RAM 4GB, 8コア FHDの10型Androidタブが約12,500円。ALLDOCUBE iPay 20のスペックと特徴

Android 10、GPS搭載の10インチタブレットとしてリリースされた「ALLDOCUBE iPay 20」。最大の特徴は、コスパに優れたCPU「SC9863A」を搭載することにより、Banggoodのクーポン価格は 116.99ドルと安価であること。私の同CPUの使用感では、ゲームには向かないものの、Webサイト閲覧や動画視聴、SNSなどの使用なら普通に動作します。

スポンサーリンク

ALLDOCUBE iPay 20のスペックと特徴

ALLDOCUBE iPay 20のスペックは以下となります。特徴は メモリ 4GB、ストレージ 64GB、FHD、GPS、(対応バンドが狭いためおまけ程度ですが)LTE対応と、機能・装備を抑えていないにもかかわらず、8コアの安価なCPUを採用したことにより、クーポン価格 116.99ドルと安価なこと。

CPUUnisoc SC9863A 8コア、最大 1.6GHz
GPUGE8322
メモリ4GB
ストレージ64GB
ディスプレイ10.1インチ、解像度 1920 x 1200、IPS
WiFi11a/b/g/n/ac
LTEFDD:B1/2/3/5/7/8/20/28AB  TDD:B38/39/40/41
Bluetooth / GPSBluetooth 5.0、GPS 搭載
カメラリア 3百万画素、フロント 2百万画素
バッテリー容量6000mAh、充電はUSB Type-C
サイズ(本体)245.2 x 149.4 x 7.95mm、450g
OSAndroid 10

 

Dragon Touch Max 10 実機レビュー、8コア / RAM 3GB搭載で動画視聴に適した10インチタブレット
Amazonでは多くのAndroid タブレットが販売されていますが、人気製品の一つが7月18日時点でAmazon's Choiceにもなっている「Dragon Touch Max 10」。Amazonでのクーポン適用後の販売価格は...

▲私は同CPUを搭載する上記のDragon Touch Max 10(Amazonで約13,000円。8/7時点のクーポン利用価格)を所有していますが、それとの比較も含め、コメントは以下です。

  • Max 10と同価格帯ですが、RAM 3GB / ROM 64GBのMax 10に対して、iPlay 20はRAM 4GB / ROM 64GB。海外通販でも販売されているALLDOCUBE / Teclastなどのブランドの製品は、Amazonでの販売が主体のブランドよりも容量が大きい傾向があります。
  • カメラの画素数は小さいですが、AppleやHuaweiなどの大手以外のタブレットのカメラはおまけ的な要素が大きく、カメラはメモ書きの代替程度と見做すべきです。
  • タブレットでBluetoothを多用することはないと思いますが、Bluetoothが4.0 / 4.2ではなく5.0であること、この価格帯でGPS搭載であることは立派です。
  • 私はMax 10のAnTuTu ベンチマークを計測していませんが、TecTabletsのレビュー動画によると、そのスコアは11万弱。
  • 11万は立派なスコアですが、私の体感レスポンス的には8万前後といったところ。速くはなく、極端に遅くもなく、Google ChromeのWebサイト閲覧程度では普通に使えます。

 


▲こちらはTecTabletsのレビュー動画。こちらでのコメント(1〜3)と私の感想(4以降)も含めて、以下のとおり追記します。 全般的に、決してサクラ的なコメントとなることのない同サイトのレビュー動画ですが、私の想像以上に高評価となっています。

  1. この価格帯としては、レスポンス、ディスプレイ、スピーカーはよい。
  2. ただし、エントリークラスのCPUのためにゲームには向かない。
  3. 時々、UIにタイムラグがあることも。
  4. UIタイムラグで気になるのが、動画の4分あたりで表示されている「明るさ調整のバグ」。個体差だと思いますが、調整バーと離れた位置でのスライドで反応し、しかもかなり遅い動きです。このようなバグははじめて見ました。
  5. 製品紹介のイメージ画像ではベゼルを狭く見せがちですが、iPlay 20はイメージ画像とおぼ同じベゼル幅であり、他の10インチタブレットよりも細くなっています。
  6. 明確に感じとることはできませんが、ディスプレイの色合いは良好で、視野角も十分広く、TecTabletsのクリスさんも評価しています。

外観と機能

ベゼル幅を狭く見せる傾向のある中国製品のイメージ画像にあって、本製品のイメージ画像は比較的 実製品に近い画像となっており好感が持てます。

 

▼私のヒアリング能力がイマイチなのか、TecTabletsのレビュー動画では「背面はプラスチック」と聞き取ったつもりだったのでしが、「背面は金属製」とあります。ALLDOCUBEやTeclastの端末は、安価な製品でもアルミ製の背面であることが多いです。

 

▼レビュー動画で評価されていたスピーーカー。独立したパワーアンプによるデュアルスピーカーとあります。

 

▲▼安価でも、メモリ 4GBにストレージ 64GB、GPSにLTE対応、バッテリーは6000mAhと大容量。コスパに優れたCPUを使用していること以外の妥協点はカメラの画素数のみ。

まとめ

私はALLDOCUBEのタブレットを2製品所有していますが、Teclastの製品と比較してもクセやバグが少なく(ALLDOCUBEと同一製造元の製品もありますが)好感を持っています。TecTabletsでも言及されていますが、この価格帯でのタブレットとしてはベストな製品のひとつ。ただし、レスポンスには過度の期待をせず、Webサイトの閲覧や動画視聴、SNSなどのライトユースを想定したものです。

 

▼Banggoodの販売価格は、クーポン「BG188e6b」の利用により 113.99ドル(安値更新)、約12,500円。8/14まで

Alldocube iPlay 20 SC9863A Octa Core 4GB RAM 64GB ROM 4G LTE 10.1 Inch Android 10.0 Tablet
Only US6.99, buy best alldocube iplay 20 sc9863a octa core 4gb ram 64gb rom 4g lte 10.1 inch android 10.0 tablet sale online store at wholesale price.

▼対抗はこちらのTeclast P20HD

Teclast P20HD、人気の10型タブ P10HDがデザイン変更、RAM/ROM増量で新登場
最近のTeclastは元気がないと感じていたところで、2020年初めの人気製品「P10HD」の後継機種「P20HD」がリリースです。P10HDのCPUであるSC9863Aは変更なしですが、背面のカラーがブラックからシルバーへと、より...

コメント

タイトルとURLをコピーしました