ミニPCにHDDを増設、SSD,eMMC,HDDの3ドライブ構成に

Stick PCと異なり、ミニPCの楽しさは拡張性が高いこと。その拡張性については、各社が小さなボディに工夫を凝らしているのですが、ACEPC AK1の場合には裏蓋を外して即 2.5インチのHDDあるいはSSDを増設できます。USB接続のため起動ディスク化はできないのですが、余っていたHDDを接続してみました。

スポンサーリンク

2.5インチ HDDを増設

ACEPC AK1の場合には、背面のネジを2本と裏蓋を外すと、簡単にUSB接続にて2.5インチ HDDを接続できます。

 

▲▼2本のネジと蓋を外すと、2.5インチのHDD・SSDを増設するスペースがあります。蓋のスリットが小さいため放熱がやや心配にもなりますが、USB接続であることからメインでの使用ともならず、特に問題はないでしょう。

なお、SATAのHDDを2TBまで増設できます。

 

▼基盤とどのように接続しているかと言うと、USB接続となっています。

▼簡単に取付完了

 

▲▼デバイスマネージャーで確認してみると、当然ながらもしっかりと認識しています。

上から順に、今回取り付けたHDD(※) 、増設・起動ディスク化したmSARA SSD、デフォルトのeMMCです。安価なPCの場合、低速なeMMCを搭載していることもあるのですが、東芝製で安心。

 

※ HITACHI HTS547550A9E384とあります。容量500GBであり、以下の記事で掲載のノートPCをSSD化する際に取り外したものですが、私の備忘録替わりに仕様を確認してみると「Serial ATA300、回転数は5400rpmのHDDです。

2012年製のLenovo IdeaPadがSSDへの換装で快速仕様に。もっと早く交換すべきだったと激しく後悔
約6年前の2012年に購入したLenovo IdeaPad Z575。家族のメイン機として使用しているのですが、Windows・各種アプリの起動・挙動が遅く、家族からの不満が続出。私もその遅さのために、ほとんど利用しなかったのですが...

 

▽こちらはSSD化の記事です。

ミニPC ACEPC AK1をSSD化。出費5,000円でApollo Lake機が更に快適に
先ほどの記事「Apollo Lake、RAM4GBで1万円半ばのミニPC、ACEPC AK1の実機レビュー」に続き、起動ディスクをeMMCからSSDに換装してのレビューです。 端末を提供いただいたGearbest様のサイトには...

 

▼参考までのCrystalDsikMarkのスコアです。

左からSSD、eMMC、今回増設のHDDとなります。やはりHDDの遅さは際立っています。

 

まとめ

あっけないほどに簡単に増設できたHDD。このように、小さなボディながらに拡張性の高いのがミニPCの楽しいところ。全てのミニPCが同様に増設できるわけではないのですが、デスクトップ並みといかなくとも、ほどほどに拡張でき、しかも安価なPCが海外で多く販売されているのも納得。

 

▼今回利用の端末は、Gearbestで販売のACEPC AK1。デフォルトのeMMCは32GBと容量は少ないために増設前提となるでしょう。

ACEPC AK1

 

ミニPC
スポンサーリンク
kenkenをフォローする
スポンサーリンク
おすすめのWindows 10 ミニPC
Beelink Gemini X45 Premium

・Gemini Lake J4105を搭載。N4100より僅かながらも優位
・メモリ 6GB、ストレージはSSD 128GB
・11cm角の小さなボディに2.5インチHDDも増設可能
・ファンを搭載しながらもファンレスなみに静か
・このスペックで3万円未満

Alfawise T1

・Gemini Lake N4100、メモリ 4GB、ストレージ 64GB
・SSDを増設、起動ドライブとして使用可。HDDの増設も可能
・ファンレス機のため静かで作業に集中できます
・2万円ちょいの価格でコスパ高い

VORKE V2 Pro
iconicon

・500ドル台半ばの価格となるハイエンド機
・第8世代のCore i7-8550U、メモリ8GB
・256GB NVME SSDの速さは圧巻、SATA接続とは別次元
・プレインストールのOSはUbuntu16.04

Win And I net

コメント