タスクマネージャーの表示がフリーズ。未解決だがPC操作には影響ないことを確認

Windows 10を長時間利用していると、あるいはPCを購入するたびに、重大な不具合まではいかなくても新たなエラーが生じているように感じます。

今回生じた現象は、タスクマネージャーの表示のフリーズ。CPUやメモリの資料率が変動しない状況です。タスクマネージャーから起動したリソースモニターでは、CPUやメモリの使用率は変動しており、PC自体に大きな影響はないと思われるのですが、タスクマネージャーのプロセス表示はフリーズしたままです。

数時間の格闘の結果、未だ解決していないのですが状況の報告です。

スポンサーリンク

タスクマネージャーのプロセス表示がフリーズした状況

解決策を見出したものではありませんが、タスクマネージャーのプロセス表示がフリーズした状況と、PCの操作には影響がないことの記載です。

▼タスクマネージャーを起動直後の画像。

2画像のみ掲載しましたが、タスクマネジャーをいつ開いても30%以上もCPUを利用している状況。今回、このTask Manager自体のCPU使用率が高いことを確認する過程で、タスクマネージャーの表示がフリーズしていることが発覚

モニターをずっと見ていても以下の状況が続きます。

  • 普段ならプロセスの状況が刻一刻と動くのですが、変化がない状況。右クリックの「タスクの終了」は稼働します。
  • 上記画像のタスクマネージャーのCPU使用率も高いまま変化しません。ただし、タスクマネージャーを再起動すると、CPU使用率は変わっています。

▼「何か変だぞ」と「プロセス」を見てみると、グラフが全く動かない。そして、他のPCのタスクマネージャーを確認したところ、「Task Manager」のCPU使用率は、タスクマネージャー起動直後の瞬間的には高いものの、すぐに1%前後に落ち着きます。

ここで、今回エラーが生じているタスクマネージャーの状況は、CPUの使用率が高いままであること、グラフが全く動かないことより、タスクマネージャー起動直後にプロセス表示が動いていないことが判明

▼そこで「リソースモニター」を起動してみると、Task ManagerのCPU使用率、全体のCPU使用率は低位安定しており、負荷をかけるとすぐ反応することより、正常に動いています。

やはり、タスクマネージャーの表示が動いていないようです。

今回の状況を再度整理すると以下となります。

  • タスクマネージャー起動直後に、プロセス表示がフリーズし、CPU、メモリ使用率が変化しない。
  • タスクマネージャー起動直後のCPU使用率はかなり高く、大きなエラーが生じていると勘違い。
  • ただし、リソースモニターで確認すると、CPU、メモリ使用率も変動。PCを操作してもおかしな挙動、レスポンスの悪化はありまさん。

まとめ

今回の現象で、タスクマネージャーのプロセス表示のみがフリーズし、PC内部の状態は正常であることに3時間ほど費やしてしまいました。

国内外サイトを参照しても、同様の現象は確認できていないのですが、ご参考まで。なお、同現象が収束しましたら追記します。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする