AliExpress Black Friday セール、OnePlus 8T、ハイエンドミニPCなどの価格事例(11/23〜11/28まで)

日本時間の11/23 午後5時から11/28 午後4時59分まで開催の「AliExpress Black Friday セール」。先日の11.11セールと同様に、多くのブランドの製品がセール対象となっています。今回はこれらのセール対象の製品のうち、CHUWI、Jumper、Xiaomi、OnePlusなどの一部のセール事例を掲載しました。

総合会場はこちら

CHUWI

AliExpressの大規模セールのよいところは、多くのブランドでオフィシャルストアが用意されているために、特定のブランドの製品をまとまって確認できること。CHUWIの製品も大規模セール時には必ずセール対象となっています。

AliExpress、CHUWI オフィシャルストア

Hi10 XR

そろそろボディを刷新してほしい Hi10 シリーズですが、従来機のHi10 XのCPU Gemini Lake N4100からN4120へとわずかにスペックアップ。体感できるほどのレスポンスアップではないのですが、Hi10と同様に、Webサイト閲覧やWordなどの軽いアプリでは普通に動作します。

Atom Z8350を搭載していた Hi10 Proのマイナスポイントであった WiFi接続の感度が弱いことも大きく改善されています。ただし、キーボードに変更はなく、キーはやや硬く タッチパッドが敏感すぎることには要注意です。

 

▼キーボードとのセット価格は 275.68ドル

Hi10 XR キーボードセット

 

▼従来機のHi10 Xの実機レビューはこちら

CHUWI Hi10 X 実機レビュー、Gemini Lake N4100搭載でHi10 Pro / Airより快適さは大幅アップ、WiFiの安定度も大きく改善
Gemini Lake N4100を搭載のCHUWI Hi10 X。Hi10 Pro、Airから大幅スペックアップ。Hi10 Proでは遅延を感じていた動作も、CPUの恩恵によりサクサクと動作し、Hi10 Proで課題のWiFiの安定度・速度も大きく改善

CoreBox X

CHUWIからこの数ヶ月にリリースされた製品としては、GemiBook / GemiBook Pro / CoreBox X / HeroBook Plusがありますが、私のおすすめはスペックが上位のCoreBox X。CPUはインテル 第7世代のCore i5-7267U、メモリ 16GBと、データ量の多いExcelやAccessでも快適に動作します。惜しいのは、SSDがより高速なPCIe接続ではなく、PCIe SSDであること。

 

▼セール期間中は489.99ドルで販売に。

CoreBox X

Jumper

2019年末以降、新製品の発売が少ないJumperですが、製品数は少ないながらもセールを行っています。2018年度に人気のYOGAスタイルで11.6インチのX1もセール対象となっています(記事内では未掲載)。

AliExpress、Jumper オフィシャルストア

EZbook X3 Air

13.3インチ、Gemini Lake N4100、メモリ 8GB、128GB SSDとエントリークラスとしては標準的なスペックながらも、「Air」のネーミングどおりに 11.5mmの薄さと1.06kgの軽さが大きな特徴。私としては、これでシルバーのボディ色があるとよりよいのですが。ディスプレイはもちろん、FHDのIPSパネルです。

 

▼ポート類は、USB 3.0 / USB 2.0、USB Type-CにMini HDMIと十分です。

 

▼セール期間中は340.17ドルで販売に。

EZbook X3 Air

 

▼製品の詳細記事はこちら

Jumper EZBook X3 Airが発売に。最薄11mm、1.1kgの軽量級13.3インチノート
JumperからリリースされたEZBook X3 Air。その名のとおり最薄11mmの薄さを特徴とし、Gemini Lake N4100、メモリ 8GBを搭載する13.3インチノートです。また、EZPad Pro 8と同様に、天板の...

EZpad Pro 8

11.6インチ・FHD・IPSパネルの2 in 1 タブレットとなるEZpad Pro 8。Apollo Lake N3450と、Webブラウジングやブログ記事編集を普通に行うことができるミニマムなCPUですが(これより下位のN3350やAtom Z8350では厳しい)、メモリは8GBと十分(ストレージは128GB)。

 

▼横幅いっぱいに広がるキーボードにより、キーピッチも大きいように思います(サイズの記載はありません)。

 

▼セール期間中は263.43ドルで販売に。

EZpad Pro 8

 

▼製品の詳細記事はこちら。以下の記事の時点(発売セール時)よりもやや割高。

Jumper EZPad Pro 8、11.6型 2in1がキーボード付 255.99ドルで新登場。EZPad 6S Proの後継、CHUWI Hi10 Xへの対抗か
2020年となり新規製品のリリースの勢いが弱まっているように思えるJumperですが、GearBestで EZPad Pro 8が販売されているのを発見。スペック・デザイン的には、EZPad 6、6S Proの後継となる製品です。 ...

