、WiFi版ならより安価な海外通販もありです。

 

▼メモリ 8GB、SSD 256GBのBanggoodの予約販売価格は839.99ドル、約9万円。Amazonよりも約8,000円安くなっています。なお、Banggoodでの出荷準備は7/30とあります。

OneGx1

Xiaomi POCO F2 Pro (8/2更新)

Xiaomiのフラッグシップ機の一つとなるPOCO F2 Pro。 Snapdragon 865に64百万画素をメインとする4カメラ、6.67インチのAMOLEDパネルにはインスクリーンの指紋認証、フロントの20百万画素カメラはポップアップ式、さらには4700mAhと比較的大きめのバッテリーなど、全般的にバランスよくハイエンドのスペックを詰め込んでいます。

▲こちらの海外動画レビューの15分あたりに、実機で撮影の写真が掲載されていますが、ボケ味も上手くでています。

 

▼メモリ 8GB、ストレージ 256GB版は、クーポン「BG8F2P8」の利用により 539ドル、8/31まで。

Xiaomi POCO F2 Pro

 

▼個別紹介記事はこちら

Xiaomi POCO F2 Proが499ドルで販売開始、30ドル相当のEarbudsが付属するキャンペーンも(先着100名)
Xiaomi Pocophone F1の後継となる「POCO F2 Pro」が販売開始となりました。Snapdragon 865に、6.67インチのAMOLED パネル、5G対応となる製品ですが、同じく Snapdragon 865...

Xiaomi Mi Note 10 (8/2更新)

Xiaomi Mi10の発売の影響か、Mi Note 10も安くなりました。Mi10ほどにハイスペックではありませんが、Snapdragon 730Gに6.47インチのAMOLED ディスプレイ、108百万画素のリアカメラ、指紋認証はインスクリーンと十分なスペック。バッテリーも5260mAhと大容量であり安心。

 

▼108百万画素をメインとした、リアの4カメラが大きな特徴のMi Note 10

 

▼メモリ 6GB、ストレージ 128GBのバージョンは、クーポン「BG8N10」の利用により 389ドル、8/31まで。

Xiaomi Mi Note 10

Xiaomi Redmi Note 8 Pro (8/2更新)

私の使用感では、アプリの起動や切替など、iPhone XS Maxよりもサクサク動作のXiaomi Redmi Note 8 Pro。6.53インチに、CPUは AnTuTu ベンチマーク v8のスコアが29万弱のHelio G90T、64百万画素をメインとした リアの4カメラと高スペック。

以下の実機レビューでは詳細に記載していませんが、64百万画素のカメラはやや暗いものの、細かい描写はさすが。サイト記事用の写真としても、iPhone XS Maxよりも発色がよいかも、と思い始めています。

Xiaomi Redmi Note 8 Pro、実機ベンチマークと体感レスポンス。アプリ起動は iPhone XS Maxより速く快適に動作
Xiaomi Redmi Note 8 Proの実機レビュー、ベンチマークスコアと体感レスポンス編。動作は像以上に快適で、簡易的に10種類のアプリの起動をiPhone XS Maxと比較したところ、概ね Note 8 Proが速い結果に
Xiaomi Redmi Note 8 Pro、2ヶ月使用後の再レビュー。iPhone XS Maxと どちらをメインとすべきか 悩ましい選択に
Xiaomi Redmi Note 8 Proを使い始めて2ヶ月あまり。ソフトバンク回線との関係もあり、iPhone XS Maxをメインに、Redmi Note 8 Proをサブとして使用していますが、全般的にはRedmi Not...

 

▼メモリ 6GB、ストレージ 64GB版は、クーポン「BG7N8P」の利用により 189ドル、8/31まで。

Xiaomi Redmi Note 8 Pro

Xiaomi Redmi Note 9S (8/2更新)

Xiaomi Redmi Note 9 Pro、9S、無印の9と3種類そろった 9シリーズ。このうち、私のイチオシは9S。9 Proと同じくSnapdaragon 720G搭載で、ディスプレイは6.67インチのパンチホール。ベンチマークは、私が所有するRedmi Note 8 Pro (Helio G90T搭載)と同水準で、アプリの起動などは iPhone XS Max以上の速さを期待できそうです。

9 Proのリアカメラは64百万画素であるのに対し、9Sは48百万画素。私のRedmi Note 8 Proは64百万画素ですが、室内撮影では64百万画素を利用する機会がほとんどないため、48百万画素で十分かと思います。

 

▼メモリ 4GB、ストレージ 64GB版は、クーポン「BG8N9S4」の利用により 199ドル、8/31まで。

Xiaomi Redmi Note 9S

 

▼詳細は以下の記事を参照。

凄まじい人気のRedmi Note 9S。スナドラ 720G、6.67型で約20,800円のコスパ度が人気のポイント。Note 9 / 9 Proのクーポン情報も
GearBestに続き、AliExpress、Banggoodでも販売開始となった Xiaomi Redmi Note 9Sですが、いきなり凄まじい人気となっています。AliExpressでは、RAM 4GB・ROM 64GB版、R...
Xiaomi Redmi Note 9 Pro / 9S / 9、 3製品のスペックと価格比較
Xiaomiのスマホのなかでも特にコスパの高い Redmi Note。Xiaomi Redmi Note 9Sの先行販売から、Note 9 Pro / 9と3製品揃ったところで、スペックと価格の比較です。9 Pro / 9SはSna...

T-Bao TBOOK MN25(8/2更新)

ミニPCであるのに「TBOOK」とのネーミングが不思議ですが、第7世代のCore i5相当のRyzen 5 2500Uを搭載し、SSDはSATAではなくPCIe / NVME対応の256GB。この仕様にしてクーポン価格 279.99ドルは、冒頭で記載のBMAX B4 Proよりも注目かも。Banggoodの担当さんによると、にわかに人気度が上昇中のようです。

 

▼ボディの形状とポート類は標準的ですが、Ryzen 5 2500Uを搭載することで注目のT-Bao TBOOK MN2。イメージ画像を見ると、ボディの素材はプラスチック製ではなくスチール製と推定されます。

 

▼メモリ 16GB、ストレージ 512GB版は、クーポン「BGJPMN731」の利用により 336.99ドル、8/7まで。

T-bao TBook MN25, RAM 8GB / ROM 256GB

 

▼製品の個別記事はこちら。

AMD Ryzen 5 2500Uを搭載のミニPCがT-Baoからリリース。第7世代 Core i5相当で約280ドルと高コスパ。レビュー動画も公開に
ノートPCを多く展開するT-baoから、おそらくは初のミニPCとなる「TBOOK MN25」が登場です。その大きな特徴は、CPUにAMD Ryzen 5 2500U、GPUにRadeonTM Vega 8を搭載すること。 今回はこの...

S200, Core i7 8750H、32GB 1TB版(8/2更新)

何度か紹介している、ハイエンドなミニPC「S200」。今回のセール対象は5個限定と売り切れ必至ですが、Core- i7 8750H、メモリ 8GB、SATA SSD 128GBのバージョン。SSDの容量は少なめですが、クーポン価格はベアボーン並みの359.99ドル。セットモデルのため、Windows 10はプレインストール済。SATA 128GBのSSDを高速なPCIe SSDに換装しても、この価格ならベアボーンよりも安いと判断。

 

▼8/2時点では最小構成のメモリ 8GB版のクーポン配布はありませんが、メモリ 32GB、SSD 1TB版がクーポン「BGEGSAH」の利用により 649.99ドル、8/6まで。

メモリ 32GB、SSD 1TB版

BMAX B2 Plus (7/12更新)

