Win 7 PCからの買替候補に。Amazonで4万円未満の、普段使いでサクサク動くPC 5選

2020年1月14日にサポート終了となったWindows 7。我が家で唯一のWindows 7 PCを久しぶりに起動してみると、上の画像のとおり「お使いのWindows 7 PCはサポート対象外となっています」との画面がデカデカと表示されています。

同様の状況となり、PCの新規購入を検討している方も多いのではと思います。そこで今回はAmazonで販売の、4万円未満の格安ながらも軽めの作業ならサクサクと動作するPCを集めてみました。

なお、切り口としてはAmazonで販売の製品としていますが、結果としては以下の海外通販サイトのクーポン情報とほぼ同じような展開となってしまいました。ご了承ください。

スポンサーリンク

ライトユースでサクサクと動作するPCの条件

当サイトではPCの実機レビューを多く掲載していますが、私が複数のPCを操作するなかで、Webサイト閲覧や画像編集、極端に算式やリンク・容量の大きくないExel・Accessが「遅い」と感じることのないPCの条件は以下。

  • CPUは、Apollo Lake N3450、Gemini Lake N4100 以上。AtomやApollo Lake N3350は、画像表示や高速タイピングの文字反映が遅延するため、避けたほうが無難。
  • メモリは4GBでもよいのですが、できれば8GB。
  • ストレージはSSD。eMMCでもよいですが、HDDはダメ。HDDとSSDでは体感速度が大幅に異なります。
  • ノートパソコンの場合、ディスプレイは視野角の広いIPSパネル。解像度はFHD

 

以降で紹介のPCは上記の条件に合致し、かつ4万円未満のPCを抽出しています。この条件では中国製のPCとなります。このため、英語キーボードであることに懸念をいだく方も多いと思いますが、以下で紹介のフリーソフト「Alt-IME」を利用することにより、スペースキー両隣のAltキーで「英数・かな」を切り替えることができ(左Altで英数、右Altでかな)、私の使用感では日本語キーボード以上に快適です。

英語キーボードの「かな」「英数」をAlt空打ちで瞬時に切替。alt-ime-ahk.exeで快適な入力環境
日本の店頭に並んでいない、海外通販にて購入したパソコンのキーボードは英語キーボード。私が先日購入した「Jumper EZBook 3 Pro」も英語キーボードです。iPad、iPad miniでは英語キーボードを利用し、慣れたつもり...

CHUWI LapBook Pro

以前はメモリ 4GBだったのですが、メモリ 8GBとなり人気沸騰のCHUWI LapBook Pro。14.1インチにメモリ 8GB、SSD 256GBを搭載し、ボディはキーボード面を除き金属製。

上の画像はベゼルを細く見せすぎていますが、左右と上のベゼル幅は狭く、画面占有率 90%を実現しています。

私はLapBook Proの13.3インチ版となる LapBook SEを利用してサイト記事編集を行うことが多いのですが、キーボードのタイピング感が優れているのも大きな特徴。

Chuwi LapBook SE レビュー、3万円の価格以上の質感・使い勝手のよさは国内製品を軽く凌駕
Chuwi LapBook SEを使用して10日ほど経過しましたので、全般的な使用感について記載します。概要としては、13.3インチとしてはやや重いものの、高い質感の外観にGemini Lakeのレスポンスのよさ、大きなキーボードに...
Chuwi LapBook SE、使いやすさ抜群のキーボードの特徴と私が絶賛する理由
Chwui LapBook SEを使用して、最も評価できるのはキーボードの使い勝手のよさ。自宅に複数あるノートPC、あるいは通販サイト・メーカーさんからお借りしたPCと比較しても、そのタイピング感のよさはダントツです。今回は、Chu...

 

▼製品の詳細情報はこちら

Chuwi LapBook ProがRAM 8GB、256GB SSDにスペックアップ。しかも、Amazonでは36,500円とお手頃価格に
当サイトをご覧になった方からの情報ですが、Chuwi LapBook Proがメモリ 4GBから8GBへ、ストレージが64GB eMMCから256GB SSDへスペックアップです。しかも、8月25日時点では、AliExpress /...

 

▼こちらはほぼ同型のTeclast F7 Plus。TeclastのAmazon 価格は海外通販サイトよりも割高であり、直営店が販売するCHUWIの製品がおすすめ。

Jumper Ezbook X4

上の写真は私が所有するEZBook X4ですが、初期のバージョンであり、搭載するCPUとメモリ搭載量が異なります。

Amazonで販売のX4は、CPUがApollo Lake J3455(N3450と同水準)、メモリ 6GB、SSD 128GBとなります。上で紹介のCHUWI LapBook Proと同じ14.1インチですが、価格差は約2,500円。この程度の差なら、CPU、メモリ、ストレージともに優位なLapBook Proがおすすめ。

EZBook X4もスタイリッシュでタイピング感もよい端末ですが、キーボードとキーの印字が同系色となり、印字の視認性がよくないのがデメリット。

 

▼スペックは異なりますが、外観は私が所有するX4と変わらないため、以下の実機レビューが参考になると思います。

Jumper EZBook X4 IPS版、実機の外観レビュー。EZBook 3シリーズから正当進化でより高い質感に
いよいよ出荷開始となったJumper EZBook X4 IPSパネル版。TNパネル版が先行販売されていましたが、IPSパネル版の販売を待っていた方も多いのではないでしょうか。 このJumper EZBook X4 IPSパネ...

 

▼Amazonで販売のJumper 製品としては、以下のX3とX7がより人気ですが、X3はCPUが劣り、X7は割高感があるために、Jumper製としてはX4がおすすめ。

BMAX S15

15.6インチ、Gemini Lake N4100、メモリ 8GB、SSD 128GBを搭載し、Amazon価格は32,990円、海外通販サイトのBanggoodでは約27,000円のコスパの高さ。

BMAXの製品は大きなロゴがデザインを損ねていますが、もとは言えば他社のOEM提供であるため、質感はJumperやTeclastの製品と同様です。

このS15の場合には、ボディをプラスチック製とすることにより、さらにコストを下げていますが、Amazonのレビューを参照すると、個体差による不具合らしきものが散見されるのが気がかり。

 

▼格安機ながらも、ディスプレイはもちろん 視野角の広いIPSパネル。

 

 

▼Banggoodでは、クーポンコード「BGJP5770」の利用により 249.99ドル。2/5 午後3時まで

BMAX S15

▼製品の詳細記事はこちら

BMAX MaxBook S15、Gemini Lake N4100の15.6型ノートが新登場。ボディはABS製だが 269.99ドルとコスパ高
BMAXより、コスパ高の15.6インチ Gemini Lake ノート「BMAX MaxBook S15」が登場です。ボディはABS製ながらも、Gemini Lake N4100、メモリ 8GB、SSD 128GBを搭載し、Bang...


▲私が信頼するTecTabletsより、レビュー動画が公開されています。中国ブランドのイメージ画像にありがちなのですが、実機のベゼル幅はイメージ画像よりも かなり太い。安価なPCであるために、液晶は淡いように感じ、また、プラ製のボディはチープ感あり、タッチパッドが敏感すぎるとのコメントがあります。

15.6インチ N4100ノート(参考表示)

こちらはおすすめできるか微妙なラインであるために参考表示です。15.6インチのIPS パネルに、Gemini Lake N4100、メモリ 8GB、SSD 180GB、さらには Office 2019搭載で約4万円とコスパは高いのですが、気になる点は以下の3つ。

  • 天板のWajunのロゴが今一つ。ロゴなしだとスッキリするのですが。
  • Amazonのレビューコメントに「ディスプレイの画面が薄くて(薄暗いの意味か?)文字が読めない」との書き込みあり。個体差か、設定上の問題か、原因は不明。
  • おそらくはプラスチック製のボディの質感を確認できず。

 

▼特におすすめはしないものの、参考表示です。なお、同デザインでCPUにCeleron J3160を搭載する製品もありますが、スペックが低いためにおすすめしません。

 

▼製品の詳細記事はこちら

BMAX MaxBook S15、Gemini Lake N4100の15.6型ノートが新登場。ボディはABS製だが 269.99ドルとコスパ高
BMAXより、コスパ高の15.6インチ Gemini Lake ノート「BMAX MaxBook S15」が登場です。ボディはABS製ながらも、Gemini Lake N4100、メモリ 8GB、SSD 128GBを搭載し、Bang...

CHUWI HeroBox

発売直後のCHUWI HeroBoxですが、近々にAmazonのミニPCのカテゴリーでベストセラーとなること間違いなしです。Gemini Laek N4100に、メモリ 8GB、SSD 256GBに、ボディの大半はアルミ製でファンレスにして、Amazonの価格は25,999円。ミニPCとしてはやや大柄となりますが、コスパ度は抜群です。

このHeroBoxは、CPUにAtomを搭載するGBox Proのスペックアップ版となりますが、そのスペックから断然 HeroBoxがおすすめ。詳細は以下の実機レビュー記事を参照ください。

CHUWI HeroBox 実機レビュー、2万円ちょいでGemini Lake,RAM 8GBで快適動作のファンレス ミニPC
CHUWIからリリースされた HeroBox。Amazonで人気のGBox Proのアルミ製のボディとファンレスであることはそのままに、CPUをAtom X7-E3950からGemini Lake N4100に、メモリを4GBから8...

 

Jumper EZBox i3

4世代前となりますが、第5世代のCore i3-5005Uに、メモリ 8GB、SSD 128GBを搭載する ミニPC「Jumper EZBox i3」。Gemini Lake N4100と比較すると、僅かながらもワンテンポ速く動作し、特にWindows 10 更新後のシステム処理で負荷がかかっている場合に、N4100との相違を感じることができます。CPUファンを搭載する本製品ですが、ファンの音量もほどよく抑えられているようです。

 

▲▼通常時には41,000円と、記事のタイトルの4万円未満とはいきませんが、つい先ほどまでタイムセールで32,800円で販売していたために、あえて掲載します。

▼製品の詳細記事はこちら

Core i3 5005U,RAM 8GB搭載の高コスパなミニPC Jumper EZbox i3が新登場
Jumperより、旧世代のCore i3-5005Uを搭載するミニPC EZbox i3がリリースされました。同CPUを搭載するJumperのPCとしては、14インチのEZBook X4 Proがリリースされた直後ですが、コスパを高...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました