AliExpress ブランドイベント、Xiaomi Pad 5、Blackview、Beelinkなどのセール情報

AliExpressでは、日本時間の12月5日 17時から12月10日 16時59分まで「ブランドイベントセール」を開催し、Xiaomi / Teclast / CHUWI / Blackview / OnePlus / UMIDIGIなどの日本でも人気のブランドの製品がセール対象となっています。今回はこれらのセール対象ブランド・製品のうち、一部をピックアップしました。

AliExpress、ブランドイベント 総合会場

Xiaomi

AliExpressのXiaomi Mi Storeでは、12T Pro / Redmi Note 11 Pro / Rdemi K40S / Redmi Padなど、多くの製品がセール対象となっています。

公式ストアはこちら

AliExpress、Xiaomi 公式ストア

 

おすすめの製品は多数ありますが、国内通販との価格差が大きい端末は、国内でも大人気の「Xiaomi Pad 5」。Snapdragon 860にメモリ 6GB、11インチに4スピーカーと、中国新興ブランドの製品と比較すると ツーランクほど上のスペック(ただし、LTE未対応、GPS未搭載と全部入りではありません)。

2022年12月4日時点のストレージ 128GB版のAmazon 価格 59,800円に対して、AliExpressのセール価格は 44,205円(為替レートによる変動あり)と 1万5千円ほどの価格差があります。

 

▼Xiaomi ブランドのタブレットで価格優先なら こちらの「Redmi Pad」。最小構成のメモリは3GBと少ないものの、Helio G99により、AnTuTu ベンチスコアは約38万と普段使いではキビキビと動作します。また、約7mmの薄さで重さは 445gと軽量、4スピーカーを搭載しています。

Xiaomi Redmi Pad、Helio G99搭載の10.61インチタブ。ユニボディの美しいデザインに4スピーカーを搭載
Xiaomiから、CPUに6nm プロセスの「MediaTek Helio G99」を搭載する 10.61インチタブレット「Xiaomi Redmi Pad」がリリースされています。8000mAhの大容量バッテリーを搭載しつつも、約...

CHUWI

Android タブレットにノートPC、ミニPCなど、国内通販でも多くの製品を販売している CHUWIもセール対象となっています。ただし、価格を参照したところ、AmazonやCHUWI 公式ストアが安価な事例が散見されるため、CHUWIは参考情報としての掲載です。

 

▲Snapdragon 680、メモリ 8GB、4スピーカーの「CHUWI HiPad Max」。12月4日現在では CHUWI 公式ストアが安価です。

CHUWI HiPad Max 実機レビュー、スナドラ 680/ RAM 8GBにより快速、明るい液晶 / 4スピーカーにより 動画視聴も快適なAndroid 12 タブレット
今回レビューする製品は、10.36インチのAndroid タブレット「CHUWI HiPad Max」。CPUに Snapdragon 680、メモリ 8GB、ストレージは128GBのUFS 2.2、4スピーカーにLTE対応と豪華な...

Blackview

AliExpressのBlackview 公式ストアでは、最近発売となったタブレット Tab 13にTab 15、スマホの多くがセール対象となっています。

公式ストアはこちら

AliExpress、Blackview 公式ストア

 

▲▼見出し下の写真は以下の記事で実機レビューの「Tab 13」。CPUにAnTuTu ベンチスコア 約25万となる MediaTek Helio G85を搭載し、搭載事例の多い UNISOC T618よりもハイスコア。金属製ボディで質感も高いもの。セール期間中は 151.99ドルでの販売です。

Blackview Tab 13 実機レビュー、Helio G85を搭載し AnTuTu スコア以上にキビキビと動作、アルミ製の背面も上質
今回レビューする製品は、Blackviewの10インチタブレット「Tab 13」です。他社製品も含めて、ミドルレンジの10インチタブレットでは、CPU(SoC)に「UNISOC T618」を搭載する製品が多いなか、本製品は「Medi...

 

▲▼こちらは以下の記事で実機レビューの、ハイエンドなタフネススマホ「BL8800」。CPUに AnTuTu ベンチスコア 約35万となるDimensity 700を搭載し、メモリ 8GB、ストレージ 128GB UFS 2.1、リアカメラは50百万画素、さらには暗闇で効果のある Night Visionを装備しています。基本スペックが高いことから、メインスマホとしても十分に使用できます。

Blackview BL8800 実機レビュー、AnTuTu スコア 約35万、RAM 8GB搭載で快適動作のタフネススマホ
Blackviewから発売のタフネススマホ「BL8800」。CPUに AnTuTu ベンチスコア 約35万となるDimensity 700を搭載し、メモリ 8GB、ストレージ 128GB UFS 2.1、リアカメラは50百万画素、さ...

Beelink

ミニPCの老舗ブランドである「Beelink」も今回のセール対象となっています。国内通販でも人気のU59シリーズ / Mini Sなどのエントリー機も安価で販売されていますが、ここで掲載する製品は国内通販で未販売のハイエンド機「GTR6」。

公式ストアはこちら

AliExpress、Beelink 公式ストア

 

CPUにAMD Ryzen 9 6900HXを搭載し、他ブランドも含めたミニPCとしては「MINISFORUM UM690(紹介記事はこちら)」と並び、ハイエンドな構成です。なお、GTR6など、Beelinkのハイエンド寄りのミニPCは、メモリはCrucial、SSDはKingstonの大手ブランドのパーツを採用していることを明記し、安心感に繋がります。

 

Beelink GTR6 がリリース。AMD Ryzen 9 6900HX、8K出力 HDMIを4ポート、PCIe 4.0 x 4 SSD装備のハイスペックミニPC
ミニPCやTV Boxの老舗ブランド「Beelink」より、CPUに AMD Ryzen 9 6900HXを搭載するミニPC「Beelink GTR6」がリリースされました。2022年10月16日時点では公式サイトでの予約注文、出荷...

 

▼こちらで実機レビューのSER5シリーズ、U59シリーズもセール対象となっています。

Beelink SER5 ミニPC 実機レビュー、AMD Ryzen 5 5560U / RAM 16GBを搭載しキビキビ動作、通常作業時には無音で作業効率もアップ
今回レビューする製品は、CPUに6コア12スレッドの「AMD Ryzen 5 5560U」を搭載するミニPC「Beelink SER5」。標準構成でメモリ 16GB、PCIe SSD 500GBを装備し、OSはWindows 11 ...
Beelink U59 Pro ミニPC 実機レビュー、Jasper Lake N5105を搭載し ベンチスコアは第5世代 Core i5と同水準、ほぼ無音の静音性
国内外通販で販売のミニPCでは「Beelink U59(Celeron N5095を搭載)」が売れ筋の一つですが、今回レビューする製品は Celeron N5105を搭載の「Beelink U59 Pro」。無印のU59との比較では...

その他ブランドのセール会場

その他の主要ブランドのセール会場は以下です。これまで認識していなかったのですが、Intel Nucの公式ストアもあり、セール対象となっています。

 

コメント

楽天市場 人気製品

タイトルとURLをコピーしました