スリムなのに保護機能バッチり、13.3インチ用PCケース「ZEROSHOCK スリム」のレビュー

我が家の大学生が大学に持ち込む13.3インチ ノートPC用のケースを物色していたのですが、候補を絞り込んで迷った結果、Amazonにてレビュー件数が多く評価も高い「エレコム ZEROSHOCK スリムケース」を購入。これが高い評価も納得の製品でした。

スポンサーリンク

購入したエレコム ZEROSHOCK スリムケース

我が家の大学生が、13.3インチのノートPCを大学に持ち込むうえでのケースの要件としては以下。ちなみに、ノートPC自体は私のお下がり品なのですが、雑に扱うことの多い息子のこと、丁寧に扱ってもらうためにも私がケースを選出しています。

  1. カバンのなかでかさばらない。授業に使用するテキストやらをカバンにかなり詰め込むため、必要以上に大きなケースはダメ。
  2. PCをケースに入れさえすれば、多少 雑に扱っても大丈夫なこと。
  3. 可能であれば、ACアダプターもケースに収納したい。

 

上記1,3と矛盾するような事項もあるため、上記3点をクリアする製品の選択が難しい中で購入したのが、上の写真・以下のリンク先の「エレコム ZEROSHOCK スリムケース」です。

 

▼また、最後まで迷ったのがこちらのケース。手提げ、ポケットが2つあり厚みがあるのが魅力ですが、かさばりそうなために見送り。

ZEROSHOCKの名前のとおり保護機能が高い

購入した際には名称までしっかりとみていなかったのですが、「ZEROSHOCK = ゼロショック」だったのですね。以下の画像のとおり、スリムなケースであるにもかかわらず、内側のクッション素材は十分に厚く、カバンの中で多少 雑に扱っても問題ないようです。

 

▲▼以下の中国製PC「Jumper EZBook 3 Pro」を収めてみると、横幅はほぼジャストフィットです。ちなみに、このPCのサイズは31.50 x 20.85 x 1.50cm、ケースの内寸は33 × 23 × 高さ2.3cmです。なお、14インチのPCも入れてみましたが、これは幅がきつく収まらず。

 

▽こちらのJumper EZBook 3 Proを持ち歩く目的でケースを購入

Jumper EZBook 3 Pro、1年使用後の総括レビュー。質感とレスポンスには今なお満足
2017年8月に、Apollo Lakeの13.3インチ ファンレスノートPCであるJumper EZBook 3 Proを購入して1年が経過。最近ではGemini LakeのミニPを使用することが多くなったのですが、この1年間で最...

▽14インチのJumper EZBook X4は横幅が厳しく収まらず

Jumper EZBook X4 IPS版、実機のベンチマークスコア、使用感のレビュー
Gemini Lake N4100を搭載する、ファンレスの14インチノートのJumper EZBook X4。前回の記事「Jumper EZBook X4 IPS版、実機の外観レビュー。EZBook 3シリーズから正当進化でより高い...

 

▼ケース横からみると、幅・奥行ともに余裕があります。スリムケースと言えども、内側のクッションに厚みがあるために、全体の厚みはそれなり。

▲周囲3面にファスナーがあるため、PCを出し入れしやすい。また、外側の素材は撥水機能のあるPVCです。

 

▼さすがにACアダプターの収納は困難。

 

▼マウスなら何とか収まります。

まとめ

13.3インチ ノートPC用のケース「エレコム ZEROSHOCK スリムケース」の簡易レビューでした。1,300円ちょっとの安いケースですので、あれこれ悩む必要もなかったのですが、このケースを選んで正解。ケースの謳い文句どおりに、他のケースと比べるとスリムなうえに内部のクッション性もなかなかのもの。これで、我が家の大学生が多少は雑に扱っても大丈夫でしょう。

 

コメント