S200 ミニPCが60ドルオフ、Mi Pad 4 Plusが267.99ドルなど、Banggoodのクーポン情報(8/26時点)

HYSTOU S200 (EGLOBAL S200)、Xiaomi Air 13.3、Xiaomi Redmi Note 7など、Banggoodさんより特別にクーポンを用意いただきましたので、価格情報などを連携します。当初は8月16日までの期間限定でしたが、一部を除き8/31もしくは9/30までに期間延長となっています。

S200 Core i7-8750H RAM 16GB版、507.59ドル

2019年8月10日時点ではコスパ最強のミニPC「HYSTOU S200 (EGLOBAL S200)」。中国の直販的なミニPCですが、507.59ドルとなるモデルは、CPUにCore i7-8750H、メモリ 16GB、ストレージ 256GB。Banggoodモデルでは明記がないのですが、製品のマザーボードの画像と他サイトの確定情報では、PCIe SSDへの換装可能、OSはWindows 10 Pro (Proであることは、Banggoodの担当さんに確認しました)との情報もあります。

私としては、近々に予算6万円あたりでPCを購入予定ですが、このS200かChuwi LapBook Plusのいづれかで検討中。

 

▼6コア 12スレッドのパフォーマンスは圧倒的。もちろん、第8世代のモバイル向けCPUとしては最速レベルです。

 

▼同モデルのEGLOBAL S200となりますが、私が信頼するTecTabletsのレビュー動画。コメントが適切な同サイトでの評価も高くなっています。

 

▼通常のセール価格 563.99ドルのところ、クーポン「BGJPHY156」の利用により 507.59ドル。9/30までに期間延長

HYSTOU S200

▼個別記事はこちら

Core i7 8750H、PCIe SSD搭載のWin 10 Pro ミニPCが約550ドル。高コスパ・高スペックなEGLOBAL S200のスペックと特徴
その爆速さを経験するとSATA SSDが遅く感じるPCIe SSD。このPCIe SSDを搭載可能なミニPCを探していたのですが、Coffee LakeのCore i7 8750H、もしくはCore i5 8300Hを搭載し、オプシ...

Xiaomi Air 13.3、689.99ドル

スタバでの使用も映えるXiaomiのノートPCですが、ほどよいサイズ感で質感高めのXiaomi Air 13.3なら、MacBookと並べても全く違和感はありません。クーポン対象品は、CPUにCore i5-8250U、メモリ 8GB、SSD 256GBを搭載するバージョン。

GPUにGeForce MX150を搭載するモデルではなく、Intel UHD Graphics 620となりますが、ゲームでもしない限りはサクサクと動作します。また、Notebook Proと同様にタッチパッドに指紋認証を備えてます。

 

▼通常のセール価格 856.79ドルのところ、クーポン「BGXM82501」の利用により 689.99ドル。この割引率はかなり大きい。8/30まで期間延長

Xiaomi Air 13.3

Onda Xiaoma 41、179.99ドル

当サイトで取り上げることの少ないOndaのPCですが、隠れた名機あるいはコスパ度特大と認識しているのがXiaomaシリーズ。こちらのXiaoma 41は、ボディはプラスチック製でメモリ 4GBとなるものの、ストレージのeMMC 64GBはSSDの増設可能、14.1インチのディスプレイはIPS パネルにして、Apollo Lake N3450搭載機としては最安の179.99ドル。

 

▲画像の詳細などはOnda公式サイトを参照。全体的なイメージとしては、以下のJumer EZBook 3 Proを14インチ化したようなイメージです。

Jumper EZBook 3 Pro、2年使用後の再レビュー。今でも人気継続の理由は質感の高さとコスパの高さにあり
2017年8月にJumper EZBook 3 Proを購入していから、約2年が経過。当時は2年先まで人気が継続するとは思いもしなかったのですが、海外通販サイトやAmazonでの販売は現在でも好調のようであり、久しぶりに使用してみる...

 

▼通常のセール価格 199.99ドルのところ、クーポン「BGXM4501」の利用により 179.99ドル。8/30まで期間延長

Onda Xiaoma 41

 

▼こちらは12.5インチのXiaoma 21の実機レビュー

Onda Xiaoma 21 1週間使用後の総括レビュー、モバイル用途としてはMBA 11よりも優位なファンレスノート
Apollo Lake N3450を搭載するファンレスノート「Onda Xiaoma 21」を使用して一週間になりますので、前回の外観・ベンチマークに続き、総括的なレビューを記載します。 全般的には質感も高く、12.5インチな...

Xiaomi Redmi Note 7、135.79ドル

海外では特に大人気のXiaomi Redmi Note 7。UMIDIGI F1 PlayにMEIZU Note 9やLenovo Z6 liteなど、Redmi Note 7をターゲットとした機種が続々とリリースされています。

今回紹介のRedmi Note 7のスペックは、6.3インチにSnapdragon 660、メモリ 3GB / ストレージ 32GB、リアカメラは48百万画素。48百万画素カメラはSONY製のセンサーではありませんが、画素数どおりに細部の描写に有利です。

 

▼通常のセール価格 175.21ドルのところ、クーポン「BGN73200」の利用により 135.79ドル。8/12まで

Xiaomi Redmi Note 7

 

▼こちらはXiaomi Redmi Note 7対抗の2製品。両機ともコスパ度抜群ですが、Redmi Note 7の135.79ドルの前では薄れてきます。

MEIZU Note 9、48MPカメラ・スナドラ 675で Redmi Note 7に対抗。コスパ度ではNote 9が優勢に
48百万画素のリアカメラを搭載するスマホとして、ミドルからハイエンドでは Xiaomi Mi 9 / Redmi Note 7 Pro / UMIDIGI S3 Pro、お手軽価格としては Xiaomi Redmi Note 7にU...
Lenovo Z6 Lite、約160ドルのスナドラ 710搭載機のスペックと特徴
LenovoからリリースされたZ6 Liteですが、MEIZU Note 9やUMIDIGI F1 Playと同様に、Xiaomi Redmi Note 7を意識したスペックとなっており、AliExpressでは堂々とRedmi N...

Xiaomi Mi Pad 4 Plus LTE、267.99ドル

iPad miniとほぼ同サイズのAndroid タブレットとしては、Xiaomi Mi Padがメジャーですが、ワンサイズ大きな10.1インチのMi Pad Plusも狙いめ。私は複数の中国メーカー製タブレットを所有していますが、ディスプレイの発色やチューニングなど、スマホ以上に操作しないとわからないと言うのが正直なところ。その点、Xiaomiの製品なら安心できます。

Snapdragon 660に、メモリ 4GB、ストレージは64GBと、普段使いならサクサクと動作し、今回紹介の製品はLTEにも対応しています。

 

▼通常のセール価格 339.99ドルのところ、クーポン「BGJPXM166」の利用により 269.99ドル。9/30まで期間延長

Xiaomi Mi Pad 4 Plus

▼個別記事はこちら

Mi Pad 4 Plus 10.1型タブの割引率が拡大傾向に。スペックとクーポン情報
タブレットをリリースする中国メーカーは多数ありますが、やはり安心感ではXiaomiの製品がダントツ。安心感というのは、他メーカーの一部の端末では奇をてらうデザインや一点豪華主義、あるいはスペック負け(例えば、カメラのスペックと実用性...

クーポン一覧

上記で紹介しきれなかった製品も含め、以下の記事にて一覧形式で紹介していますので参照ください。

Banggood クーポンの使い方と直近クーポン情報
中国系の通販サイトのなかでも、特に激安・大量のクーポンを配布するBanggoodですが、あまりにも安くなる商品が多いため、本当にこの価格で販売しているのかと不安になることもあります。でも安心、Banggoodでは、カートの深い階層ま...

 

コメント