4/5現在では、AmazonのミニPCのカテゴリーでベストセラーになっている BMAX B2 Plus。Gemini Lake N4100相当のCeleron J4115を搭載し、普段使いではサクサクと動作するうえに、ほぼ無音の静音仕様、意外としっかりした音質のビルトインスピーカー、Celeron 搭載機としては珍しい PCIe SSDも搭載可能と、意外性のあるミニPCです。デフォルトのM.2 SSDのほか、M.2 SSD ポート・2.5インチ SATAポートがあるため、Windows 10、Linux、Chrome OSのトリプルOS仕様にすることもできます。

ただし、SATAケーブルは付属していないのですが、Banggoodに確認したところ、ケーブルの仕様を確認できず、単体販売もしていないようです。

 

▼クーポン「BGJPmn7012」の利用により 169.99ドルとAmazonより安価で販売中。7/31まで

BMAX B2 Plus

 

▼実機レビュー記事はこちら

BMAX B2 Plus 実機レビュー、Win 10 Pro、PCIe SSD対応、静音でスピーカー内蔵と意外性のあるミニPC。175.99ドルのクーポン情報も
BMAXより販売されているミニPC「B2 Plus」。Gemini Lake N4100相当のCeleron J4115、メモリ 8GBを搭載する製品ですが、このクラスの他のミニPCにない特徴として、PCIe (NVMe対応)のSS...

BMAX B4 Pro (クーポン待ち)

BMAX B2 Plusよりも、さらに快適さを求めるならば BMAX B4 Pro。CPUには第8世代のCore i3-8145Uを搭載し、メモリは8GBと標準的ですが、ストレージはPCIe接続・NVME対応の256GBを搭載しています。ただし、Gen.3接続ではなくGen.2のため、ベンチマークは控えめですが、それでもSATAよりも高速。

ミニPCとしては珍しく、BMAX B2 Plusと同様にビルトインスピーカーを装備し、さらにCMOS Buttonを備えていることも特徴。

 

▼クーポン「BGB4Pi3」の利用により 339.99ドル(4万円未満)、7/5まで。

BMAX B4 Pro

 

5/21追記。以下の記事にて実機レビューしていますが、B2 Plusのプラスチック製に対して、B4 Proはスチール製。重厚感は別物です。普段使いではサクサク動作で、体感的にはCore i7-8565Uと大きな差はありません。

▼製品の詳細記事はこちら

BMAX B4 Pro、Core i3-8145U、NVMe SSD搭載の高スペックなミニPCが新登場
B1、B2 Plus、B3 PlusとミニPCを連続してリリースするBMAXですが、今度はB4 Proの投入です。B4の通常版はなく、いきなり Pro版ですが、CPUは第8世代のCore i3-8145U、SSDはSATAより高速な...

NVISEN Y-MU01、ベアボーン  (7/12更新)

Core i7-8565U ベアボーンを搭載するベアボーン「NVISEN Y-MU01」。プラス1万円ほどで、メモリ 8GB、PCIe SSD 256GB (Gen.3での接続で高速)、Windows 10 Pro仕様に仕上げることができます(以下の実機レビュー記事を参照)。海外発送のため、即受領とはなりませんが(10日~2週間の納期)、このクラスのスペックであれば、在宅勤務もかなり快適です。

7月12日時点では、Core i7-8565UからCore i7-10510Uへの切替時期でしょうか。Core i7-10510Uのクーポン情報が増えつつあります。

 

こちらは新登場のCore i7-10510Uを搭載のベアボーン。クーポン「BG7DMN06」の利用により 319.99ドル、7/16まで。

NVISEN Y-MU01、Core i7-10510U ベアボーン

 

▼こちらは私が所有するCore i7-8565U版のベアボーン。クーポン「BGSEND3」の利用により 299.99ドル、7/21まで。

NVISEN Y-MU01、Core i7-8565U ベアボーン

 

▼実機レビュー記事はこちら

実機レビュー、Core i7-8565U搭載のミニPCベアボーン「NVISEN (EGLOBAL) Y-MU01」。PCIe SSD取付によりさらに快速に
Whiskey Lake Core i7-8565Uを搭載するミニPC ベアボーン「NVISEN Y-MU01 (EGLOBAL MU01)」。第8世代の最新CPUを搭載し、PCIe / SATA 双方のSSDに対応する製品です。中...

Atom Z8350 スティックPC(7/12更新)

久しぶりに紹介のスティックPC。テレワークなどで会社と自宅との持ち歩き用に、「可能な限りコンパクトなWindows 10 PCをより安く」とのことであれば、わるくはない選択肢。

Atom Z8350、メモリ 4GB、64GB eMMCとスペック的には必要最低限ですが、小さなボディの発熱・冷却対応を考慮すると、このスペックが限界です。なかには、Core m3を搭載する製品(Core m3 6Y30搭載のStick PCが販売中とは驚き。スペックと価格情報)もありますが、こちらは例外。

 

▼クーポンなしのセール価格は99.99ドル、7/12時点でも有効

Atom Z8350 スティックPC

CHUWI MiniBook (7/12更新)

UMPCのなかでは、特にコスパの高い CHUWI MiniBook。Gemini Lake N4100版もありますが、やはり本命はCore m3-8100Y版。私は携帯端末としてではなく、Mini PC的な使い方をしていますが、40インチのテレビに接続し、MiniBookのキーボードを活かしてサイト記事編集を行うと、サクサクした動作と意外と快適なタイピングと相まって、作業がはかどります。

上の画像のとおり、マグネシウム製のボディは質感も高く、One Mixシリーズのように 2.5K 解像度のディスプレイではなく FHDであるものの、ディスプレイも明るく綺麗です。

 

▼こちらは、Core m3-8100Y、メモリ 8GB、SATA SSD 256GBのバージョン。クーポン「BG7ee177」の利用により 499.99ドル、7/12時点でも有効。

メモリ 8GB、SATA SSD 256GB

 

▼実機レビュー記事はこちら

CHUWI MiniBook 実機レビュー。サクサク動作のCore m3-8100Yに明るい液晶、タイピング感も想像以上。これで5万円台とは満足度高し
7インチのUMPCのキーボードがイマイチだったため、8インチのUMPCにも抵抗があったのですが、CHUWI MiniBookの実機はその懸念を吹き飛ばす出来栄えです。Core m3-8100Yのサクサク動作に明るい液晶、想像以上に快適なキーボード。これで5万円台とは恐るべしコスパ

▼Core m3-8100Y版のデフォルトのSSDはSATAですが、より高速なPCIe SSDに換装できます。

実機レビュー、CHUWI MiniBookにPCIe SSDを増設、OSクローンにより起動ドライブ化。Win 10起動は体感できるほど高速に
UMPCのなかでも特にコスパに優れた CHUWI MiniBook Core m3-8100Y版の楽しみの一つは、より快適なPCIe SSDを増設(換装)すること。早速、256GBのPCIe SSDを購入し、OSをクローン・起動ドライブ化しました。これにより、Windowsやアプリ起動もより速く快適仕様に。

バッテリー残量が100%から変動しない状況が発生。海外ユーザーでも生じている現象であり、注意が必要

CHUWI MiniBook、バッテリー残量表示が100%から変動しない状況に。ケーブル再接続で復旧するも一時的
Core m3-8100YのレスポンスとUMPCとしては良好なタイピングで、通勤電車内でのサイト記事編集などで快適に利用しているCHUWI MiniBook。ただし、最近 悩まされるているのが、バッテリー残量の表示がおかしいこと。残...

CHUWI UBook Pro (7/12更新)

Core m3-8100Yを搭載するPCとしては、12.3インチのSurface風 2 in 1「CHUWI UBook Pro」もおすすめ。こちらも MiniBookと同様に、Gemini Lake N4100版もありますが、より快適な動作を求めるなら Core m3-8100Y版。2 in 1タブレットでもあり、ファンレスであることも、おすすめのポイントの一つ。

 

▼UBookの名称の由来は、キックスタンドがU型であること。

 

▼5/16時点では Core m3-8100Y版が一時的にBanggoodでの掲載がないため、Gemini Lake N4100版を掲載しています。キーボードとのセットモデルがクーポン「BG7d8e41」の利用により 389.99ドル、7/12時点でも有効。キーボードの色はパープルに変更されています

UBook Pro、Gemini Lake版 キーボードセット

 

▼製品の紹介記事はこちら

Chuwi UBook Pro、12.3型 Core m3-8100Y搭載の2in1がリリース予定
Chuwi UBook Proが、9月25日前後にクラウドファンディングサイト Indiegogoに登場予定です。12.3インチの2 in 1となりますが、大きな特徴はCPUにCore m3-8100Yを搭載すること。サイズなどの一...

CHUWI Hi10 X (7/12更新)

Hi10 Pro / AirのAtom Z8350からGemini Lake N4100へスペックアップした Hi10 X。メモリは4GBから6GBへ、ストレージも64GBから128GBへと大幅スペックアップしています。その恩恵を受け、体感レスポンスは、同じく10インチのSurface Goと同水準。Surface Goの半値以下で、同水準のPCが購入できます。

また、Hi10 Proの弱点であった WiFiの感度・速度も他のPCレベルに改善、キーボードはHi10 Pro / Airと同じであるため、買替もありです。

 

▼このスタイルで動画視聴を行うこともできます。

 

▼Banggoodのキーボード・スタイラスペンのセット販売情報。クーポン「BGa75ce2」の利用により 249.99ドル。香港発送でもあり、コロナウイルスの影響による到着の遅延はなく、私の場合 出荷から1週間程度での受領となりました。

CHUWI HI10 X、キーボード・スタイラスペン セット

▼タブレット単体での価格は、クーポン「BG71d31c 」の利用により 194.99ドル

CHUWI Hi10 X 単体

▼実機レビュー記事はこちら

CHUWI Hi10 X 実機レビュー、Gemini Lake N4100搭載でHi10 Pro / Airより快適さは大幅アップ、WiFiの安定度も大きく改善
Gemini Lake N4100を搭載のCHUWI Hi10 X。Hi10 Pro、Airから大幅スペックアップ。Hi10 Proでは遅延を感じていた動作も、CPUの恩恵によりサクサクと動作し、Hi10 Proで課題のWiFiの安定度・速度も大きく改善
CHUWI Hi10 X vs Surface Go、実機のベンチマーク比較。CPUスコアは同水準、価格は半値以下
私は10インチクラスの携帯用PCとしてSurface  Goを利用しているのですが、Gemini Lake N4100を搭載するCHUWI Hi10 Xの体感レスポンスは、Surface Goと同水準のような感覚です。以前、Surf...

Jumper EZBook X1 (6/28更新)

海外通販サイトのセールに久々に登場のJumper EZBook X1。11.6インチ、YOGA スタイルのWindows 10 ノートです。CPUにApollo Lake N3350を搭載し、非力ながらもサブPCとしてのライトユースなら使用できます。対抗のGemini Lake N4100搭載のBMAX Y11の価格がやや値上がりしているなか(文末を参照)、安くなったEZBook X1の選択もありです。

メモリは4GB、ストレージは 64GB eMMC + 64GB SSDですが、ポートはフルサイズのUSBはなく、給電兼用のUSB Type CとMicro USB、Micro HDMIであることに留意ください(BMAX Y11も同様)。

 

クーポンなしのセール価格は279.99ドル299.99ドルに変更となっており、セール待ち

Jumper EZBook X1

Teclast F5 、BMAX Y11 (7/12更新、最安値)

かつての人気機種「Teclast F5」とデザイン違いの「BMAX Y11」が久々のクーポンセールです。11.6インチののYOGA スタイルに、CPUはGemini Lake N4100 (F5)、Gemini Lake N4120 (Y11)。メモリ 8GB、SSD 256GBと同じであり、同一製造元のデザイン違いとなるため、どちらを選んでもレスポンスは変わりません。USBがUSB Type-Cはよいものの、Micro USBとなるマイナスポイントも同じです。

双方ともに、イメージ画像ほどに極薄ではなく、また、ベゼル幅も極端に狭くはありませんが、質感高めであることは間違いありません。

 

▼Teclast F5は、クーポンなしで299.99ドル

Teclast F5

 

▼BMAX Y11は、クーポン「BGJPBXY11S」の利用により 279.99ドル、7/19まで。

BMAX Y11

CHUWI HeroBox (6/28更新)

図らずも CHUWIのPCの紹介が多くなりましたが、Gemini Lake N4100搭載のミニPCとしてはイチオシのHeroBox。ライトユースの普段使いならサクサク動くN4100、メモリ 8GB、SSD 180GBは標準的ですが、ファンレスであることが大きな特徴。さらに強烈なのがその価格。先行するGBox、GBox Proと同じボディを流用している恩恵もあるかと思いますが、クーポン価格は175.99ドルとなっています(30個限定のために、クーポン消化済となっているかも)。

 

▼Banggoodでは、クーポン「BGJPmn7011」の利用により 179.99ドル、7/31まで。

CHUWI HeroBox

 

▼実機レビュー記事はこちら

CHUWI HeroBox 実機レビュー、2万円ちょいでGemini Lake,RAM 8GBで快適動作のファンレス ミニPC
CHUWIからリリースされた HeroBox。Amazonで人気のGBox Proのアルミ製のボディとファンレスであることはそのままに、CPUをAtom X7-E3950からGemini Lake N4100に、メモリを4GBから8...

Magic-Ben MAG1 LTEモデル (クーポン待ち)

私はYOGAスタイルのUMPC「CHUWI MiniBook」を通勤時に持ち歩いているものの、タブレットスタイルで使用することはほとんどなく、通常のPCスタイルで記事編集などの作業を行なっています。

私のように、PCスタイルでの作業をメインとするなら、クラムシェル型のMagic-Ben MAG1もおすすめ。上の実機写真のとおり、通常のスリムノートを小さくしたイメージで、ディスプレイの狭いベゼル幅や、違和感のないキーボードのキー配置など、MiniBookやOneMixにはない特徴を備えています。

 

▼セール対象は、メモリ 16GB、PCIe SSD 512GB、LTE対応のハイエンドモデル。クーポン「BGfd929e」の利用により 839.99ドル。6/15まで

Magic-Ben MAG1 LTEモデル

 

▼実機レビュー記事はこちら

Magic-Ben MAG1 実機レビュー、狭額ベゼルで極薄の粋なUMPCは液晶の明るさも抜群。タイピングも違和感なし
Core m3-8100Yを搭載するUMPCのMagic-Ben MAG1。8.9インチのクラムシェル型のPCとなり、そのスタイル・デザインのよさとLTE対応版も販売されていることもあり、UMPCのなかでも特に気になる存在です。この...

その他の製品のクーポン情報

個別には紹介できなかったクーポン情報をまとめて掲載します。価格は全てUSDです。

 

製品名(期限)通常価格クーポン価格クーポン関連記事
CHUWI CoreBox (7/21)299.99289.99BGCUWE個別紹介
Jumper EZBox i3(7/21)309.99245.99BGEXBU個別紹介
Teclast X4 (7/31)289.99269.99BGJP453bc0個別紹介
BMAX X14 (7/21)329.99299.99BGBXP19個別紹介
Alldocube X Neo (7/20)264.99239.99通常セール個別紹介
Teclast P20HD (7/19)119.99116.99BG286b93個別紹介
Teclast M16 (7/19)207.99174.99BG3ae9b0個別紹介
Teclast F15 (7/20)389.99359.99BGTF15Y2

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました