15.6インチモニターをモニターアームに搭載してみた。モニターを上下逆に取り付けると高さもよい感じ

以前からやってみたかったことが、15.6インチ ポータブルモニターをモニターアームに搭載すること。ポータブルモニターに付属のスタンドケースも携帯にはわるくないのですが、自宅での長時間の使用にあたっては、しっかりとしたスタンドにモニターを搭載したいものです。

使用のポータブルモニターは 4K 解像度のVESA マウントのある製品、モニターアームは24インチクラス用の製品の流用ですが、この組み合わせでは高さがあわず、上の写真のようにモニターの映像を上下反転するとイメージどおりとなりました。

スポンサーリンク

使用したポータブルモニターとアーム

使用したポータブルモニターは、以下の記事で実機レビューの「Dragon TouchS1 Pro」。15.6インチ 4K 解像度( 3840 × 2160)のVESA マウントを装備した製品です。さすがに、MacBookと比較すると、明るさや鮮やかさは控えめであるものの、一般的なWindows ノートと遜色ない表示品質です。

Dragon Touch S1 Pro、15.6インチ 4K モニターの実機レビュー。文字拡大もドットが目立たず、VESAマウントにも対応
Amazonにて Androidタブレットを多く展開する「Dragon Touch」から販売されている、4K 解像度のポータブルモニター「S1 Pro」。解像度以外に、100% sRGB (100%の色域をカバー)、スピーカー内蔵、...

 

 

▼ポータブルモニターとしては珍しく、75mm x 75mmのVESA マウントを装備していることも特徴の一つ。モニターの厚みとの関係で仕方がないのですが、マウントがもう少し上にあると、冒頭の写真のようにモニターを上下反転する必要もなくなります。

 

一方のモニターアームは、以下の2018年5月に投稿の記事でレビューの製品。当時の価格で2,500円ほどの安価な製品ですが、さすがに4年も経過するとガススプリングのガスが漏れているのか、24インチのモニターを搭載すると 重みに耐えきれず、モニターが垂れてきます。24インチモニターではモニターが垂れてくることも、今回 15.6インチのモニターに置き換えた要因です。

2,499円でも実用的なガススプリング式モニターアームのレビュー
先の記事「12,980円のPhilips 23.6型 PLSパネルディスプレイのレビュー(246E7QDSB)」のとおり、23.6インチのディスプレイを購入しましたが、机上を有効利用するためにモニターアームを物色。 数あるモニ...

 

▲▼私が使用した製品は在庫切れとなっていますが、同種の製品は 15.6インチで使用するには 机からの位置が高くなってしまいます(最初のアームに角度があるあため)。

モニターアームに搭載してみた

上の写真のように、モニターを上下反転・PC側も設定にて反転させると、机・目線との高さがあって作業しやすくなります。

 

▼こちらは通常での取り付け。位置が高さすぎて作業しにくい。

 

▼背面の様子。現在は2つめの画像のように、モニターを上下逆で使用しています。

新たに気がついたこと

15.6インチのポータブルモニターを24インチクラス用のモニターアームに搭載してみて、ポータブルモニター・モニターアームの新たな気づきは以下です。

  • 軽量のポータブルモニターでは、アームのチルトなどが硬く調整しにくい。文中で掲載のモニターアームなど、通常のサイズの製品では 荷体重の下限が2kgとあり、1kg未満のモニターでは無理があります
  • ヘタったモニターアームでも、重さには耐えることができます。
  • ポータブルモニターでは、Mini HDMI ポートを搭載することが多いのですが、勢い余ってモニターを回転させ、Mini HDMI ケーブルの端子部分が折れそうになりました。
  • Micro HDMI ケーブルの端子部分は何度か折ったことがあるのですが、Mini HDMIの場合も脆いです。
  • 高さ・位置の調節には、増設・調整用のブラケットがあるとよいかも。

 

▲▼上の商品のような増設ブラケットがあると、高さ合わせのみならず、以下の記事で掲載の VESA マウントへのミニPCの併載にも役立ちそうです。

コタツで24インチモニターとモニターアームの使用感。老眼には程よい見え方で作業も効率化
寒い冬にはコタツでパソコン作業を行うことが多い私ですが、老眼の進行とともに 15インチのノートPCでも厳しくなってきました。そこで、部屋に転がっている格安のモニターアームと、古い24インチモニターを、やや強引にコタツに取り付けてみる...

 

モニター
スポンサーリンク
kenkenをフォロー。Twitterでも記事更新を配信しています。
スポンサーリンク
Win And I net

コメント

タイトルとURLをコピーしました