ASUS T90Chi、中古購入の使用目的・検討した機種の振り返り

f0LfLa8z78Ic0Ac1469871847_1469871941

昨年の9月から、長い通勤時間(片道2時間20分)に使用するブログ編集用のタブレットを物色しており、2015年10月に中華タブレットであるChuwi Hi8(Windows 10・AndroidのデュアルOSを採用した8インチタブレット)を購入。購入したものの、キーボードがしっくりこない・日本語入力の反応が多少遅延するものであり、通勤時に多用するには至らず。

そして今回、海外出張を口実に、ASUS T90Chiの中古を購入。巷にレビュー記事があふれるなか、今さら感満載ですが、今後 何回かに分けてレポートです。うち、今回はT90Chiを購入した背景と比較検討した機種のレポートです。

スポンサーリンク

T90Chiを購入した背景

T90Chiを購入するにあたり、その使用目的、比較検討した機種は以下のとおりです。なお、T90Chiは、既にASUSでの販売は終了しており、中古での購入となります。

販売終了となりましたが、新品での販売価格が税別29,800円。それに対し、私が秋葉原のソフマップ等 何店か巡回したなかでは、あまり程度のよくない(傷・テカリあり)のものが30,000円ちょっとと強気の販売価格となっており、未だに人気のあることがうかがえます。

ちなみに、私はAmazonにて税込・送料込にて、ほとんど傷なし(天板のエッジによく見ないとわからない小傷が数個あり)のものを29,800円にて購入しました。

使用目的

主な使用目的は以下のとおりです。

  • 通勤電車内でのブログ編集用。電車内でのキーボードのカチャカチャ音は嫌いなのですが、秋葉原のソフマップで試し打ちしたところ、カチャカチャ音はなく、また、ブラインドタッチも十分可能なものだったため、購入意欲が増大。
  • 海外出張時、帰省時のお伴に。以下の画像のとおり、先週、ロンドンへの出張時に持っていったのですが、特に飛行機内の使用は、座席のテーブルの大きさともベストマッチでした。
  • テレビを観ながらのWebサイト巡回。ブログの簡易編集用。

▼国際線(JAL)・エコノミークラスでの1コマ。座席前にあるテーブルのサイズ、ディスプレイの角度とも、ベストマッチでした。

CaU6yHK8DVDGMLU1469872366_1469872423

他機種との比較

2015年9月頃より、通勤電車での使用に最適なタブレット、または小型PCを探していたのですが、恥ずかしながら、このT90Chiの存在を知ったのは2カ月ほど前です。T90Chi自体は、2015年3月発売であり、サイズ的によく比較されるVaio type Pの中古を2015年9月・10月に探していたにもかかわらず、T90Chiを知らずにいた自分が恥ずかしい限りです。

さてさて、今回 T90Chiを購入するにあたり、比較検討した機種は以下のとおりです。

Chuwi Hi8

2015年10月に購入した、Windows 10・AndroidのデュアルOSを採用した8インチタブレットです。このタブレットでの専用キーボード付カバーも持っていますが、本体とキーボード付ケースとの合計でも16,000円前後の安価な中華製のためか、以下の課題があり継続使用を諦めることに。

  • Windows 10でのバッテリー持ちは、3~4時間程度とT90Chiの半分以下。
  • 日本語入力において、キー入力からコンマ数秒遅延する傾向あり。
  • 専用のキーボード付ケースは、そのサイズ(8インチタブレット向けのキーボードのため、キーピッチが狭い)のためブラインドタッチに難あり。

▼Chuwi Hi8と専用のキーボード付ケース。何とか頑張ればブラインドタッチも可能であるものの、常用するとなると疲れてしまいます。

gdxclbbj3etl17o1469881446_1469881493.jpg

ASUS T100HA

秋葉原の店頭でも多く並んでいた、10.1インチの2in1タブレット。快適な入力環境を考慮すると、このサイズがちょうどよいのですが、常時持ち運ぶうえでは、やや重たいこと、そして、レビューを参照していると、電源が入らないなどの初期不良が多そうなため、購入断念。

ASUS E200HA

人気のあったX205TAの後継機と思われる、11.6インチのノートパソコン。店頭にて何度も触ってみましたが、自宅で使用することを想定するとサイズ感もお手頃。ただし、T100HAと同様に、常時持ち運びすること(私の場合、通勤時に往復5時間弱持ち運ぶ)を考慮すると、手軽さに欠けること、また電車内で使用するには、そのサイズから目立ちそうなため、購入候補から外れました。

なお、ChromebookであるC200PAにも興味があり、法人専用とのことでしたが、秋葉原の店頭で普通に販売されていました。持ち運びを考慮せず、安価で純粋なノートパソコンで、ブログ編集・Webサイト巡回が主目的である場合には、このC200PAが候補になったかも。

まとめ

今回は、T90Chiの中古を購入するにあたり、その使用目的・比較検討した機種のレポートでしたが、購入後 約2週間、通勤時・海外出張に持ち運んだところ、サイズ的にはほどよいものでした。また、ブラインドタッチも難なくこなせ、同種のCPUを搭載したChuwi Hi8と比較すると、Hi8にて生じていた日本語入力時の遅延も感じられず、購入して正解だったとの認識です。以降、更なるレポートに続きます。

ソフマップ 中古タブレットPC T90Chi

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事