ASUS T90Chiにガラスフィルムを取付。599円だが使用感は十分。キーボード取付のマグネットは弱くなるも実用性は確保

今更ながらにASUS T90Chiにガラスフィルムを取り付けましたので、簡易的にレポートします。外出先では Surface Goを利用している私ですが、久しぶりにT90Chiを使用してみると、やはりキーボードのタイピング感は抜群。大手サイトでは、One Mix 3をVAIO Pの再来とする記事もありましたが、私としてはVAIO PとくればASUS T90Chi。CPUは非力であるものの、外出時のサイト記事編集機としては、Surface Goとともに手放せない端末です。そこで、些細なことながらも、T90Chiのリフレッシュも兼ねて、ガラスフィルムの取り付けです。

スポンサーリンク

購入したガラスフィルム

購入したガラスフィルムは、Amazonで販売の以下の599円の製品。T90Chiのガラスフィルムとしては他に選択肢がない状況です。もともとユーザー数がそれほど多くないT90Chiであるうえに、発売から5年ほど経過しているためガラスフィルムもかなり安くなりました。「在庫切れとなる前」にというのも購入した一因。

 

 

▼パッケージはこちら。海外よりも日本をターゲットとしたASUS T90Chiでもあり、しっかりと日本語化されています。

装着、使用感など

ガラスフィルムを取付後間もないのですが(装着前はPUフィルム)、簡単に装着・使用感などを記載します。全般的には、599円も価格としては全く問題なし。1,000円ほどで販売されていても全く違和感などはないでしょう。

  • サイズはディスプレイよりも1mm程度は小さいこともあり、私としては珍しく一発で貼付完了。
  • 気泡、ゴミの混入は目視できる限りはゼロです。
  • 指紋の付着は、付きにくくもなく、付きやすくもなく普通。
  • PUフィルムと比較すると透明度はより高く、タッチについては全く変わることなく、もちろん 普通に操作できます。
  • ただし、個体差ですが端の1か所に小さな傷あり。
  • ガラスフィルムの厚みによりマグネットが弱くなり、キーボード側との接続部分の強度が不足することは、Amazonのレビューコメントでも記載のとおり。
  • ただし、使用時に本体とキーボードが自然に外れるようなことはもちろんなく、十分に実用的。

 

▼Amazonの製品紹介には超薄0.33mm(総厚0.4mm)とありますが、カメラ周辺をみると確かに厚みは抑えられているようです。

▲▼拡大しても端の浮きなどはありません。599円にしては上出来のガラスフィルムです。

 

以降の写真はガラスフィルムではありませんが、やはり快適なT90Chiのキーボード。この記事はT90Chiにてタイピングしているのですが、私がデスクトップで利用しているロジクール K380よりも軽快なリズムで快速にタイピングできます。

One Mix 3S、Chuwi MiniBook、GPD Pocket 2 Maxなどの8インチクラスのUMPCが盛り上がっていますが、当サイトでこれらの製品の記事が比較的少ないのは、T90Chiのキーボードと比べるとタイピング環境が劣るため。どうも変則的なキーレイアウトに違和感があります。

 

▼T90Chi、One Mixの関連記事はこちら

T90Chi、2年使用後の再レビュー。今なお感じる省スペースでのテキスト入力にはベストな端末
8.9インチのWindows 10 2 in 1タブレットである「ASUS T90Chi」。CPUにAtom Z3775、メモリ 2GB、USBポートは1つのみと、今となってはかなり非力で拡張性に乏しい端末ですが、2016年7月に中...
Chuwi MiniBook vs One Mix 3S、スペック・キーボード他の詳細を画像で比較
One-netbook One Mix 3Sが販売開始となったのに伴い、私の興味はOne Mix 3シリーズとChuwi MiniBookのスペックと機能性の相違点。双方ともにCPUはCore m3-8100Yで同一であるものの、P...
One Mix 2S 実機の外観レビュー。精巧・精緻な造りも、キーボードはサイズ的に難あり
2月5日に注文し出荷督促のうえに2月27日に受領したOne Mix 2Sですが、約5時間使用の後にまさかの起動しない事態に。返品修理となること濃厚ですが、そうなるとおそらくは最短2週間ほどは手元にない状況になるため、起動しないままに...
T90Chi
スポンサーリンク
kenkenをフォロー。Twitterでも記事更新を配信しています。
スポンサーリンク
Win And I net

コメント