Androidのスリープ時のバッテリー消費が34時間で1%。間違いのような好結果の簡易レポート

iOS機器、Windowsタブレットのスリープ時のバッテリー消費は比較的安定している一方、良い意味でもわるい意味でも、時々 思いがけない状況になっているのが、Androidスマホとタブレットのバッテリー消費。今回、AndroidタブレットであるNEC TE507/FAWを、約4日間、スリープ状態で放置したところ、過去6年間、Androidを使用してきたなかで、かつて見たこともないほどにバッテリー持ちが良い結果に。

たまたまの好結果であるはずなのですが、自分の備忘録もかねて、このバッテリー持ちの結果を掲載します

スポンサーリンク

使用したタブレット、前提条件

今回、スリープ時のバッテリー持ちが好結果となったタブレットは、NEC LAVIE Tab E TE507/FAW。Android 6.0搭載、バッテリー持ちがよいとのレビューコメントが多かったことも、私が購入した理由の一つ。なお、このTE507/FAWはWifi端末であるため、比較的、良い結果となる傾向にあるかと思います。

LAVIE TE507 FAW、最もコンパクト?な7インチタブレットの外観レビュー
先日の記事「LAVIE Tab E TE507 FAWなど、2万円未満の7インチタブレットを比較検討してみた」のとおり、低価格(通販...
TE507FAWのバッテリー消費、スリープ、使用時の消費量を計測
先日の記事「LABIE TE507FAW、7インチ最小クラスでバッテリーも長持ち」にて、NECの7インチタブット LAVIE TE5...

▼前提条件として、機内モードにしている他、以下の記事で紹介の「iBattery」をインストールし、省電力設定にしています。この「iBattery」は私が複数の節電アプリを試してみたなかでは最も効果の高いもの。

Andoridの節電アプリならiBattery、スリープ時の電力消費が2.5倍も改善した
iPhoneのスリープ時のバッテリー消費が優秀な一方、バッテリー消費がよくないのがAndroidスマホ。Androidスマホにてインストールしたアプリで最も効果が高いのがiBattery (アイバッテリー)。このiBatteryを複数台にて検証し、かなりの効果がありました。

スリープ時のバッテリー消費量

▼Battery Mixのバッテリー残量グラフより

縦を縮めて編集していますが、6/22~6/26にかけて水平になっている箇所が多いのがわかります。

▼こちらはAndroidデフォルトのグラフ

▼部分的な計測にすぎないのですが、以下の画像により、バッテリー残量が94%(6/24 午前7:34)から93%(6/25 午後5:59)までの時間は、まるめて約34時間。

1時間あたりのバッテリー消費は、1%÷34時間=0.0294%

なんと、1時間あたり、約0.03%のバッテリー消費です。

▼あまりにも出来過ぎなため、再度算出。バッテリー残量が92%(6/26 午前4:02)から91%(6/26 午前11:38)までの時間は、まるめて約7時間半。

1時間あたりのバッテリー消費は、1%÷7時間半=0.13%

この程度のバッテリー消費ならわかるのですが、先ほどの0.0294% / 1時間は、よほどよい条件が重なってのことでしょう。

以下の記事投稿時の計測では1時間あたり 0.33%。約10倍改善したことになります。決して間違いではないでしょうけど、今後もこれ以上の好結果はでないはず。

TE507FAWのバッテリー消費、スリープ、使用時の消費量を計測
先日の記事「LABIE TE507FAW、7インチ最小クラスでバッテリーも長持ち」にて、NECの7インチタブット LAVIE TE5...

この間、特にバッテリー消費改善のために何か行なったわけでもなく、プレインストールアプリをいくつかアンインストールしたのみ。

今回が好結果であった一方、同じTE507/FAW、あるいは他のAndroidスマホでも、スリープ時に気がついてみるとバッテリー残量がほとんどないこともあります。バックグラウンドで稼働するアプリの制御が効いていなかったり、安定しそうで安定しない、Androidのスリープ時のバッテリー消費です。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする