Amazfit T-Rex 2、タフネススマートウォッチのスペック、24日超持続のバッテリーなど従来機から向上

Amazfitより タフネス スマートウォッチの「Amazfit T-Rex 2」が新発売(2022年6月19日時点では予約販売、6月24日に正式販売)となりました。前モデルのAmazfit T-Rex Proを更にアップデートし、デュアルバンドと5つのグローバルナビゲーションによる高精度の位置測位システム、マイナス30度の環境で操作可能、24日間持続のバッテリー、リアルタイムトラッキング、ルートインポート等を備えています。

引用元

Amazfit 公式サイト、T-Rex 2

スポンサーリンク

Amazfit T-Rex 2のスペックと特徴

冒頭に記載のAmazfit T-Rex Proから更新された事項以外に、米軍MIL規格準拠する15種類のテストに合格したタフネスさも兼ね備えています。上の画像に「70℃の耐熱性、-40℃の耐寒性(説明文では-30℃)」とありますが、これ以上は望むべくもない耐熱・耐寒性です。

スクリーン1.39インチ, タッチパネル、AMOLED解像度 454 x 454、326 ppi
Chip未確認(Amazfit シリーズは未公開)
ROM未確認(Amazfit シリーズは未公開)
対応OSiOS 12.0以上、Android 7.0以上
Bluetooth5.0BLE
位置測定GPS、GLONASS、Galileo、BDS、QZSS
センサーBioTracker 3.0 PPG バイオメトリック センサー (血中酸素サポート、6PD + 2LED、赤外線方式検知)、加速度セン
サー、ジャイロセンサー、磁気センサー、気圧センサー、環境光センサー
バッテリー500 mAh、最大持続期間は24日
サイズ(本体)47.1 x 47.1 x 13.65mm 、66.5g
アプリZepp (タブレットは Zeppに未対応)
その他

 

Amazfit GTR 3 実機レビュー、明るい液晶、驚異のバッテリー持ちに、機能は従来機より大幅アップ。デザインもより洗練
AMOLED パネルと驚異のバッテリー持ちなどで人気のAmazfit GTR シリーズですが、発売間もない「Amazfit GTR 3」の実機レビューです。 私は2019年11月から、メインのスマートウォッチとして「Amazf...

上のスペック表は、現在 私が使用中(上の記事で実機レビュー)の「Amazfit GTR-3」に基づき編集しましたが、液晶と位置測定の基本スペックは同じです。「Amazfit GTR-3」の液晶は、太陽光のもとでの視認性にも優れた 鮮やかな液晶であり、「Amazfit T-Rex 2」も期待できます。

「Amazfit GTR-3」のバッテリーは 450mAhですが、「Amazfit T-Rex 2」は500mAh。製品紹介に T-Rex 2の最大持続期間は24日とあり、私のGTR 3の使用感から GPSをオフにした通常の使い方では、1カ月は持つように思います。

 

▼「バッテリー持続は最大24日間」、「省電力モードでは45日間」とあります。私は Amazfit 47MM、Amazfit GTR 3と使用していますが、双方ともに私の使い方(平日は13時間ほど装着、時計・歩数計・SNS連携がメイン。GPSはオフ)では Amazfitの公表値以上のバッテリー持続期間であり、上記のとおり 1カ月は確実に持ちそうです。

 

▼ 対応するスポーツモードは150種以上、ワークアウト中の心拍数、移動距離、移動速度などをスマートウォッチ本体・スマートフォンのZeppアプリに手軽に記録することができます。また、8種類のスポーツモードの自動認識に対応し、装着したまま運動を始めるだけでデータを取り忘れることなく計測することも可能です。

さらに興味深いのが以下の「筋力トレーニング」機能。「見えない筋肉も捉える」とありますが、これがどれほどの機能か、実機で確認したいものです。

 

▼山登りなどを行う方にとっては、こちらのルートインポート機能も見逃せないポイントです。

Amazfit T-Rex 2の外観

上の画像の左から、エンバーブラック、アストロブラック&ゴールド、ワイルドグリーンの3色展開です。表から見ると中央のアストロブラック&ゴールドもよいのですが、サイドが以下の画像のとおり ゴールドの派手さもあり、私の好みとしては エンバーブラック。

▼▲嵌め込み画像でもあり、立体感のある文字盤のように見えますが、実機でどれほど再現できているか確認してみたいです。ベゼルの素材の明記はありませんが、液晶よりも一段高い位置にあるため、液晶保護にも有効です。

 

▲▼スマホとのBluetooth 連携・各種管理・文字盤の変更は「Zepp」アプリにより行います。上の画像は ZeppのAmazfit 3の文字盤ストアですが、Amazofit 3と同様に100種類以上の文字盤が用意されていることと思います。

なお、Zeppアプリとの連携により、スマホのSNSの連携機能や、スマホを探すなどの基本機能なども 当然ながらも備えています。

Zepp

Zepp
開発元:Huami Inc.
無料
posted withアプリーチ

 まとめ

Amazfit GTR 3 / 3 Proの基本機能に加え、耐寒・耐熱などのタフネスを備えた「Amazfit T-Rex 2」。今回紹介した機能はごく一部となり、詳細は以下の公式サイトを参照ください。T-Rex 初代の発売当時は、Amazfit 47MMの人気もあり注目の製品でしたが、T-Rex 2の人気の度合いに注目しています。

 

コメント

Pinterest

「Pinterest」を始めました。当サイトのレビュー記事などのリンクや、同種のピンを集め始めています。
タイトルとURLをコピーしました