Alldocube X1、2カ月使用後も感じるサクサクなレスポンスと視認性のよさ、価格に見合う 10コア8.4インチタブレット

デカコア Helio X20を搭載する8.4インチタブレット「Alldocube X1」を使い始めて2カ月経過しましたが、相変わらずサクサクなレスポンスで、Webサイト閲覧に、ブログ記事の管理にと快適に利用しています。

通常は2カ月も使用していると、その速さや機能性にも慣れてくるのですが、今なお新たなメリットも見い出せるAndroidタブレットです。今回はAlldocube X1を2カ月使用したなかでの再レビュー記事です。

 

関連記事

Alldocube X1、1週間使用後のレビューまとめ。レスポンスよく鮮やかな液晶でiPad mini以上の操作感

デカコア、アルミ製の8.4型Androd、Alldocube X1の実機外観レビュー

スポンサーリンク

Alldocube X1の概要

まずはあらためてAlldocube X1のスペックのおさらいです。ディスプレイサイズは異なるものの、同じくデカコアのHelio X20を搭載し、メモリ 4GB、ストレージ 64GBのChuwi Hi 9 Air、YOYO i8 Maxを比較しています。

▼Helio X20のAnTuTu ベンチマークスコアは83000ほど。Snapdragonのハイエンド機と比較するとスコアは落ちますが、Webサイト閲覧、動画視聴などの通常使用なら十分なレスポンスです。

 

なお、スペックに表れないAlldocube X1の特徴は以下があります。

  • JDI製・2.5KのOGSスクリーン
  • Eye protection modeを備えており、以下の画像のとおり色調が激変

 

 

Alldocube X1の魅力

Alldocube X1を2カ月使用して感じる魅力は大きく二つ。サクサクなレスポンスとディスプレイの鮮やかさと視認性のよさ。今回はこの二つに分けて、その魅力を記載します。

なお、この二つの特徴以外の基本的な要素では以下。

  • 指紋認証は何の問題もなく認識
  • バッテリー持ちは、以下のリンク先に記載のiBatteryをインストールすることにより、スリープ時のバッテリー持ちはよいのですが、使用時のバッテリー消費は未計測であるものの、よいとは言えず(再確認後に追記します)。

 

Andoridの節電アプリならiBattery、スリープ時の電力消費が2.5倍も改善した
iPhoneのスリープ時のバッテリー消費が優秀な一方、バッテリー消費がよくないのがAndroidスマホ。Androidスマホにてインストールしたアプリで最も効果が高いのがiBattery (アイバッテリー)。このiBatteryを複数台にて検証し、かなりの効果がありました。

 

サクサクなレスポンス

サクサクなレスポンスを言葉では表現しにくいのですが、Geekbenchのスコアは、Single CoreがSnapdragon 810を搭載するNexus 6P相当、Multi-CoreがGalaxy S7 edgeとS6 edgeの中間あたりとなります。体感的なところでは以下。

 

  • アプリの起動では待たされ感がなく、キビキビと瞬時に起動・アプリの切替ができます。
  • カクツキがちなGoogle Chromeのタブの切替も、カクツキ・もたつき感がない。
  • 手持ちの他の端末と比較すると、Snapdragon 625を搭載するスマホ、iPad mini 3よりもレスポンスはよく、よく言えばiPad 2017クラスのレスポンスのよさ。

 

▼MediaTekのハイエンド寄りのHelio X20と比較すると当然かもしれませんが、Snapdragon 625よりもキビキビとしたレスポンスです(Snapdragon 625も通常使いでは全く問題のないレスポンスです)。

Xiaomi Redmi 5 Plus メイン端末として2カ月使用後の再レビュー。169.99ドルの販売情報も
2018年4月半ばに、メインスマホとしてXiaomi Redmi 5 Plusの利用を始めて2カ月半が経過しました。レスポンス、カメラなどの機能の使い勝手も含め、特段の不都合もなく快適に使用しています。今回はあらためて、Xiaomi...

ディスプレイの鮮やかさと視認性のよさ

解像度 2560 x 1600となり、テキストを拡大してもシャギーさが目立つこともなく、綺麗はディスプレイであり、鮮やかさも十分。写真では鮮やかさが伝わりにくいのですが、冒頭・文中の写真でなんとなく感じ取っていただけるかと思います。

また、以下のEye comfortモードとReaderモードを備えています。

 

 

スクショでは同じ色調となってしまうのですが、言葉で各モードを表現すると以下となります。

 

  • ノーマルでは青白系の発色
  • Eye comfortでは青白系から一変。ノーマルと比較すると、かなり黄色がかった色調となるのですが、慣れてくると、これがノーマルと思えるほどに自然な発色。「Eye comfort」の言葉どおりに目の疲れがかなり軽減されます。
  • Readerモードはテキストが読みやすいように白黒表示。また、Readerモード、ノーマル、Eye comfortモードを組み合わせて使用することもできます。

 

やはり秀逸なのは、Eye comfortモード。ノーマルの青白い発色もわるくないのですが、ノーマルからEye comfortモードに切り替えると目が癒されます。

まとめ

2018年7月16日現在の価格は239.99ドルと、中国メーカーのタブレットとしては高価なAlldocube X1。高価なことはあり、デカコアのサクサクなレスポンスとディスプレイの鮮やかさ、Eye comfortモードによる視認性のよさは特筆すべきものがあり、価格に見合うタブレットです。

 

▼GearBestの価格情報

Gearbest ALLDOCUBE X1
ALLDOCUBE X1

 

GearBest 関連記事

GearBestでの購入手続き実践編。実際の購入にあわせ 画像で概説

GearBest 海外通販、DHL 香港から日本まで配送期間・経緯を公開

GearBest、実例による中国から日本まで配送期間・経緯を公開

GearBestへの出荷督促手順を事例で紹介、督促は簡単・回答も即受領

端末レビュー(Android)
スポンサーリンク
kenkenをフォローする
スポンサーリンク
おすすめの8インチタブレット
Teclast M89

・7.9インチ、MTK8176 6コア、メモリ 3GB、ROM 32GB
・iPad miniと同じ解像度、サイズはiPad mini 2,3とほぼ同じ
・iPad miniのケース等が活かせるかも
・OSはAndroid 7.0
・価格は150ドル前後

Alldocube X1

・Alldocubeのハイエンド機
・8.4インチ、Helio X20 10コア、メモリ 4GB、ROM 64GB、LTE対応
・解像度 2560 x 1600、Eye comfortモードを備え視認性よし
・OSはAndroid 7.1
・価格は240ドル前後だが、価格以上の価値あり

Teclast P80 Pro

・Amazon Fire HD 8対抗(?)の8インチタブレット
・CPUはFire HD 8と同じMTK8163 4コア
・メモリ 2GB、OGSスクリーン、1920×1200の解像度、アルミ製ボディはHD 8より優位
・OSはAndroid 7.0
・価格は100ドル前後

Win And I net

コメント