Xiaomi、OnePlus

Xiaomi、OnePlus、UMIDIGIなどの日本で人気のブランドもセール対象となっています。安価なエントリークラスのスマホは、Amazonの価格と大きく変わらないために(差があっても本体価格が安いために、納期などを考慮するとお得感は小さい)、狙いとしてはミドルレンジ以上のスマホ。

AliExpress、Xiaomi オフィシャルストア

AliExpress、OnePlus オフィシャルストア

POCO X3

AnTuTu ベンチマーク v8のスコア 30万越えのSnapdragon 732Gを搭載する「POCO X3」。メモリ 6GB / ストレージ 64GBのバージョンは209ドルと安価ながらも、6.67インチのディスプレイは、画面のスクロールなどが滑らかな 120Hzのリフレッシュレートで、64百万画素のメインカメラ、サイドの指紋認証を搭載しています。Redmi Note 9S / 9 Proもコスパは高いのですが、このPOCO X3も侮れず。

 

▼バッテリーも 5160mAhと大容量

 

▼セール期間中は209ドルで販売に。

POCO X3

▼製品の詳細記事はこちら

POCO X3、Redmi Note 9 Proとのスペック、外観の簡易比較
海外の各通販サイトで販売開始となった「POCO X3」。Snapdrangon 732G、120Hz リフレッシュ レレートの6.67インチディスプレイ、64百万画素のリアカメラを搭載するコスパに優れたスマホです。私として気になるの...

OnePlus 8T

POCO X3と同じく、120Hzのリフレッシュレートでありながらも、よりハイエンドの製品としては OnePlus 8T。Snapdragon 865に8GBあるいは12GBのメモリに、6.55インチのディスプレイはAMOLEDパネル。ストレージは高速なUFS 3.1。

 

▼セール期間中は 549ドルで販売に。

AliExpress、OnePlus オフィシャルストア

UMPC、ミニPC

UMPC、ミニPCの事例です。AliExpressの場合、UMPC、ミニPCともに他の海外通販サイトでは販売していない製品も豊富に取り揃えていることが特徴です。

AliExpress、GPD オフィシャルストア

AliExpress、Topton オフィシャルストア(ミニPC)

GPD Pocket 2 Max

私がメイン利用のUMPCは8インチの「CHUWI MiniBook」。7インチの「ドンキ NANOTE」も所有していますが、快適なタイピング環境としては8インチ以上がおすすめ。その意味では、8.9インチの「GPD Pocket 2 Max」あるいは「Magic-Ben MAG1」も候補となります。双方ともに、YOGAスタイルではなく、通常のPCをそのまま小型化したようなクラムシェル型でタッチパッドを備えていることが大きな特徴。CPUにはCore m3-8100Yを搭載し、サクサクと動作します。

 

▼GPD Pocket 2 Maxは 732.06ドルで販売に。

GPD Pocket 2 Max

 

▼こちらは Magic-Ben MAG1の実機レビュー

Magic-Ben MAG1 実機レビュー、狭額ベゼルで極薄の粋なUMPCは液晶の明るさも抜群。タイピングも違和感なし
Core m3-8100Yを搭載するUMPCのMagic-Ben MAG1。8.9インチのクラムシェル型のPCとなり、そのスタイル・デザインのよさとLTE対応版も販売されていることもあり、UMPCのなかでも特に気になる存在です。この...

Topton ハイエンド ミニPC

エントリークラスからハイエンドまで、多くのミニPCを販売するToptonから、ハイエンドのミニPCの紹介です。上の画像のとおり、第8世代から第10世代のCPUから任意に選択可能ですが、Core i7-10750H、メモリ 16GB、NVMe対応 SSD 256GBの場合の価格は 584.82ドルとコスパの高いもの。

留意事項としては、さらに上位のCPUを選択した場合、以下で記載のApple M1チップのMac miniも同価格帯となります。ベンチマークスコアとしては、新しいMac miniが大幅に優位です。

Apple M1チップのMac mini、同価格帯のWin 10 ミニPCとのスペック・ベンチマークの比較
Apple M1 チップとなった、新しいMac mini。インテルのSoCを搭載するノートPC・ミニPCとは比較にならないほどのベンチマークスコアとなり、ミニPCを多く搭載している当サイトとしては見逃せない製品です。そこで今回は、M...

 

▼Core i7-10750H、メモリ 16GB、NVMe対応 SSD 256GBの場合は 584.82ドル

Topton ハイエンド ミニPC

 

ThinkPadなどのパーツもセール対象

AliExpressでは有難いことに、ThinkPadやMacBookなどのPCパーツも豊富にそろっており、マザーボードやボトムケースの大きなパーツや、タッチパッドにネジなど小さなパーツまで販売しています。さらに、Jumperなどの新興ブランドのパーツの販売事例もあります。私はThinkPadのスクリーンやバッテリー、Jumperのキーボードなどを購入したことがあり、パーツ類で困ったらAliExpressを参照するとよいでしょう。

今回のような大規模セールにおいては、セール対象となるパーツは限定されますが、大きなパーツはセール時狙いも得策です。ただし、納期は1カ月超となることが多く注意が必要。

 

▼こちらは参考までに「ThinkPad X1 Carbon」での検索事例です。

ThinkPad X1 Carbon、パーツの販売事例

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました