ついにきた、Amazfit GTRが日本語対応に。ファームウェアの更新で即日本語化

2019年12月28日現在、ついに、Amazfit GTR 47mmが日本語対応となりました。Amazfitの他のスマートウォッチにおいても、Amazfit アプリと本体のファームウェアのアップデートにより、日本語表示可能と思います。また、発売されたばかりの Amazfit GTR Liteは当初から日本語対応となっています(Amazfit GTR Lite、GTR 47mmの基本スペックを維持、価格を抑えて新登場。待望の日本語にも対応)。

これにより、Amazfit GTRシリーズは、驚異的なバッテリー持ちと、太陽光のもとでも抜群の視認性のよさ、日本語対応に質感の高さと最強のスマートウォッチとなりました。

2020年1月9日、1月15日 追記。「Amazfit GTR、あるいはGTR Liteを購入したものの、日本語対応していなかった」とのコメントを複数いただきましたので留意ください。1月15日にGearBestの担当さんからメーカーへの確認では、Amazfit GTR Liteの日本語に対応したファームウェアを現在テスト中、今週完成予定とのこと。1月19日の週から順次更新可能かと思われます。一方のGTRは、私はファームウェアの更新で日本語対応済、日本語化できていない方も順次 ファームウェア更新にて対応できるでしょう。
スポンサーリンク

Amazfit GTR、日本語化の方法

「日本語化の方法」と書くと語弊があるのですが、iPhone あるいは Android のAmazfit アプリのアップデートにより、自動的に本体のファームウェアが更新、その際に日本語化に必要なフォントもアップデートとなります。アップデートに要する時間は概ね20分程度。アップデートが完了すると、日本語化できています。

私はiPhoneのアプリの自動更新を停止しているため、Amazfit アプリの更新を行っていなかったのですが、Amazfit GTR Liteが日本語対応していると知り、GTRのアプリ・本体をアップデートすると、いとも簡単に日本語対応となりました。

 

▼本体が日本語対応となった、Amazfit アプリのバージョンは 3.5.0。アルゴリズムは1.1.14

 

▼アプリのアップデート後に、自動的に本体のファームウェアを更新。

 

▼フォントのアップデート中。アップデート全体に要する時間は20分程度。

本体の日本語事例

Amazfit GTR 47mmの質感・デザインの高さ、GPSオフでの私の使い方では 2ヵ月間持つ勢いのバッテリー、スクリーンの視認性のよさから、日本語未対応でも十分に満足していた私。がしかし、日本語表示となると やはりよいものです。

ごく一部となりますが、日本語表示の事例を掲載します。なお、SNSやアプリ通知メッセージの通知の写真は割愛していますが、もちろん これらも日本語表示です。

 

▼ファームウェアのバージョンは、v1.3.5.27

▲▼アプリ・設定項目より。フォントも大きく、視認性は十分です。もちろん、レスポンスも快適。

 

▼こちらは週間天気予報。一部に直訳のような箇所もありますが、おかしな日本語表記はありません。

 

▼日本語化ついでではないのですが、後日 Watch Faceもダウンロードしたものに変更しました。

Amazfit GTRのウォッチフェイスをTAG HeuerやOMEGA風などに変更する方法(AmazFaces アプリを利用)
驚異のバッテリー持ちと太陽光のもとでも視認性のよいスクリーン、しかも待望の日本語対応となり、便利に利用しているAmazfit GTR。デフォルトの文字盤の種類も豊富ですが、やはりデザインでは海外有志の作成による文字盤が優れており、T...

まとめ

やはり日本語表示になると利便性は一気に高まります。バッテリー持ち、スクリーンの視認性のよさ、質感とデザインのよさに加え、日本語対応となったことにより、Amazfit GTRの魅力度はさらに大きく飛躍。私はAmazfit GTRに加え、KOSPET Primeを注文・受領待ちなのですが、現在のところ、普段使いのスマートウォッチはAmazfit GTR / GTR Lite、弄り目的としては KOSPET Primeで決まりです。

2020年1月9日、1月15日 追記。「Amazfit GTR、あるいはGTR Liteを購入したものの、日本語対応していなかった」とのコメントを複数いただきましたので留意ください。1月15日にGearBestの担当さんからメーカーへの確認では、Amazfit GTR Liteの日本語に対応したファームウェアを現在テスト中、今週完成予定とのこと。1月19日の週から順次更新可能かと思われます。一方のGTRは、私はファームウェアの更新で日本語対応済、日本語化できていない方も順次 ファームウェア更新にて対応できるでしょう。

 

▼こちらは発売直後のAmazfit GTR Lite。今購入するなら、こちらがおすすめ。GearBestのキャンペーン価格は 109.99ドル

Amazfit GTR Lite、GTR 47mmの基本スペックを維持、109.99ドルで新登場。待望の日本語にも対応
Xiaomi関連のXiaomi Ecosystem Productが手掛け、海外で大人気のスマートウォッチ「Amazfit GTR 47mm」。このライトバージョンとなる「Amazfit GTR Lite 47mm」がリリースです。...

 

▼こちらはKOSPET Primeのレビュー記事。1260mAhの大容量バッテリーと言えども、フルAndroid搭載のため、やはりバッテリーは持たず。ただし、弄るのが楽しい端末です。

KOSPET Prime 実機レビュー、外観・ハード編。4コアで快適動作だが、ソフト側の調整が必要
4コアのCPUにメモリ 3GB、Android 7.1に1260mAhの大容量バッテリーを搭載するスマートウォッチ 「KOSPET Prime」。スペックの魅力に惹かれて購入しましたので、外観・ハードについて簡易的にレビューします。...

 

▼1月25日時点のBanggoodにおけるGTR 47mmの価格情報。画像の価格は159.99ドルですが、価格の下のCouponアイコンを押下することにより、137.99ドルとなるクーポンが発行されます。

Banggood

 

▼こちらは合わせて購入したい、ベゼルカバーとガラスフィルム

コメント

  1. カピバラさん より:

    昨日GearBestで購入したAmazfit GTR Liteが手元に届きまして開封しましたが、
    まだ日本語に対応しておりませんでした。

    おちらの記事には日本語対応と記載があったので購入したのですが残念でした。そのうち対応するとは思いますが...

    記事の訂正が必要と思います。

    • kenken より:

      スマホ 側のアプリの更新で、自動的に本体の日本語対応のファームウェアの更新が始まらないでしょうか? 私はその対応で日本語化でき、他サイトにも同様の記載があります。

      • Y より:

        私のGTR Liteも日本語対応出来ていません。
        そもそも、GTRとGTR Liteはファームウェアのバージョンが違うようです。
        kenkenさんは、GTR Liteではなく、GTRにて日本語対応されたんですよね?
        いずれ、GTR Liteも日本語対応するものと期待していますが、
        現状では対応できていないので、記事の訂正が必要かと思います。

        • kenken より:

          情報ありがとうございます。Amazfit GTR, GTR Liteともに冒頭に日本語化できない事例もあるなど追記します。
          私が日本語化できた状況は逆で、まずはGTR Liteが日本語対応したとの情報をGearBestの担当さんから入手。私のGTRは日本語化できていなかったのですが、他サイトを参照していると、GTRも日本語化できることを認識し、ファームウェアの更新で日本語化できたとの流れです。
          GTR Liteの日本語化の情報が先だったのですが、GearBestの担当さんに日本語化の手段・時期などを確認してみます。

  2. YK より:

    私も本日GTR Liteが届きました。日本語に対応しているものと思っていましたが、対応していないようです。

    アップデート早く来て欲しいですね

  3. kenken より:

    日本語対応のファームウェアに更新できないことについて、GearBestの担当さんからメーカーに確認していただきました。
    Amazfit GTR Liteは、日本語に対応したファームウェアを現在テスト中、今週完成予定とのこと。1月19日の週から順次更新可能かと思われます。一方のGTRは、私はファームウェアの更新で日本語対応済、日本語化できていない方も順次 ファームウェア更新にて対応できるでしょう。

CHUWI HiPad X

Helio P60、eMMCより3倍高速なUFSを搭載の10型タブレット「CHUWI HiPad X」。Banggoodでは 179.99ドルで予約販売中(キーボードは別売り)

Banggood 販売ページ

▼詳細記事はこちら
CHUWI HiPad X、eMMCより3倍高速なUFS、Helio P60搭載の10型 Androidタブレットがリリース
タイトルとURLをコピーしました