Win10の休止状態が表示されない時に行った、休止状態オンオフの設定

ノートPCを外出先で使用する際、あるいは長時間の離席時などのバッテリー消費の抑制に、効果の高い「休止状態」の機能。シャットダウン時、カバーを閉じたときの動作などで、この「休止状態」を選択できます。

ところが、先日購入したノートPCにて、この機能を設定しようにも表示れていない状態です。そこで、以下のサイト・記事を参照させていただき、表示されなていない「休止状態」を表示できましたので、ご参考。

▼参照させていただいたのは、こちらの記事。ありがとうございます。

Windows10「休止状態」の有効化・無効化

スポンサーリンク

表示されるべき「休止状態」

まずは本来 表示されるべき「休止状態」と、「休止状態」が表示されない状況の画面の確認です。

▼スタートメニューの電源(シャットダウン設定)を選択すると表示される「休止状態」

▼設定画面の「電源とスリープボタンおよびカバーの設定」「シャットダウン設定」にて、「休止状態」の表示を選択できます。

▼こちらが「休止状態」が表示されない状況。「高速スタートアップを有効にする」も表示されていません。

「休止状態」の選択を有効にする

では「休止状態」の選択を有効にします。レジストリを方法もあるようですが、以下の方法が確実とのこと。

▼「Windows  + X」キーの同時押しで表示される以下の画面にて、「Windows Power Shell(管理者)」を実行。Windowsのバージョン、あるいは「設定」によっては、Windows Power Shell」ではなく、「コマンドプロンプト(管理者)」を実行します。

(参考)Windows Power Shellとコマンドプロンプトの相違は不勉強なのですが、タスクバーの設定の以下の項目で、Windows Power Shellとコマンドプロンプトで切り替えできます。

▲▼Windows Power Shell、コマンドプロンプトともに実行すべきコマンドは同じですが、以下の水色部分のコマンドを実行します。powercfgとスラッシュの間には半角スペースがあります。

(powercfgのコマンドについては、Microsoft公式(Powercfg のコマンド ライン オプション)に記載があります。hibernateの元の意味は「冬眠する。冬ごもりする」のようです)

powercfg /hibernate on (有効とする場合)

powercfg /hibernate off (無効とする場合)

▲▼実行後に再起動すると、以下のとおり無事「休止状態」が表示されました。

まとめ

私は通勤のおともにノートPCを持ち歩いているのですが、バッテリー消費の抑制のため、そして隙間時間のノートPCの使用に、かなり便利な「休止状態」の機能。Windowsのアップデートにより、この機能が設定できなくなったのかと焦りましたが、無事解決。設定にあたり、特にトラブルを招く要素もないため、「休止状態」が表示されない方はお試しくださいませ。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする