ACEPC CK2、やっと見つけた PCIe SSD搭載可能な安価なミニPC

PCIe SSDを接続可能な安価なミニPCを探していたところ、以前に紹介のVORKE V2 Proのシリーズに続く2製品目となる「ACEPC CK2」があることを確認。ミニPCというよりも、本来的にはベアホーンとなり、メモリ・SSDはユーザーにて取り付けとなります(メモリ、ストレージ付も販売されています)。今回は、この「ACEPC CK2」の基本スペックなどを確認していみます。

 

関連記事

第8世代 Core i7,NVME SSD搭載で約530ドルのミニPC VORKE V2 Proの概要を確認してみた

ACEPC CK2のスペック

ミニPCを販売するメーカー・ブランドのなかでも、特に安価な価格設定となっているACEPC。私はApollo LakeのミニPC 「ACEPC AK1」を持っていることもあり、以前からACEPCの製品情報をウォッチしていたのですが、おそらくCK2は新製品。海外サイトを確認してみたのですが、AK1と混同しているサイトもあります。

前述のとおり、基本的にはベアホーンの位置づけの本製品ですが、そのスペックは以下となります。

 

  • CPU: Core i5 7200U
  • GPU: Intel HD Graphics 620
  • メモリ: DDR4L 2133 MHzをユーザー取り付け。16GBまで対応
  • ストレージ: M.2 2280サイズのNVME / SATA III SSDをユーザー取り付け
  • WIFI: 802.11 a/b/g/n/ac
  • Bluetooth: 4.0
  • ポート類: USB 3.0 ✕ 4、USB 3.0 ✕ 2、HDMI、DP、VGA、有線LAN
  • System Bit: 64Bit
  • サイズ : 14.00 x 14.00 x 4.50 cm、300g
  • OS : プレインスールなし、Windows / Linuxに対応

 

上記はGearBestで販売のモデルであり、AliExpressではCore i5-7200U / Core i7-7500U 、メモリ、SATA SSDを搭載したモデルも販売されています。

 

▼CK2の特徴は、PCEi SSDを搭載可能なこと、CPUはCore iシリーズとなることですが、ミニPCらしく、ポート類は豊富。USBポートは6個もあります。HDMIポート × 2ではなく、HDMIとDisplayPortの2つを備えていることは珍しい。

▲上部に銅製のヒートシンクと思えるものがありますが、ACEPC AK1から察すると銅調塗装のプラスチック素材。AK1の場合、以下の記事にてプラスチック素材であることを確認しています。

ミニPC ACEPC AK1をSSD化。出費5,000円でApollo Lake機が更に快適に
先ほどの記事「Apollo Lake、RAM4GBで1万円半ばのミニPC、ACEPC AK1の実機レビュー」に続き、起動ディスクをeMMCからSSDに換装してのレビューです。 端末を提供いただいたGearbest様のサイトには...

 

▼こちらにある「Mute heat dissipation desin」が何を表しているのか読み取れず。ファンレスではないと思いますが、静音性をアピールしているのは確かです。

▲▼私の所有するACEPC AK1では、小さなファンが高回転するノイズがやかましかったのですが、CK2のファンノイズはいかがなものか。大きなポイントとなりますが、海外のレビュー記事は現在のところ見つからず。

ミニPC「ACEPC AK1」をヒートシンク追加によりファンレス化してみた。やかましいCPUファン音の課題が解消
Apollo Lake Celeron J3455 (N3450相当)を搭載したミニPC「ACEPC AK1(Gearbestさんよりサンプル提供いただいたもの)」にSSDを増設・換装し、メインPC並みに快適に使用しています。がしか...

 

ACEPC CK2の価格とメモリ・SSDの選択事例

ACEPC CK2の価格ですが、ベアホーンをベースにPCIe SSDを組み合わせた事例と、メモリ ・SATA SSDのセット販売の2パターンで表示しています。よりコスパが高いのは、セット販売モデルとなります。

ベアホーンベースのPCIe SSDの場合

▼GearBestでの2019年2月19日時点の価格は269.99ドル(29,969 円)

Gearbest ACEPC CK2
ACEPC CK2

 

▼メモリの相性は確認できませんが、DDR4-2133(PC4-17000) 8GBは6,170円

 

▼M.2 2280サイズ、PCIe 250GB SSは9,255円

 

▼こちらは国内の販売店。512GBながらも安価です。

私はSATAのSUNEAST社のSSDを使用していますが、ベンチマークスコアもなかなかの製品です。

120GBで四千円。安くてベンチマークスコアも高い、SUNEAST SSDのレビューとラインナップ
先日、ミニPC「Alfawise T1」にM.2 SSDを増設したのですが、これで我が家のPCのSSD増設・換装は5台目。今回のAlfawise T1に使用した、通販で最も安価なSUNEASTの製品は意外とパフォーマンスが高く驚くこ...

 

OSはLinuxを使用する前提での合計は、本体 29,969 円 + メモリ 6,170円 + SSD 9,255円 = 45,394円

さらに、Window 10 Home 64bitとする場合には(Amazon)、 約15,000円を加算して合計約6万円となります。

一方、以下で紹介のVORKE V2 Pro (Core i7-8550U、8GB DDR4 RAM、256GB NVME SSD、Ubuntu 16.04)の、2019年2月19日時点の価格は58,734円。 上記の組み合わせ 45,394円のコスパがより高いと言えそうです。

第8世代 Core i7,NVME SSD搭載で約530ドルのミニPC VORKE V2 Proの概要を確認してみた
海外通販サイトで多くの製品が販売されているミニPC。コスパの高さからエントリークラスの製品に目が向いてしまうのですが、ハイスペックで魅力的な製品も販売されています。 その一つがGeekbuyingで販売するVORKE V2 P...

 

メモリ ・SATA SSDのセット販売

一方、こちらはAliExpressで販売の、メモリ 8GB、SATA SSD 120GBがセットになった、Core i5-7200Uのモデル。同サイトの製品紹介では、Windows 10がプレインストールされているとの記載があります(購入検討時には、念のためにAliExPressに確認したほうが無難)。

 

AliExpress

 

2019年2月19日時点の価格は33,409円と、Windows 10がプレインストールされていることを考慮すると、上記のベアホーンよりもお得感があります。

仮に、約1万円を出費し、PCIe SSD 250GBに換装した場合にも、約4,3000円。断然、魅力度が増します。

まとめ

以前から探していた、PCIe SSDを搭載可能なコスパの高いミニPCですが、2019年2月19日時点では、このACEPC CK2がベストとの認識です。

私は、PCIe SSDの端末として、One Mix 2Sを注文済ですが、このACEPC CK2にする選択肢もありましたね(One Mix 2Sの注文時には、その存在に気付かず)。

 

やはりポチったOne Mix 2S、購入した決め手と使用目的。GPD Pocket 2、Falconとのスペック比較も
ついにOne Mix 2Sをポチリました。コスパは高いものの、安い製品ではないだけに悩みましたが、このスペックをみると物欲には勝てず。現在(2月11日時点)は出荷待ちの状況ですが、10日後あたりには、初回のレビューを投稿しているかと...

 

コメント

  1. ジャスミン より:

    この記事で知って、CK2のWin10搭載モデルを注文しました。
    Aliexpress初めて使いましたが、2/28に注文→3/8に到着しました。

    記載通り、Windows10 Homeがプリインストールされてたため、日本語設定にして使っています。さすがPCIeSSDは爆速で、メインPCとして十分使えますね。3万ちょっとのマシンでこんなに快適に使えるとはコスパ最高です。

    いい情報ありがとうございました。