Amazfit GTR 47mmに取り付けたベゼルリング。デザイン・質感ともによく、傷つき防止にも最適

Amazfit GTR 47mmを使い始めて約7ヶ月。そろそろ新鮮味に欠けてきたところで、また、時々ベゼル部分を机やドアにぶつけることがあり、その傷つき防止のため、Amazonで販売のベゼルリングを取り付けました。取付時には、やや賑やかすぎるように感じていたのですが、約1,600円の製品としては質感も高く、取り付けて後悔なしの製品です。

関連記事

Amazfit GTR 実機レビュー、GPSオフで約60日の持続時間と視認性抜群の液晶で、 魅力満載のスマートウォッチ。ついに日本語対応も

スポンサーリンク

購入した製品

購入した製品は、Amazonで販売の以下の製品。海外通販サイトのAliExpressでは250円ほどで販売しているのですが、高い製品ではないために納期を考慮するとAmazonでの購入が正解でしょう。

 

▲▼Amazonではブラックとシルバーのみですが、AliExpressでは4色展開であるうえに、250円と安価です。ただし、納期を短縮する場合にはAmazonよりも高くなるため、ブラックあるいはシルバーならAmazonでの購入が正解。

取付、使用感

詳細に語る製品ではないために、簡易的な使用感を記載します。

 

▼Amazonに発注の翌日に製品を受領しましたが、元は中国からの取り寄せでもあり、外箱の隅は多少潰れています(全くの許容範囲です)。

 

▼右下のように、なぜかシールが付属しています。このシールの使い道は不明であり、取付の説明書がないために、開封時にはやや混乱します。

 

▼素材の明記はないのですが、おそらくは金属製(プラスチック製の質感ではありません)。文字の貼り付け跡も全くわからず、海外では250円で販売されていることに驚きです。

 

▼背面の両面テープを利用して取り付けるのですが、触ってみると粘着が弱く感じるものの、取り付けてみるとそれなりに強い粘着力です。よくもわるくも、取り付けると簡単に剥がすことはできません。

 

▼取付前に位置の仮決め。外枠があるために、左右の位置でずれることはありません。

▲▼ちなみに、私は文字盤を以下の記事に記載の方法で、Amazfit アプリ以外のものを導入しています。

Amazfit GTRのウォッチフェイスをTAG HeuerやOMEGA風などに変更する方法(AmazFaces アプリを利用)
驚異のバッテリー持ちと太陽光のもとでも視認性のよいスクリーン、しかも待望の日本語対応となり、便利に利用しているAmazfit GTR。デフォルトの文字盤の種類も豊富ですが、やはりデザインでは海外有志の作成による文字盤が優れており、T...

 

▲装着前後を比べてみると、ベゼルがかなり賑やかになりました。取付直後には賑やかすぎるように感じていたのですが、純正風に見えてよいものです。繰り返しますが、質感も高く、これが海外通販サイトで250円で販売しているとは驚愕です。

 

▲プラスチック製ではない質感がわかるでしょうか。つや消し黒の塗装に白文字のコントラストはビジネスでもマッチします。私は仕事中もAmazfit GTR 47mmを使用していますが、何の違和感も感じず、ベゼルリングを取り付けても オンオフともに使用できます。

 

コメント

CHUWI HiPad X

Helio P60、eMMCより3倍高速なUFSを搭載の10型タブレット「CHUWI HiPad X」。Banggoodでは 179.99ドルで予約販売中(キーボードは別売り)

Banggood 販売ページ

▼詳細記事はこちら
CHUWI HiPad X、eMMCより3倍高速なUFS、Helio P60搭載の10型 Androidタブレットがリリース
タイトルとURLをコピーしました