Amazfit GTS 4 Mini、1.65型 AMOLED パネル、バンド込 31.2gと超軽量 スマートウォッチの特徴。10%オフのクーポン情報も

Amazfit GTRをはじめ、多くのスマートウォッチを展開するAmazfitより、2022年8月19日に「GTS 4 Mini」が 公式サイトやAmazon、楽天市場、Yahoo! ショッピングの国内通販から販売となりました。

アルミと樹脂で構成のボディは 9.1mmと薄く、バンド込みの重量は31.2gと軽量。1.65インチのディスプレイは、AMOLED パネルに 336 x 384の解像度と上位機並みです。また、バッテリー容量は270mAhとそれほど大容量ではないものの、Amazfit らしく 通常使用で最大15日間、省電力モードで最大45日間 使用することができます。

引用元

Amazfit 公式ストア

Amazon、Amazfit ストア

2022年8月24日追記、Amazonにて当サイト限定のクーポン利用により 15,120円となります。詳しくは文末を参照。また、以下のとおり、実機レビュー記事を公開しました。
Amazfit GTS 4 Mini 実機レビュー、鮮やかな液晶とバッテリー持ち、レスポンスのよさは上位機と遜色なし。10%オフのクーポン情報も
2022年8月19日より国内通販にて販売開始となった「Amazfit GTS 4 Mini」のレビュー記事です。1.65インチの大型スクリーンは AMOLED(有機EL) パネルにより鮮やか、解像度は336 × 384と高く、SNS...
スポンサーリンク

Amazfit GTS 4 Miniのスペック

ボディ色は「ミッドナイトブラック」、「ミントブルー」、「ムーンライトホワイト」、「フラミングピンク」の4色展開の「Amazfit GTS 4 Mini」ですが、詳細スペックは以下となります。

スクリーン1.65インチ, タッチパネル、AMOLED解像度 336 × 384、309 ppi
Chip未確認
ROM未確認
対応OSiOS 12.0以上、Android 7.0以上
Bluetooth5.2 BLE
位置測定GPS、BeiDou、GLONASS、Galileo、QZSS
センサーBioTracker 3.0 PPG バイオメトリック センサー (血中酸素、2PD+1LEDに対応 )、加速度センサー、地磁気センサー、環境光センサー
バッテリー270 mAh、通常モードでの持続期間は15日
サイズ(本体)41.8 x 36.66 x 9.1 mm 、31.2g(ストラップを含む)
アプリZepp アプリ
その他5 ATM 防水、Alexa 対応、ボディの素材はアルミニウム + プラスチック

Amazfit シリーズでは、他製品も含めて、ChipとROMは公開されていませんが、スペックの補足は以下です。

  • スクリーンはAmazfit GTRなどの上位機と同じく AMOLED パネル。解像度は 336 x 384と上位機(Amazfit GTR 3は 454 x 454)と比較するとやや劣りますが、このクラス(Amazfitとしてはミドルレンジ)としては十分です。
  • 対応OSは iOS 12以上、Android 7以上と、Xiaomiのスマートウォッチなどと比較すると、古いスマホには対応していないために注意が必要です。
  • 私は「Amazfit GTR 47MM」、「Amazfit GTR 3」にて「Zepp」アプリを利用していますが、大きな課題もなく、管理・機能面でも十分なアプリです。もちろん、Bluetooth 連携により、SNSなどの通知にも対応しています。

 

▼以下の「Amazfit Bip 3」と比較すると、価格差は7千円ほどありますが(GTS 4 Miniは 16,800円)、GTS 4 Miniは、AMOLED パネル / 高解像度 / アルミ製ボディ/ GPS搭載 / Alexa 対応などにおいて、価格差に見合うほどの価値があります。

Amazfit Bip 3 シリーズが 7月20日に発売に。液晶が大型化・14日のバッテリー持続に向上のエントリーモデル
Amazfitのエントリークラスのスマートウォッチ「Amazfit Bip 3 シリーズ」が、2022年7月15日(金)に予約販売開始、7月22日(水)に発売です。前モデルのAmazfit Bip Uシリーズと比較すると、1.43イ...

 

▼こちらは私が現在 メイン利用の「Amazfit GTR 3」。GTS 4 Miniも同じく AMOLED パネルを搭載し、Alexaに対応しています。

Amazfit GTR 3 実機レビュー、明るい液晶、驚異のバッテリー持ちに、機能は従来機より大幅アップ。デザインもより洗練
AMOLED パネルと驚異のバッテリー持ちなどで人気のAmazfit GTR シリーズですが、発売間もない「Amazfit GTR 3」の実機レビューです。 私は2019年11月から、メインのスマートウォッチとして「Amazf...

Amazfit GTS 4 Miniの特徴

Amazfit GTR 3は 本体のみで 32gですが、GTS 4 miniは 本体のみでは19g、ストラップ込みでも31.2gと超軽量です。また、270mAhとバッテリー容量は大きくないのですが、以下の標準的な使用で約15日間、ハードな使用で約8日間と驚異的なバッテリー持ちです。ちなみに、私がAmazfit GTR / GTR 3を利用している範囲では、実際に公表値以上にバッテリー持続期間となり、GPSを使用しない場合には 約20日間は持続するように思います。

公式サイトから抜粋・一部補足の、GTS 4 miniの特徴は以下となります。

  1. 9.1mmの超スリム、ストラップ込みで31.2gと超軽量
  2. 標準的な使用で最大15日間のバッテリー持続
  3. AMOLED パネルに高解像度と、Miniシリーズ最高の見やすさ
  4. 5衛星測位システムを搭載
  5. 24時間ヘルスケア分析、120+のスポーツモードと自動認識
  6. 「ミッドナイトブラック」、「ミントブルー」、「ムーンライトホワイト」、「フラミングピンク」の4色展開
  7. 5ATM 防水、最大50m相当の水圧に耐えうる
  8. もちろん、SNSやアプリ、電話着信などの通知、スマホ連携の基本機能に対応
  9. Amazon Alexaに対応
  10. 女性の健康トラッキング、PAI健康評価システムに対応
  11. ミニアプリで好きな機能を追加可能
  12. 仮想ペーサーで新しいランニング体験
  13. VO2Maxなどワークアウト分析
  14. Zepp アプリとの連携により、文字盤を変更可能

 

上記2のバッテリー持続期間において、Amazfit 公式サイトより抜粋のGTS 4 Miniにおける「標準的な使用」は以下です。「ハードな使用」は公式サイトを参照ください(各種モニタリング、明るい画面での操作が増えたパターンです)。私のGTR / GTR 3の標準使用ではGPSをオフにするなど、以下よりも機能を絞り使用しています。

  • 心拍数モニタリング:有効(10分ごとのデータ測定)
  • 睡眠モニタリング:有効
  • メッセージ受信による画面点灯回数:150件/日
  • 着信通知:3回/日
  • 手首を持ち上げての画面点灯回数:100回/日
  • 明るい画面での操作:5分/日
  • 血中酸素レベル測定:5回/日
  • GPS:3回/週(GPS連続動作30分/回)

 

▼画面占有率は70.2%とありますが、ラウンド形状により数値以上の占有率に見えるように思います。

 

▼スマホ・Zepp アプリとの連携により、アプリ・SNS・着信の通知、音楽のコントロール、スマホを探す、スマホカメラのコントロールなどの基本機能に対応しています。

 

▼心拍数、血中酸素レベル、ストレスレベルをワンタップで測定、Zepp アプリで管理することができます。

まとめ

上位機と同じく AMOLED パネルを搭載し、本体は19g、ストラップ込みでも31.2gと超軽量、270mAhのバッテリーながらも 標準的な使用で約15日間のバッテリー持ちであることが 大きな特徴の「Amazfit GTS 4 Mini」。上位機のAmazfit 3の半額未満とお手頃感もあります。

 

Amazonにて、当サイトの限定クーポンコード「GTS4miniWin」の利用により 10%オフの15,120円となります。クーポンは9月30日まで有効、お一人様一度限り有効です。

コメント

Pinterest

「Pinterest」を始めました。当サイトのレビュー記事などのリンクや、同種のピンを集め始めています。
タイトルとURLをコピーしました