Amazfit GTR 2、Alexa搭載(日本語対応予定)は大きな魅力、Amazfit GTR 47mmとのスペック比較

AmazfitよりGTR 47mmの後継機種と思われる「Amazfit GTR 2」が販売されています。私はGTR 47mmを常用していますが、ベゼル周りのデザインを刷新し、よりシンプルになっています。スペック面では、バッテリー容量が410mAhから471mAhに増量されていますが、機能強化の影響によるものか、通常利用のバッテリー持ちはGTR 47mmの24日から14日に減少しています。

私として GTR 2に最も惹かれることは Alexaの音声認識に対応予定であること。日本語でどれほど対応するものか未知数ですが、Amazfit 公式のサポート情報では日本語に対応予定と明記があります。

参照元

Amazfit 公式 GTR 2

スポンサーリンク

Amazfit GTR 2、GTR 47MMとのスペック比較

以下の私がメインのスマートウォッチとして使用している Amazfit GTR 47MMとの外観の相違は明らかですが、気になるのはスペックと機能の相違。

Amazfit GTR、3カ月使用後の再レビュー。バッテリー消費、画面の鮮やかさ、カスタマイズ性ともに抜群のスマートウォッチ
Amazfit GTR 47mmを3ヵ月使用後の再レビューです。驚異のバッテリー持ちは変わらずに、太陽光のもとでも視認性は抜群。47mmのサイズはビジネスの使用においても違和感はありません。さらには待望の日本語対応となり、おすすめの製品です

 

機能面はさておき、スペックをGTR 47MMと比較してみました。情報は以下のサイトを参照していますが、私の見落としもあるかと思います。ご了承ください。なお、AmazonとAliExpressでは約1万円ほどの価格差があり(AliExpressが安い)、注意が必要です。

 

上記スペックの留意事項は以下です。

  • GTR 2の公式サイトの仕様では 2.4GHzのWLANとの掲載がありますが、機能についての記載はありません。
  • GTR 2はクラッシック版とスポーツ版の2種類(アルミ版、ステンレス版もあり)、GTR 47mmはアルミ版とステンレス版がありますが、重量は軽量のバージョンを記載しています。
  • バッテリー持ちはGTR 47mmよりも大きく減少していますが、これが以下のAlexa搭載などの機能強化によるものと思えば、その減少も納得。

Alexa 搭載について

上の画像はAliExpressから引用したものですが、「Alexa will be supported via OTA update.」とあります。ファームウェアの更新により利用可能となるもので、日本語には未対応と思いきや、Amazfiti サポートページに以下のとおり、「現時点(2020年12月31日)では、Alexaは英語のみに対応しているものの、日本・日本語にも対応予定」とあります。

このAlexa対応は大きな魅力であり、私はGTR 47mmからGTR 2に切り替えたくなってきました。

Amazfit GTR 2の外観と機能

ベゼルがやや大きい Amazfit GTR 47mm、Amazfit T-Rexに対して、シンプルなデザインのGTR 2。これならビジネスや就活にも、従来のAmazfit以上にマッチしそうです。

スペック上のスクリーンは GTR 47mmと同じとなり、GTR 47mmの使用感では AMOLEDパネルにより液晶のコントラスも高く、太陽光のもとでの視認性も十分です。

 

▼GTR 47mmに未装備であった、血中酸素濃度の計測にも対応しています。

 

▲▼私はGTR 47mmをiPhoneとBluetooth連携して使用していますが、iOS 14に更新して以降(あるいは、スマホ連携のアプリがZeppとなって以降)の課題として、SNSの通知のバイブ連携が不安定なこと。一旦、正常に戻ったのですが、iOSのマイナーアップデートの都度 不安定になっているようにも感じます(検証中)。

Amazfit、iOS 14に更新後にSNS通知が未連携となるも、アプリとファームウェアの更新で復旧(後日、再び不安定に)
iPhone XS MaxをiOS 14にアップデートとすると、iPhoneからAmazfit GTRへのSNS・アプリ通知の連携が全く不可能な状況となりました。スマホアプリの通知設定を変更しても状況は変わらずに数日間すごしていたの...

 

▼12種類のスポーツモードに対応。これ以上のスポーツモードに対応し、より安価なスマートウォッチもありますが、一般的には12種類もあれば十分(むしろ、使いこなせません)。

Amazfit GTR 2の価格

上述のとおり、Amazonと海外通販のAliExpressでは約1万円の価格差がありますが、機能は同じであるため、AliExpressの納期(販売店により異なり、1ヵ月以上となることもあります)を許容できる場合には、AliExpressがおすすめ。

Amazfit GTR 47mmの通常のセール価格と比較すると、50~60ドルほど高いのですが、Alexa搭載、日本語にも対応予定となると、その価格差をもってしても大いに魅力となるGTR 2です。

 

▼AliExpressでの2020年12月31日時点の価格(アルミ製版。他にステンレス製版もあり)は 179.99ドル、円貨換算は18,955円(送料無料、納期は最大20日とあります)。

AliExpress

 

▼一方のAmazonは29,800円、AliExpressとの価格差は約1万円と大きい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました