スティックPCとミニPC、双方使ってわかった ミニPCをおすすめな理由

日本ではカテゴリーが確立されているスティックPCと、海外では製品数も豊富ミニPC。私はスティックPCとミニPCの双方を所有しており、2016年11月にスティックPCを購入して以降のしばらくの間はスティックPCを絶賛していたのですが、ミニPCの種類が増えてくるにつれ、現在はミニPC推し。

双方のスペックの話はさておき、私がスティックPCよりもミニPCをおすすめする理由を列挙します。なお、気軽に持ち運ぶとの観点ではStick PCとなりますが、「Stick PCを外出先でHDMI接続する」との需要は多くないと想定したうえでのコメントです。

スポンサーリンク

私の所有するスティックPCとミニPC

冒頭で「スペックの話はさておき」としながらも、私が所有するスティックPCとミニPCを記載します。

DG-STK3(スティックPC)

ドスパラで購入のスティックPCです。今となってはスペックは旧世代ですが、これ以降はCPUにAtom Z8350 メモリ4GBを搭載する機種も販売されていますね。

  • CPUはインテル Atom Z3735F
  • メモリは2GB、ストレージは32GB eMMC
  • ネットワークは、11b/g/n、Bluetooth 4.0
  • ファンレス。ファンレスであるために夏の排熱が気になり、巨大なヒートシンクを装着しています。

関連記事

DG-STK3、もっと早く購入すべきだったStick PC。Core 2 Duo機との体感比較レビュー

Stick PC DG-STK3、購入1年後の体感レスポンスをノートPCと比較してみた

Stick PC DG-STK3の冷却に銅板とアルミヒートシンクを利用してみた

▼Atom Z8350、メモリ 4GB搭載のスティックPCの事例。Z8350クラスなら、Webサイト閲覧、動画視聴、オフィスソフトの操作など難なくこなせます。

また、Z8350クラスでは小型のファンがついているのもメリット。Fire TV Stickも含め、スティック型のPCはどうしても排熱の課題があるのですが、ファン付なら安心。

ACEPC AK1(ミニPC)

海外通販サイト「Gearbest」さんより提供いただいた製品です。スペックは以下。

  • CPUはCeleron J3455(Celeron N3450相当)
  • メモリは4GB
  • ストレージは32GB eMMC(容量が少ないため、後に120GBのSSDを増設、起動ドライブ化)
  • HDMIポートの他、USB×5、有線LANポートあり

関連記事

Apollo Lake、RAM4GBで1万円半ばのミニPC、ACEPC AK1の実機レビュー

ミニPC ACEPC AK1をSSD化。出費5,000円でApollo Lake機が更に快適に

Gearbestでの販売情報。頻繁にセールを行っており価格は流動的です(2018/5/6現在は11%オフ)。

ミニPCをおすすめする理由

では、スティックPCとミニPCの双方を使用している立場から、スティックPCよりもミニPCをおすすめする理由です。

なお、以下の方にとっては、価格以外はスティックPCで十分とも言えます。

  • 外出先でもHDMI接続して使用したい。
  • 拡張性・多くの周辺機器接続を求めない。

価格に大差なく、ミニPCのコスパ度が際立つ

日本のAmazonでは、Z8350・メモリ4GBのスティックPCは2万円前後で販売していますが、海外通販サイトのGearbest、Geekbuyingでは「ミニPC」のカテゴリーがあるほどに種類が豊富であり、2万円前後でスティックPCよりもスペックが高い機種が多数あります。

Apollo Lake、メモリ4GBで2万円未満のミニPCを海外通販からピックアップ
2016年11月に購入のWindows 10 Stick PCですが、Atom Z3735F・メモリ2GBであるために、今となっては...

スティックPCの場合には、その内部の狭さから小さな冷却ファンでも十分なZ8350クラスまでのCPUとなっていますが、内部に余裕のあるミニPCでは通常のデスクトップPCと同水準のCPUを搭載する機種もあります。

コスパ度の高いミニPCの事例

Apollo Lake、メモリ4GBで2万円未満のミニPCを海外通販からピックアップ

メモリ増設可、SSD 2280サイズ搭載のミニPC VORKE V5 Plusがクーポン適用 239ドルで販売中(2018/5/3現在)

第8世代 Core i7,NVME SSD搭載で約530ドルのミニPC VORKE V2 Proの概要を確認してみた

拡張性が高く、メインPCとしても利用可能

価格的にもミニPCが優位となる製品も多いのですが、スティックPCよりもミニPCが優位な点は拡張性が高いことに尽きます。

製品によって拡張性が異なるのですが、拡張性が高い事例は以下となります。なお、以下の1,2は概ねミニPCに共通する事項です。

  1. USBポートが多数あり、マウス・キーボードなどをUSBハブなしで取付可能。
  2. 有線LANポートを備え、Wifiが不調な際には有線接続可能。
  3. 同一製品でも、ストレージがeMMC あるいはSSDのものとバリエーションが豊富。
  4. 機種は限られますが、メモリ増設、SSDを増設できる機種も多数あり。

スティックPCと同価格帯でスペックも優位、拡張性も高いミニPCですので、2万円前後の製品でも負荷の高い3Dゲームをしない場合には、メインPCとしても十分以上に利用できます。

私も上記のACEPC AK1を40インチのテレビに接続のうえ、メインPC並みに使用しています。

関連記事

ミニPCにHDDを増設、SSD,eMMC,HDDの3ドライブ構成に
Stick PCと異なり、ミニPCの楽しさは拡張性が高いこと。その拡張性については、各社が小さなボディに工夫を凝らしているのですが、...

冷却対応の懸念なし

ファンを備えたZ8350クラスのスティックPCを使用したことがないために、スティックPCの冷却効果をはかり知れないとの前提での記載です。

ミニPCでは12~20cm角程度のボディとなり、スティックPCよりも内部に余裕があるため、また、多くはCPUファンを備えているため、その冷却効果に懸念する必要はないでしょう。

また、内部に余裕がある=大きなファンを使用できるため(一概に大きなファンを搭載しているとは言い切れませんが)、ファンの風切り音も大きなものではありません。

まとめ

上述のとおり、2万円前後で格安機をお探しなら、価格の優位性と拡張性からミニPCをおすすめ。海外通販サイトではカテゴリー分けされているミニPCですが、国内ではそれほど認知されていないように感じるミニPC。ドスパラあたりが(現在ではやや高スペックよりの商品を販売)低価格路線を狙ってくれば面白くなりそうです。

Gearbestで販売の、Celeron N3450、メモリ4GB搭載、ファンレスのミニPCの事例です。

Gearbest 関連記事

GearBestでの購入手続き実践編。実際の購入にあわせ 画像で概説

Gearbest 海外通販、DHL 香港から日本まで配送期間・経緯を公開

スポンサーリンク

シェアする

フォローする