10万円越のBALMUDA Phone、スナドラ765はよいとして 価格他で残念に感じる事項

テレビやYahoo! ニュースで話題の「BALMUDA Phone (バルミューダ フォン)」。数日前にテレビのニュースで見た際には、家電メーカーの「バルミューダ」のスマホと知らずに、格安スマホと思っていたのですが、いろいろな意味で衝撃です。特に衝撃なのは、バルミューダの販売モデルで税込 104,800円、ソフトバンクの販売モデルは 143,280円と高価なもの。

さぞかし高スペックかと思いきや、4.9インチのディスプレイはさておき、Snapdragon 765にメモリ 6GB、リアは48百万画素のシングルカメラと普通の仕様。「使いやすさ重視の独自開発のアプリ」や「直線を排除したデザイン」には一定の理解もできますが、価格とスペックは衝撃です。

 参照元

BALMUDA Phone、ソフトバンク

スポンサーリンク

BALMUDA Phoneのスペック

「美しいカーブの背面、手のひらに収まるサイズ」を特徴の一つとする「BALMUDA Phone」ですが、私として iPhone 3 / 3Gのようで懐かしさを感じるデザインです。

CPUSnapdragon 765 、8コア
メモリ6GB
ストレージ128GB
ディスプレイ4.9インチ、解像度 1920×1080 FHD
リアカメラ48百万画素
フロントカメラ8百万画素
WiFi11 a/b/g/n/ac
Bluetooth5.1
SIMnanoSIM、5G対応
バッテリー2500mAh、充電はUSB Type-C、PD対応
サイズ69×123×13.7mm、138g
OSAndroid 11
その他外部メモリ 非対応、指紋認証搭載、防水 IPX4、防塵 IP4X

 

Snapdragon 765のAnTuTu ベンチ v9のスコアは約35万。私が所有する、同水準のスコアとなるスマホ(以下を参照)では、ブラウザや軽量アプリでは心地よいほどにキビキビと動作し、アプリの起動のみでは iPhone 12 Pro Maxよりも速く感じることもあります。

ただし、以下のrealme 7 5Gは2万円ちょいで購入したもの。10万円超のBALMUDA Phoneは、デザインや独自開発のアプリの特徴はあるものの、コスパ度としてはよくありません。

realme 7 5G 実機レビュー、AnTuTu スコア 約33万でサクサク動作、画面も明るく高コスパ

BALMUDA Phoneの残念なところ

テレビのニュースなどでは「BALMUDA 初のスマホ」、「形状や独自開発のアプリなど、使いやすさを追求」とサラリとコメントするものが多いのですが、大手サイトでは控えめな記載ながらも、10万円超の価格が残念とするものが散見されます。

上のリンク先はAmazonで販売の、Snapdragon 765を搭載する「TCL-10 5G」ですが、海外通販サイト「AlliExpress」を参照しても、同CPUを搭載する製品は2万円台での販売。BALMUDA Phoneの残念なところは、Yahoo! ニュースのヤフコメでも多数ありますが、私が感じる事項は以降です。

  • やはり価格が大きなマイナスポイント。10万円ともなると、上のTCL-10が4台、iPhoneやM1 MacBook Airが購入できる価格帯。
  • ソフトバンクの製品概要を確認すると、スケジュールやメモ機能などの独自アプリは便利に使用できそうですが、デザインと独自アプリに、一般的なSnapdragon 765を搭載するスマホとの差額 約7万円の価値を見出すのは難しい
  • 背面がカーブした持ちやすさと、大きなディスプレイによる視認性のよさのどちらを優先するかは、人それぞれの好みですが、私としては後者を優先。持ちやすさで言えば、6インチクラスでも エッジがラウンドしているのみで十分とも思います。
  • 背面のカーブが強すぎ、机上に置いた場合には動いてしまうのでは、との懸念もあります。
  • ラウンドした背面、ずんぐりしたデザイン的は、私としては iPhone 3G / 3GSの懐かしさを感じるもの。斬新かと言えば微妙なところ。ディスプレイの四隅がラウンドしている影響もあるかと思いますが、上下のベゼルがやや太いのも気がかり。
  • ヤフコメでは Snapdragon 765はよしとしても、防水防塵が IPX4・IP4Xであることを嘆く声も。私としては、48百万画素のシングルカメラであることも残念です。ワイドカメラや深度計測用のレンズ、マクロレンズもなく、ボケ味を楽しむこともできません。
  • 楽天市場などでは本体に先行して ガラスフィルムが販売されていますが、かなりの割高感があります。
  • ストレージは128GBであり、私としては十分な容量ですが、外部メモリに対応していないこともマイナスポイント。

 

▼ラウンドした形状で連想した、手元にある iPhone 3GS。丸みを帯びたデザインは確かに持ちやすいのですがBALMUDA Phoneに斬新さは感じません。

まとめ

もし、これが4万円台の場合にはコメントも変わってくるのですが、やはり 10万円の製品であることを考慮すると、厳しい見方になってしまいます。11月26日発売の製品ですが、サンプル製品以外の実機レビューで どのようなコメントが出てくるか、動向に注視したく思います。

私としては、仮に3万円で販売されていても購入することはなく、以下のような通常のより高スペックで大きなディスプレイのスマホが魅力的。

POCO X3 Pro 実機レビュー、AnTuTu ベンチスコアは55万越え、ストレージもSSD並みの実力機
200ドル台前半の価格で、Snapdragon 860、ストレージにUFS 3.1、6.67インチのディスプレイは120Hzのリフレットレートに対応と、同価格帯としては高スペックの「Xiaomi POCO X3 Pro」。4月に発売...

コメント

タイトルとURLをコピーしました