addlink PCIe SSDの実機ベンチマークスコア、256GB 6,000円弱で読込約 3200MB/sと高コスパ

NVMe対応 PCIe接続のM.2 SSDとしては安価ながらも、Amazonのレビューを参照すると意外と速い addlinkのS70。物は試しと256GBのSSDを購入し、Windows 10の起動ドライブ化しました。PCIe Gen 3 x 4、NVMe 1.3のインターフェイスとなる本製品ですが、公表値の読込最大 3500MB/sにはやや及ばないものの、発熱も抑えられており、6,000円弱の価格としては十分に満足な製品です。

スポンサーリンク

購入した addlink S70 PCIe SSD

addlinkはメジャーなブランドではありませんが、公式サイトは日本語にも対応しており意外と立派です。今回購入した製品の型番はS70ですが、同社のPCIe SSDとしてはミドルレンジに位置するもの。ハイエンドのS90は読込最大 5000MB/sとあります。公式サイトではS70は読込最大 3500MB/sとありますが、Amazonの製品紹介では、読込最大  3500 / 3400 / 3000と複数の表記があり、混乱してしまいます。

 

▲鮮やかな赤のロゴが入っています。両面実装と思いきや片面実装でした(容量の大きいものは両面か?)。片面実装の製品が少ないなか、それまでミニPCで使用していた片面実装のシリコンパワー製を、以下のThinkPad X1 Carbonに転用、両面実装の本製品をミニPCで使用としていたのですが、片面実装なら X1 Carbonに本製品の使用もありでした。

ThinkPad X1 Carbon 2016モデルをPCIe SSDに換装、ベンチマークスコアと使用感
ヤフオクにて ThinkPad X1 Carbon 2016、Core i5-6200U、メモリ 4GBのモデルを約2万円で落札。メモリ 4GBと少ないことは承知のうえですが、PCIe SSDに対応する2016モデルですので、他のP...

 

▲▼Core i7-8565Uを搭載するミニPC「NVISEN Y-MU01」に取り付けています。

実機レビュー、Core i7-8565U搭載のミニPCベアボーン「NVISEN (EGLOBAL) Y-MU01」。PCIe SSD取付によりさらに快速に
Whiskey Lake Core i7-8565Uを搭載するミニPC ベアボーン「NVISEN Y-MU01 (EGLOBAL MU01)」。第8世代の最新CPUを搭載し、PCIe / SATA 双方のSSDに対応する製品です。中...

 

▼簡易的なヒートシンクを取り付け。

 

▼早速、Windows 10の起動ドライブ化しましたが、正常に認識・稼働しています。

ベンチマークスコア、SSDの温度

続いて、CrysralDiskMark v7のベンチマークスコア、SSDの温度と使用感です。取り付けたPCは上記の「NVISEN Y-MU01」。

 

▼上は今回購入の addlink、下は上の記事のミニPCで取り付けていた(現在はX1 Carbonで使用)のシリコンパワー製(Amazonはこちら)。addlinkは4回ほど測定しましたが、安定してほぼ同スコアとなり、シリコンパワー製を上回っています。

 

▼ベンチマークの計測時のSSDの温度は、最大 52℃と良好。実際に触ってみても、シリコンパワー製のSSDほどに熱を感じません。

まとめ

約6,000円で約1,000円高のシリコンパワー製のベンチマークスコアを上回り、現在のところは発熱も抑えられているaddlink S70。そのコスパの高さはかなりのもの。公式サイトを参照すると、大手ブランドとは異なり OSクローンのソフトは用意されていませんが、Windows 10の新規インストール・再インストールでの使用なら購入もありです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました