Xperia Z1f SO-02F 、バッテリーを自分で交換してみた

f:id:kminebg1110:20160821090721j:plain

4ヶ月前にXperia Z1f (SO-02F)のバッテリーを交換したのですが、交換工程の写真を撮っておらず、文章のみのご説明となることをご了承ください。背面カバーを取り外す機会がありましたら、交換方法を復元のうえ、写真をアップします。

なお、バッテリー交換に際し、背面カバーはガラス製のため割れやすいことを留意ください。私の場合、背面カバーが割れていたため、以下の記事で記載しましたが、ebayにて背面カバーを購入し(純正品ではありませんが、非常に安価。純正品と遜色ない)、バッテリーとあわせて交換しました。

Xperia Z1f (SO-02F)、ディスプレイをDIYで交換

スポンサーリンク

Xperia Z1f、バッテリーの交換手順

では、交換手順です。全般的に、背面カバーの取り外しのみに注意すれば、簡単な部類です。Xperia acro HDのバッテリー交換経験もありますが、acro HDの場合、背面カバーの取り外し、バッテリー本体の取り外し(両面テープが強力だった)に苦労しましたが、Z1fはガラスを割らないよう慎重に作業を行えば、あとは容易です。

ちなみに私が参照したのは以下のサイトです。Xperia A2 (SO-02F)の分解工程ですが、Xperia Z1fもバッテリー周辺の構造は、ネジ・接続端子の位置、その他のフレームとも全く同じで参考になります。このサイトを見ますと、Xperia A2 (SO-04F)の裏蓋・背面カバーの外し方、バッテリー交換方法は、Xperia Z1f (SO-02F)と全く同じと言えると思います。

Naoログ : [SO-04F] Xperia A2をなんちゃってZ1f化する

バッテリーの購入

私の場合、Amazonで購入(2015/3/12時点で3,480円)しましたが、現在は売り切れ。頼みの綱のMoumantaiでも売り切れでした。再販されるまで待つか、または、ebayなど海外サイトにて、Xperia Z1 Compact用(Z1fの海外向けスマホ)を購入されてもよいかと思います。ただし、海外で販売のもの・バッテリーは特に当たり外れが激しいこともあり、レビューをじっくり参照されほうがよいと思います。

私的には、Amazon、またはMoumantaiで再販されるのを待つべき、との判断です。私が購入したバッテリーは大当たりで(純正がどうかは不明)、純正と同等にバッテリーが持ちます。

▼こちらはeBayサイトにて、Xperia compact batterryで検索したものです。ご参考情報です(購入される場合は自己責任にてお願いします)。背面カバーも抽出しています。バッテリーは当たり外れが激しいと思いますが、背面カバーはそれほど大きな品質の差はないはずです。

xperia Z1 compact batterry | eBay

▼2016年8月21日追記。通販でのXperia Z1f用のバッテリーです。

背面カバーの取り外し

背面カバーは、本体と薄目の両面テープで取り付けられています。

背面カバーと側面フレームの僅かな溝にヘラ、または極細のマイナスドライバーを必要に応じ(本体に傷がつかないよう)ビニールテープで保護したものを差し込みながら周囲を一週し、背面カバーを外します。

▼下記画像中央の窪み(スピーカー)、または両端の部分にヘラを差込み、カバーを浮かせていくと外しやすいです。

f:id:kminebg1110:20150711201549j:image

バッテリーの取り外し

背面カバーが外れましたら、以下の手順でバッテリーを外します。

  1. バッテリーは左上のネジと両面テープで固定されています。まずは左上のネジを外します。
  2. ネジが外れましたら、バッテリーを固定している両面テープを剥がします。両面テープの粘着は強くなく、バッテリーの側面をヘラまたはドライバーを差込み、ある程度 周回したところでバッテリーは外れます。

▼画像は上下逆ですが、バッテリーのこの位置(左上)にネジ穴があります。
f:id:kminebg1110:20150711211853j:image

▼バッテリー前面(左下に接続端子あり)
f:id:kminebg1110:20150711201610j:image

▼バッテリー裏面
f:id:kminebg1110:20150711201628j:image
▼バッテリー端子アップ画像
f:id:kminebg1110:20150711201654j:image

バッテリー・背面カバー取り付け

以下の手順でバッテリー・背面カバーを取り付けて完了です。

  1. バッテリーの仮接続・稼動テスト
  2. 接続端子の本接続・バッテリーを両面テープで固定
  3. バッテリーと本体のネジ締め
  4. 背面カバーと本体を両面テープで取り付け

まとめ

作業工程の写真を撮っておらず、ブログ記事としては消化不良のものですが、交換する際、交換を検討される際のお役に立てればと思います。

文中でも記載しましたが、注意点は2つ。1つ目は、バッテリーを通販で購入する際に、バッテリーの当たりハズレ(ハズレはバッテリー持ちがよくない)がありますので、「バッテリー持ちがわるくなった純正よりはよくなる」ような前提で交換したほうがよいと思います。

2つ目は、交換自体は簡単な部類となりますが、背面カバーが割れやすいために取り扱いに留意くださいませ。ただし、背面カバーを割ったところで、以下のとおり安く流通していますで、それほど嘆く必要もありません。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事