Amazfit GTS 2 mini、AMOLEDパネル、Alexa対応、GPS搭載のスマートウォッチが9,999円と高コスパ

Amazfit GTR 47MMを、メインのスマートウォッチとして使い始めて 1年半。少し飽きてきたために、他の製品を物色していて目に留まったのが「Amazfit GTS 2 Mini」。洗練されたデザインのAmazfit GTR 2 / 2eも魅力ですが、GTS 2 Miniは Amazonにてクーポン利用価格 9,999円と安いうえに、1.55インチのスクリーンはAMOLED パネルで、Alexaにも対応しています。

スポンサーリンク

Amazfit GTS 2 Miniの特徴

他のAmazfitと同様に、スクリーンは高解像度のAMOLED パネルとなり、スマホから連携されるSNSなどの通知の文字もドットが目立たずクリアです。5,000円未満のエントリークラス・低解像度のスマートウォッチの場合には文字のドット・ギザギザ感が一目でわかるため、高解像度であることは大きなメリット。

 

▼こちらがエントリークラスのスマートウォッチの事例。金属製で質感も高く、一般的な利用では機能も十分なのですが、解像度が高くないために文字のドットが目立ちます。

Mibro Color スマートウォッチ、実機レビュー。明るいスクリーンに文字盤も豊富、Apple Watchライクな形状で質感もよし
上の写真は「Mibro Color スマートウォッチ」。日本では販売されていないモデルですが、血中酸素濃度の測定・日本語にも対応し、AliExpressでは送料無料の4,000円ほどで購入できる人気の製品です。私は同価格帯のスマート...

 

RAMやROMの容量など、明らかにされていない事項が多いのですが、Amazfit GTS 2 Miniの仕様は以下です。

スクリーン1.55インチ, タッチパネル、AMOLED パネル解像度 354 x 306
Chip未確認
RAM、ROM未確認
対応OSiOS 10.0以上、Android 5.0以上
Bluetooth5.0
GPSGPS / GLONASS
バッテリー220mAh、一般的な使用で 14日間のバッテリー持ち
サイズ40.5 x 35.8 x 8.95mm、31g(バンド含む)、 19.5g(本体のみ)
アプリZepp
その他70のスポーツモードに対応、5ATMの防水、日本語対応

 

Xiaomi Mi Watch Lite、廉価版でもGPS搭載で120種以上の文字盤に変更可能な実力機
先の記事で「Xiaomi Mi Watch」の特徴を記載しましたが、大学生の息子いわく「Mi Watchよりも、Apple Watchライクな Mi Watch Liteが好み」だとか。Mi Watchと比較すると、Mi Watch...

Xiaomi関連のAmazfitですが、Xiaomiの似た構成のスマートウォッチでは、上記リンク先記事で紹介の「Mi Watch Lite」があります。これとの比較も踏まえた「GTS 2 Mini」の特徴は以下です。

  • 価格は「Mi Watch Lite」が安価。Amazon 価格の比較では、GTS 2 Miniが約1万円、Mi Watch Liteが約7,500円(Amazonはこちら)と差額は約2,500円。
  • 約2,500円の差額に見合う Mi Watch Liteの優位な事項としては、本体の設定画面などが日本語対応、スクリーンはAMOLED(有機EL)パネル、Alexa 日本語対応。

 

こちらは AliExpressから引用のAmazfit GTR 2 / 2e、GTS 2との比較表。

 

Amazfitの場合、GTRの同シリーズでも GTR 47MMは日本語対応、GTR Liteは日本語未対応(当初、ファームウェアの更新により日本語対応とのアナウンスがあったのですが、未だ対応せず)のケースもあり、個別に日本語対応か否かを見極めることになります。

GTS 2 Miniの場合、AmazonのQ&Aを参照すると、文字盤が英語であるのは他製品と同様ですが、本体の設定画面は日本語対応のようです。また、以下の公式サイトの機能説明書においても、設定画面は日本語となっています。

なお、機能説明書には、心拍数や血中酸素濃度の計測などの使用方法が、初めての方にもわかりやすく記載されています。

 

▼血中酸素濃度の計測は、より安価なスマートウォッチでも一般的となっています。

 

▼Alexaをビルトインしていることも、大きな特徴の一つ。私がまず試してみたいのは、スマートホームデバイスの制御。SwitchBot(Amazonはこちら)などとの連携により、家電などのリモコン替りに機能するか否かに興味があります。

 

▼Amazonでの販売価格はクーポン利用により 1万円と、Amazfit シリーズのなかでは安価ですが、歩数計、心拍数・血中酸素濃度の計測、睡眠計、ストレスモニタリング、呼吸トレーニングなどの上位機と同等の機能を備え、GPSも装備しています。

 

▼文字盤の種類は50以上。Amazfit シリーズとしては多くはないのですが、一般的にAmazfitはデザインに優れた文字盤が多いです。

まとめ

外観の詳細については省略しましたが、本体は下に向かって絞り込まれており、8.95mmのサイズ以上に薄く感じることと思います。

我が家の大学生は、Apple Watch ライクなスマートウォッチが好みのようですが、GPS搭載、AMOLED パネル、日本語対応、Alexa 対応、Amazfit シリーズのなかでは安価とくれば、先に紹介の 同じくスクエアタイプのMi Watch Lite以上に おすすめしたい製品です。

 

▼6月30日時点のAmazon 価格は クーポン利用により 9,999円。海外通販サイトより安価です。

 

▼こちらは引用した「Amazfit GTR 2e」。デザイン・機能ともによりのですが、GTS 2 Miniの価格を目にすると、割高に思えてきます(AliExpressでは約16,000円)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました