自動ズームインアウト機能を搭載のWebカメラ「AI Webcam Jupiter」が2月に発売予定

在宅勤務やオンライン面談などにマッチする Webカメラやスピーカーフォンを多く展開する「eMeet」から、AI搭載のWebカメラ「AI Webcam Jupiter」が、2021年2月に発売予定です。最大の特徴は「AIによる自動認識機能」を搭載すること。当機能により、カメラに搭載されたAIが、会議参加者の動きを認識し、話している参加者全員がカメラに映るように、自動でフォーカス、ズームインアウトを行うようになっています。

引用元

AI搭載ウェブカメラ『AI Webcam Jupiter』2021年2月に新発売

スポンサーリンク

AI Webcam Jupiterの概要

2021年1月19日現在の情報源は上記の記事がメインとなりますので、当製品の特徴については、上記リンク先記事を、概ねそのまま引用させていただきました。

 

カメラ解像度1080P (FHD)、アスペクト比 16 : 9、30fps
画素数未確認
視野角96度
フォーカスタイプAI Focus
搭載マイク数4基
搭載スピーカー数1基
付属品画面保護カバー、USB Type-Cケーブル、説明書、セキュリティ資料、保証書
対応OSWindows、MacOS
互換ソフトFacetime, Zoom, Skype, Skype for business, Microsoft Lync, Google Hangout, Goto meeting, Bluejeans, webex, braodsoft, lifesize, Line,Slack

 

スペックは上記となりますが、マイクを4基を搭載するうえに、スピーカーを装備していることも特徴の一つ。冒頭のリンク先記事には、以下の特徴が掲載されています。

  1. 同種の他社製品よりもリーズナブルな価格
  2. AIによる自動認識機能を搭載
  3. カメラ・マイク・スピーカー機能を搭載
  4. 専用ソフトで細かな調節が可能
  5. 主要OS・ソフトウェアとの互換性あり

 

上記1の「同種の他社製品よりもリーズナブルな価格」については、販売価格は23,000円とのことですが、「AIによる自動認識機能を搭載」がどの程度のものかによって、見極める必要があると思いますので、今後の実機レビュー記事など待って確認します。

 

▼正面は、②レンズ、③レンズマウント、④マイク、⑤可動部、⑦取付用架台。⑤と⑦でディスプレイを挟んで取り付けます。スピーカーの位置は確認できず。

 

▼背面は、②USB Type-Cポート、③ディスプレイ取付用のツメ(保護材あり)、④スタンド・三脚取付用の穴。

Webカメラでは、USBケーブルが直付けされていることが多いのですが、ケーブルが脱着式のため、収納時にかさばることもありません。

AIによる自動認識機能

最大の特徴となる「AIによる自動認識機能」により、「カメラに搭載されたAIが、会議参加者の動きを認識し、話している参加者全員がカメラに映るように、自動でフォーカス、ズームインアウトを行う」ことができます。また、光量の自動調節機能も備わっているようです。

安価なWebカメラでは、広角であることはよいものの、人物が小さすぎて表情まで読み取れないことがありますが、ズームインアウト機能がどれほど滑らかなものか、ぜひ実機やレビュー記事で確認したいものです。

専用ソフトで細かな調節が可能

WindowsとMAC双方に対応し、視野角や映像の効果などを調整できる専用ソフト「eMeetLink」は、以下よりダウンロード・インストールできます。

eMeetLink、ダウンロードサイト

 

▼左の項目には、解像度、画像の倍率、調光の項目があり、当アプリで変更できるようです。

まとめ

eMeet社のWebカメラは、Amazonの同カテゴリーでベストセラーとなることが多いのですが、当製品のAIカメラによる自動フォーカス、自動ズームインアウトの使い勝手はいかほどのものか、また、2月の販売以降のAmazonでの販売動向をウォッチしたく思います。

引用元
AI搭載ウェブカメラ『AI Webcam Jupiter』2021年2月に新発売

コメント

タイトルとURLをコピーしました