Apple M1チップのMac mini、同価格帯のWin 10 ミニPCとのスペック・ベンチマークの比較

Apple M1 チップとなった、新しいMac mini。インテルのSoCを搭載するノートPC・ミニPCとは比較にならないほどのベンチマークスコアとなり、ミニPCを多く搭載している当サイトとしては見逃せない製品です。そこで今回は、Mac miniと同価格帯となる インテル製のSoCを搭載するハイエンドのWindows 10 ミニPCとコスパ度を比較してみました。

引用元

Apple 公式、Mac mini

Amazon

スポンサーリンク

Apple M1チップ搭載 Mac Miniのスペック

Apple 公式サイトから引用のApple M1 チップのMac miniのスペックは以下です。

SoCApple M1チップ、8コアCPU、8コアGPU
メモリ8GB / 16GB
ストレージ256GB / 512GB、最大 2TB
WiFi11a/b/g/n/ac、Wi-Fi 6対応
Bluetooth5.0
ポート類Thunderbolt 3(最大40Gb/s)、USB 3.1 Gen 2(最大10Gb/s)、HDMI 2.0、有線LAN
サイズ19.7 x 19.7 x 3.6cm、1.2kg
OSmacOS Big Sur

 

Apple M1チップのMacBook Air、ベンチマーク・コスパ度をインテル Windows 10 PCと簡易的に比較してみた
Apple M1チップを搭載する、新しいMacBook AirにMacBook Pro、そしてMac Mini。大手メディアでは既に実機レビュー・ベンチマークが出回っていますが、インテル製の同価格帯のPCを大きく凌駕するベンチマーク...

Apple M1チップの概要については上の記事にて記載していますので、ここではGeekbench 5のCPU ベンチマークスコアの再掲です。掲載のApple A1は、MacBook Airのスコアであり、MacBook Airの7コア GPUに対して Mac miniは8コア、冷却対応も異なるため、Mac miniのスコアが多少よいかもしれませんが、そのまま掲載しています。また、比較対象としているスコアは、当サイトの他の記事で紹介、あるいは実機レビューしたミニPCのスコアです(リンク先は実機レビュー記事)。

CPU (GPU)シングルコアマルチコア
Apple M117127441
Ryzen 7 4700U11275015
Ryzen 5 4500U11604911
Core i7-10510U11343238
Core i5 9500F、Geforce GTX1050 Ti12165361
Core i7-8565U、Intel UHD Graphics 62010562765
Core i3-8145U、Intel HD Graphics 6209261843
Core i3-1005G1、Intel UHD Graphics11362523

 

上表で明らかなとおり、ミニPCとしては恐ろしくハイエンドの以下のMINISFORUM H31G(Core i5 9500F、Geforce GTX1050 Ti)も Mac miniには敵わず、かなりの高性能であることがわかります。GPUは外付けで専用ファンを搭載するGeforce GTX1050 Tiを搭載しているにもかかわらず、です。

また、Apple 公式サイトによると、搭載するPCIe SSDのベンチマークスコアは、リード・ライト速度は最大3.4GB/s。Windows 10のミニPCでは、価格・冷却対応への考慮からか、スコアは控えめであり(1GB/s 台)、ここでもMac miniが優位です。

MINISFORUM H31G 実機レビュー、Core i5 9500F,Geforce GTX1050 Ti搭載の驚愕ミニPCは、ボディの造りと冷却も万全
デスクトップ向けのインテル 第9世代のCPU「Core i5 9400F / Core i5 9500F / Core i7 9700F」を搭載し、GPUに「NVIDIA Geforce GTX1050 Ti」を装備するハイエンドな...

Windows 10 ハイエンド ミニPCとの比較

上の写真は上記リンク先記事で紹介の、Core i5 9500F、Geforce GTX1050 Tiを搭載する「MINISFORUM H31G」。メモリ 8GB / PCIe SSD 256GBの場合、MINISFORUM オフィシャルストアでの価格は 629ドル、円換算では7万円弱。一方のMac Miniの最小構成価格(メモリ 8GB / PCIe SSD 256GB)の価格は 72,800円(税別)。税込の価格差は1万円ほどですが、ベンチマークスコアの差(Geekbench 5のシングルコア 1712 vs 1216)は大きく、Apple ブランドの製品であることも加味すると、Mac miniのコスパ度が高いと言えます(H31Gのコスパ度も、インテル SoCのPCとしてはかなり高い)。

 

さらにもう一製品、海外通販サイトのAliExpressにて、Mac miniと同価格帯のミニPCを探してくると、以下の製品があります(Amazonで販売のハイエンド ミニPCは割高のため、AliExpressで販売の製品を引き合い)。

AliExpress

 

上記製品は、Core i9-9880H / メモリ 16GB / SSD 512GBにして 79,156円(11/23から開催のセールでは 74,407円)。Apple M1のGeekbench 5のスコア「シングルコア 1712、マルチコア 7441」に対して、上記製品のCore i9-9880Hは「シングルコア 1057、マルチコア 6088」。インテルのCPUベースでは体感スコアに影響するシングルコアのスコアに大きな差がついており、ここでもやはり ベンチマークスコアと価格のコスパ度では、Mac miniが明らかに優位。

まとめ

Windows 10のミニPCでは、Apple M1チップほどの性能と匹敵する製品はないことを知りつつも、同価格帯のミニPCとのスペック・ベンチマークスコアを簡易的に比較してみました。Windows 10 インテルCPUの同価格帯のミニPCのスペックは以下の事例がありますが、やはりMac miniのコスパが優位です。

  • Core i5 9500F、Geforce GTX1050 Ti、メモリ 16GB、SSD 256GB
  • Core i9-9880H、メモリ 16GB、 SSD 512GB

引用元

Apple 公式、Mac mini

Amazon

コメント

タイトルとURLをコピーしました