iMac 27 Mid 2010のターゲットディスプレイ、AMD Ryzen Win 11 PCからの映像出力を確認。音声も含めて確実に機能

上の写真は現在レビュー中のAMD Ryzen 5 4500Uを搭載のミニPC「MINISFORUM UM450」のUSB Type-Cからの映像出力先を、iMac 27インチ Mid 2010としたものです。これは、iMacのターゲットディスプレイの機能を利用して実現しています。

ターゲットディスプレイとして機能する iMacは2014以前のモデルに限定され、Macの接続をメインとしたものですが、私が試した限りでは GPU統合型のSoCでは インテル・AMDともに Windows PCからも接続でき機能します。

iMac 27インチ Mid 2010 / Late 2009の場合、iMac側のポートは Mini DPであり、Windows側のUSB Type-CやDPとの相性もよく、また、2.5K 解像度のiMacのため、表示品質もすこぶる良好です。

スポンサーリンク

iMac ターゲットディスプレイ、Windows PCの接続について

Windows 10 PCでの iMac ターゲットディスプレイについては、2020年4月に以下の記事を投稿していますが、接続できること・ターゲットディスプレイが機能することを確認したものです。

古いiMacでのターゲットディスプレイ、Win 10 PC 5台で試してみた。GPU統合型PCでは即認識し安定動作
旧モデルの iMacのターゲットディスプレイの機能において、Windows パソコンを接続して利用できる・できないの様々な見解があります。今回、Mini DisplyPortを装備する「iMac 27インチ Mid 2010モデル」...

 

GPU統合型のSoCでは何の課題もなく機能しており、今回は AMD Ryzenを搭載する以下の「MINISFORUM UM450」から、映像出力対応のUSB Type-Cポートから iMacに接続していますが、一発で認識し安定動作しています。また、音声は iMacのスピーカーから 特別な設定なしで出力されており良好です。

MINISFORUM UM450、人気のUMシリーズから AMD Ryzen 5 4500Uモデルがリリース。スペックと価格情報
人気のミニPC「MINISFORUM UM590 / UM690」の派生モデルとして、CPUに6コア6スレッドのAMD Ryzen 5 4500Uを搭載する「UM450」がリリースされました。 上位機と同じボディを採用していま...

 

M1 MacBook Airの外部ディスプレイとして iMac 27インチ Mid 2010を接続。クラムシェルモードでも動作
ヤフオクにて ジャンクな iMac 27インチ Mid 2010を格安で購入。目的は ターゲットディスプレイにより、M1 MacBook Airの外部ディスプレイ化することです。別途購入のUSB Type-C / Mini Disp...

▲▼映像出力に対応の USB Type-Cを装備するPCでは、Windows PCから iMac 27 Mid 2010への接続は、以下の事例のケーブル1本のみ。上の記事のとおり、M1 MacBook Airにおいても機能しています。なお、Windows PC側が DPあるいは Mini DPを装備する場合には、DP to Mini DP ケーブル、あるいは Mini DP ケーブルで対応できます。

 

なお、ターゲットディスプレイが機能する iMacは以下に限定となり、iMacの年式・映像出力ポートにより接続するケーブルが異なります。27インチ Late 2009とMid 2010は Mini DPであるため、Windows PCのDPポート / 映像出力対応のUSB Type-Cとの相性はよいです。

  • 27インチ Late 2009
  • 27インチ Mid 2010
  • Mid 2011〜Mid 2014
  • ただし、上記のいづれも macOSは High Sierra以前であることが前提

ターゲットディスプレイ接続時のシステム情報

上の写真のAMD Ryzen 5 4500Uを搭載するミニPC「MINISFORUM UM450」のUSB Type-Cから iMacへの映像出力ですが、参考までにWindows側のシステム情報を掲載します。

 

▼ディスプレイの解像度は iMac 27インチ Mid 2010の 2560 x 1440と正しく認識しています。

 

▼音声も、しっかりとiMacのスピーカーから出力できています。

 

コメント

楽天市場 人気製品

タイトルとURLをコピーしました