広告 当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

AnTuTu ベンチマーク スコア一覧、スコアに応じた動作の指標

エントリーからミドルレンジクラスのスマホ・タブレットがメインとなりますが、主に2022年以降に実機レビュー あるいは紹介のAndroid スマホ・タブレットのAnTuTu ベンチスコアを一覧形式で整理しました。また、同時にこれまでの実機レビューを通じて、ベンチスコアに応じた動作の指標も掲載しています。30個ほどのCPU・製品の一覧となり、他サイトと比較する掲載数は少ないですが、ご参考まで。

スポンサーリンク

AnTuTu ベンチアプリのインストールについて

当記事を参照されている方にとっては記載するまでもないことですが、AnTuTu ベンチアプリのインストール方法は以下の記事を参照ください。Google Playにはラインナップされていませんが、スマホにて AnTuTu 公式サイトを開き、ダウンロード・インストールすることができます(スマホ内で完結)。

Androidスマホで「AnTuTu ベンチアプリ」をダウンロード・インストールする手順。Chrome経由でも対応可
Google Playにて、セキュリティ上の関係から「AnTuTu ベンチマーク」がインストールできなくなり、しばらく経過しましたが、Android スマホのテスト、他製品との比較ができないなどの不便を強いられています。そこで、今さらな...

 

また、エントリークラスのスマホの場合には、AnTuTu Liteをインストールすることになりますが、通常版・ライト版のスコアに大きな差はありません。

AnTuTu Lite、AnTuTu v9が実行不可なエントリースマホ向けベンチアプリの導入手順
現在 テスト中のエントリークラスのAndroid スマホにて、AnTuTu ベンチマーク v9が実行できずに、10分ほど試行錯誤していました。これは、負荷のかかる v9のレンダリングムービーの実行をミドルレンジ以下のスマホでは回避すべく...
AnTuTu ベンチ 通常版 vs Lite版、2台のスマホで計測し スコア差を確認。概ね同水準で製品間比較も有効
先日 レビューした、4コア CPU「UNISOC T310」を搭載の8インチタブレット「Blackview Tab 6」の AnTuTu Lite ベンチマーク(AnTuTu ベンチ 通常版は動作せず)のスコアが好結果だったため、通常の...

AnTuTu ベンチスコア 一覧

2021年以前も含めると、実機レビューのAndroid 端末は70製品前後となりますが、もはや動作に耐えない端末も多数あるため、ここでは 主に2022年以降に実機レビュー・紹介の端末のAnTuTu ベンチマーク v9のスコアを一覧化しました。また、実機レビューの端末は中国製がメインとなります。

また、重ねての記載ですが、エントリーからミドルレンジクラスのスマホ・タブレットがメインとなり、ハイエンドのCPUを搭載する端末は未掲載です。

 

▼実機レビュー・紹介の識別を記載していませんが、黄色網掛の端末・約7割が実機レビューの端末です。特にスコアが丸い数値の端末は紹介記事となります。

なお、2023年10月29日現在では、概ね AnTuTu ベンチマーク v9のスコアを掲載しています。v9と現行とv10では、v10のスコアが高くなりますが、v10で計測の端末は スコア欄に(v10)と記載しています。

 

CPU(SoC)AnTuTu スコアレビュー、紹介記事記載時期
Snapdragon 8+ Gen 11,070,000Xiaomi 12T Pro2022年10月
Snapdragon 7+ Gen 2962,603POCO F52023年5月
Dimensity 8500811,565 (v10)(レビュー中の端末)2023年10月
Snapdragon 870630,000Xiaom Pad 52022年5月
Snapdragon 860550,918POCO X3 Pro2021年5月
Dimensity 900497,041UMIDIGI A13 Pro Max2022年12月
Helio G99423,205 (v10)Blackview N60002023年8月
Helio G99406,566 (v10)AGM Pad 12023年8月
Helio G99395,127  (v10)ALLDOCUBE iPlay 50 Mini Pro2023年9月
Helio G96351,699Blackview BV92002023年1月
Dimensity 700348,229Blackview BL88002022年5月
Dimensity 800U334,463realme 7 5G2021年2月
Helio G95300,000POCO M5s2022年9月
Helio G90T288,389Redmi Note 8 pro2020年2月
Snapdragon 730G280,000Lenovo XiaoXin Pad Pro2021年1月
UNISOC T618291,591 (v10)ALLDOCUBE iPlay502023年7月
Helio G85256,822Blackview Tab 132022年10月
Snapdragon 680252,447CHUWI HiPad Max2022年11月
Snapdragon 680250,000OPPO Pad Air2022年12月
UNISOC T616247,769N-one NPad Pro2023年4月
UNISOC T616243,426CHUWI HiPad X Pro2023年1月
Helio P70232,598Blackview A952022年2月
UNISOC T606232,472Blackview Tab 12 Pro2022年4月
MT8183229,471N-One NPad Plus2023年5月
UNISOC T606227,854Blackview OSCAL Pad 102023年1月
MT8183200,000Teclast M40 Plus2022年12月
UNISOC T310172,718BMAX I10 Pro2022年6月
UNISOC T310147,561Blackview Tab 62022年1月
Helio G35119,645UleFone Power Armor 142022年3月
UNISOC SC9863A113,378Dragon Touch Max 10 Plus2021年5月
UNISOC SC9863A101,385Blackview Tab 122022年6月
Helio P22100,000OUKITEL RT32022年12月
Rockchip RK3566100,000BMAXI9 Plus2022年6月
Helio A2599,708Blackview OSCAL S60 Pro2022年4月
Helio A2591,286OULITEL C21 Pro2021年8月

 

▼私がレビュー・紹介するAndroid 端末はエントリーからミドルレンジの製品がメインであるため、参考までに AnTuTu アプリから 2023年1月22日時点のスコア上位の端末を掲載しました。

 

AnTuTu ベンチスコアに応じた動作の指標

個々人で使い方・サクサク動作の感覚は異なると思いますが、あくまで私の用途(Web サイトのブラウジング、SNS関連のアプリ、画像編集、FX アプリ、時々 YouTube / Netflix / hule / Amazon プライムビデオ視聴のライトユース)、私の主観でのAnTuTu ベンチスコアに応じた動作の指標を掲載します。

なお、指標は AnTuTu ベンチ v9、2023年1月現在のAndroid 10 / 11 / 12に基づくものです。

スコア 10万未満ではやや厳しい

スコア 10万未満の場合、ライトユースにおいても遅さを感じます。SNS関連のアプリや、YouTubeなどは動作はするものの、スリープからの復帰やアプリの切替などにもどかしさを感じ、あくまでサブ機扱いにとどめておくべきです。

また、このクラスでは ディスプレイの解像度を低くしているケースが多く(HDクラス)、スマホはともかく 8インチ以上のタブレットでは文字の表示が粗くなるために要注意です。

 

▼このクラスの事例は以下の「OUKITEL C21 Pro」

OUKITEL C21 Pro 実機レビュー、指紋付着が目立たない ガラス製の背面が美しく好感。エントリーだが実用的な6.39型スマホ
海外通販サイトのBanggoodでは、7月後半の発売直後には99.99ドルで販売されていた(8月24日時点では 129.99ドル)「OUKITEL C21 Pro」。CPUにMediaTek 6762D (Helio A25)、メモリ ...

 

スコア 15万超は普通に動作

AnTuTu ベンチ v9のスコア 15万超では、顕著な遅さを感じることなく、ライトユースでは普通に動作します。ただし、スリープからの復帰などで、ややモッサリした動きとなることがあります。

このクラスの場合にも、メインスマホとしての使用はやや厳しく、タブレット、スマホではサブ機としての使用が無難です。

 

▼このクラスの事例は、4コア CPU(SoC) UNISOCT T310を搭載の以下の2製品。4コアCPUながらも、下位の8コア以上に動作します。

BMAX MaxPad I10 Pro、UNISOC T310搭載 10.1型 Andorid タブのスペックと特徴
BMAXより発売の10.1インチ Android タブレット「MaxPad I10 Pro」。モデル名は I10のProバージョンですが、「I11」「I10 Plus」のCPU(SoC)が 8コアのUNISOC T618であるのに対し、...
Blackview Tab 6 実機レビュー、4コアCPUのベンチスコアは8コア超で機敏に動作、LTE接続も確認
8インチのAndroid  11 タブレット「Blackview Tab 6」。CPUは4コアの「UNISOC T310」となりますが、確認したところ、AnTuTu ベンチマークは エントリークラスの8コアよりも高スコア。お手頃価格...

 

スコア 25万超はサクサクと動作

スコア 25万超のライトユースでは、サクサクと言える水準で動作します。ホーム画面やアプリの切替もキビキビと動作し、スマホではメイン機としての利用も可能です。

また、このクラスとなると、(中国新興ブランドの場合)メモリ 6GB / 8GBを搭載し、ストレージも通常のeMMCより高速なUFS 2.1 / 2.2を装備する端末も多く、これらも動作環境に貢献しています。

 

▼事例としては以下の2製品

CHUWI HiPad Max 実機レビュー、スナドラ 680/ RAM 8GBにより快速、明るい液晶 / 4スピーカーにより 動画視聴も快適なAndroid 12 タブレット
今回レビューする製品は、10.36インチのAndroid タブレット「CHUWI HiPad Max」。CPUに Snapdragon 680、メモリ 8GB、ストレージは128GBのUFS 2.2、4スピーカーにLTE対応と豪華な仕様...
Blackview Tab 13 実機レビュー、Helio G85を搭載し AnTuTu スコア以上にキビキビと動作、アルミ製の背面も上質
今回レビューする製品は、Blackviewの10インチタブレット「Tab 13」です。他社製品も含めて、ミドルレンジの10インチタブレットでは、CPU(SoC)に「UNISOC T618」を搭載する製品が多いなか、本製品は「MediaT...

 

スコア 35万超は よりキビキビと動作

スコア 35万超を一括りにすることは望ましくないのですが、私の使い方では このクラスでは上位のAndorid 端末や、メインスマホのiPhone 12 Pro Maxのレスポンスと遜色ないほどにキビキビと動作します。メインスマホとして利用する場合には、このクラス以上の製品がおすすめです。

 

▼事例としては以下の3製品

POCO X3 Pro 実機レビュー、AnTuTu ベンチスコアは55万越え、ストレージもSSD並みの実力機
200ドル台前半の価格で、Snapdragon 860、ストレージにUFS 3.1、6.67インチのディスプレイは120Hzのリフレットレートに対応と、同価格帯としては高スペックの「Xiaomi POCO X3 Pro」。4月に発売され...
Blackview BL8800 実機レビュー、AnTuTu スコア 約35万、RAM 8GB搭載で快適動作のタフネススマホ
Blackviewから発売のタフネススマホ「BL8800」。CPUに AnTuTu ベンチスコア 約35万となるDimensity 700を搭載し、メモリ 8GB、ストレージ 128GB UFS 2.1、リアカメラは50百万画素、さらに...
Motorola moto g52j 5Gのスペック、スナドラ 695 5G を搭載し IIJmioでのMNP 一括価格は 税込14,800円
Motorola 公式サイトとIIJmioのセール情報を参照し、個人的に「edge20 Fusion」とともに惹かれるスマホが「moto g52j 5G」。公式サイトでは「一歩先行く、ジャパンスタンダード」としており、CPUは Snap...

まとめ

掲載数 約30と少ないのですが、主に2022年以降に実機レビュー・紹介のAndroid スマホ・タブレットのAnTuTu ベンチスコアを一覧化しました。

また、AnTuTu ベンチスコアに応じた動作の指標も掲載しましたが、あくまで私のライトユースでの使い方と主観に基づくものです。2023年1月時点のAndorid 10 / 11/ 12では、AnTuTu ベンチスコア 約25万がサクサクと動作する指標との認識です。