OneDrive「数分待ってからもう一度やり直してください」のエラーの状況と解決できた対応事例

AndroidタブレットにてOneDriveにサインインできない状況が発生。パスワードを入力するも「サインインできませんでした。申し訳ありません。現在サインインできません。数分待ってからもう一度やり直してください」のメッセージを伴い、数日おいてもサインインできない状況が続いていました。

がしかし、これはなぜかGoogle Playにあった(インストールした)OneDriveが旧バージョンであり、Webサイトから以降のバージョンのapkファイルをダウンロード・インストールすることで難なく解決となりました。

 

スポンサーリンク

OneDriveにサインインできない状況と確認したこと

新しいAndroid端末にOneDriveをインストールしたのですが、OneDriveにサインインできなかった状況は以下となります(現在は解決済)。

 

▼エラーメッセージは、以下のとおり「サインインできませんでした。申し訳ありません。現在サインインできません。数分待ってからもう一度やり直してください」。

「数分待ってから」とありますが、数分どころか、数日待てどもサインインできない状況が続いていました。

 

▼不思議な状況としては、以下のWordをはじめ、Microsoftの他のオフィスアプリからはOneDriveのファイルを参照でき、ファイルを開くことも更新したファイルの保存も行うことができます。

 

その他の不思議な現象も含め、エラー回避のために試してみたことは以下です。

  • 同じMicrosoftアカウントにて、他端末ではOneDriveを利用できる。
  • 同端末で他のMicrosoftアカウントを利用するも、同じ現象でエラーを回避できず。
  • OneDriveを利用できている端末、できていない端末間に、設定に関する相違はない。
  • 同端末のWeb経由ではMicrosoftアカウントにアクセスできる。
  • アプリの再インストール、端末を初期化しても状況は変わらず。

 

最終的には以下のとおり、なぜかGoogle Playにあった(インストールした)OneDriveが旧バージョンであり、Webサイトから以降のバージョンのapkファイルをダウンロード・インストールすることで難なく解決となりました

エラー回避となった対応

なぜか、今回エラーとなった端末のGoogle PlayではOneDriveの旧バージョンが掲載されており、これをインストールしたためにエラーとなっていました。

Webサイト(APKPure)より、最新バージョンのアプリケーションファイルをダウンロードしインストールすることでエラー解消となりました。

 

▼なぜか、Google PlayにあったOneDriveは2018年5月27日時点の最新版 5.10.1ではなく、バージョン 4.2

 

▼APKPureサイトより、最新バージョン(5.10.1)のアプリケーションファイルをダウンロードしインストールすることでエラー解消

まとめ

数日間にわたる、OneDriveの「サインインできませんでした。申し訳ありません。現在サインインできません。数分待ってからもう一度やり直してください」のメッセージを伴い、ログインできないエラーは無事解消。

Google PlayにあったOneDriveが旧バージョンであり、最新版をWebサイトからダウンロード・インストールすることでエラー解消。Google Playに旧バージョンが記載されていた理由は、中国国内ではGoogle Playを使用できない端末を利用しエラーとなったのですが、日本への発送のために、発送元で急遽導入したGoogle Playが更新できていなかったなどの背景によるものと推察します。

コメント