Stick PCに買って後悔しない不可欠な周辺機器、あると便利な関連機器

コタツで暖まりながら、テレビの大画面でのブログ編集・Webサイトの巡回に大活躍しているStick PC (スティック型パソコン) DG-STK3ですが、入力機器等の付属品がないだけに、ある程度のアクセサリ-・グッズを買い揃えないと使いづらいものです。

そこで注意しないといけないのが、ある程度の物を買い揃えると、Core 2 DuoあるいはCore i3クラスの中古PCより高価になってしまうかもしれないという事実。

そこで今回は、Stick PCに不可欠な機器、あると便利な機器別に、安価ですが十分に機能するものを集めてみました。

Stick PCに不可欠な入力機器、他

まずは、キーボード・マウスが思いあたると思いますが、Stick PCは全般的に無線LANの電波の入りが弱い(ルーターから至近距離でも、スマホのWifi接続と比べると速度が出ない)ために、有線LANアダプターも必要となります。

キーボード・マウス

私はキーボードはBluetooth(ヤマダ電機店頭で特価販売していたため)、マウスはワイヤレスを使用しています。

▼現在、私が使用中のキーボード・マウスはこちら

Stick PCの快適操作に便利な格安で使えるケーブル・入力機器
先日の記事「DG-STK3、もっと早く購入すべきだったStick PC。Core 2 Duo機との体感比較レビュー 」にて、...

手元にあるBluetoothマウスも使用してみたのですが、他PCも含めた私の経験では、キーボードにせよマウスにせよ、そのBluetooth機器にもよりますが、長いスリープからの復帰時などに認識しないことが時々あります。このため、Bluetoothよりもワイヤレスがおすすめ。

▼ネットでも量販店でも安価で販売されている(ネットでは1,600円前後)、iBUFFALOのキーボード・マウスのセット。Amazonでは長期間 キーボード・マウスセットのベストセラー1位に君臨し、私の会社でも使用しています。

私の使用感では、キーがアイソレーションではなく、またキーストロークが浅いためか、最初は誤入力を頻発していましたが、慣れると普通。なお、マウスは何故か起動時のみ、異常に速い動きで(速すぎて狙ったところをクリックできない)、かつ1か月ももたずに電池切れとなるところがネック。

▼安価で快適な入力環境を求めるなら、こちらのLOGICOOLのK270。私が今使用のキーボードが壊れた場合には、こちらにします。

▼私が使用しているマウス。静音であること以外に大きな特徴はないのですが、妙な動きをすることもなく、異常なバッテリー消費もなく、安定しています。

▼つい最近、会社で使用するために購入した、USBキーボード・マウスの切替器。一組のキーボード・マウスを2台のPCで使用できます。自宅での使用なら、Stick PCとデスクトップPCが自分の部屋にある場合など、キーボード・マウスは一組で済ませることができます。

定価は立派な価格ですが、2009年発売の商品であるためか、量販店・Amazonでは実売2,000円前後と低価格なのもマル。ただし、通販では価格差が激しいために要値定めです。

▼無線マウス、Bluetoothキーボードもあっさりと認識しました。

USB切替器 ELECOM KM-A22BBKレビュー、無線、Bluetooth機器も即認識
この1ヵ月間、2台のパソコンで一組のキーボード・マウスを使用するためのUSB切替機を、どの機種にすべきか小さな悩みを抱えていました。...

USB 有線LANアダプター

(現時点での私のStick PC、DG-STK3)

Stick PCの無線アンテナは電波の入りが弱いため、このUSB 有線LANアダプターは必須との認識です。

私は安価な製品を使用しているためか、排熱の関係で不安定なのか、理由は不明なのですが、時々 USB 有線LANアダプターを使用してもなお、速度が極端に遅く(ネット閲覧にも支障がでるほど)なることもあります。このため、あまりにも安い商品は避けたほうが無難。

▼価格は2,000円台半ばとやや高価ですが、私が購入を検討しているアダプターがこちら。ハブと有線LANアダプターを兼ねており、Amazonでの評価は星5個中4.9と、この類の商品としては異例の高評価。ちなみに当ブログで同商品を紹介するのは初めてですが、当ブログ経由で購入の方が複数います。

▼こちらも2,000円程度と高価ですが、アルミボディに惹かれて購入したい商品。排熱に難があるStick PCのため、私が使用のLANアダプタはかなりの熱を帯びていますが、アルミボディのため。多少なりとも冷却効果があるだろうと推察。

▼高価なため私は購入する予定はないのですが、ハブと有線LANアダプターの機能を持つ、純正のドッキングステーションを追加するとの手段もあります。

ヒートシンク

必ずしも必要ではないものの、ファンを持たないStick PCでは排熱に弱いため、熱暴走により強制シャットダウンなどの懸念もあり、用意しておきたいヒートシンクです。

以下のものは、「まさにStick PCのために切り売りされたもの?」と思えるほど、私のDG-STK3にはピッタリなサイズです。もちろん冷却効果もバッチリ。詳しくは以下に掲載のリンク先を参照くださいませ。

▼上記を利用した冷却対応

Stick PC DG-STK3の冷却に銅板とアルミヒートシンクを利用してみた
安くて便利なStick PCですが、ファンレスであるがために、課題としてあげられているのが排熱・冷却対応。夏には熱暴走してしまうかもと不安がよぎります。今回、この冷却・熱対策のため、銅板とアルミヒートシンクを用いて改造してみました。

あると便利な周辺機器、グッズ

では次に、必要かどうかは個人の環境によりますが、私が購入した、あるいは購入したい周辺機器・グッズです。

▼HDMI延長ケーブル

多くの場合、液晶テレビでは背面・側面にHDMI端子がありますが、背面まで手が届きにくい、付属のケーブルは短い場合に必要となるのがHDMI延長ケーブル。

これは量販店ではかなり高価なため、私は以下の物を450円(税込・送料無料)で購入しました。あまりにも安かったために2本購入し、Stick PCとFire TV Stickで使用していますが、全く不都合なく稼働しています。

▼昇降テーブル

私はコタツをテーブル替わりにしてキーボード・マウスを操作している(キーボードは膝の上に置くことも多い)のですが、コタツと腕の高さが合わず、数分間の入力作業で腕が付かれてきます。

そこで、随分前から楽天市場のお気に入りに登録しているのが、以下の昇降テーブル。高さ・テーブルの角度を変更でき、また横幅(69センチ)・奥行(40センチ)を考慮すると、キーボード・マウスの双方を置いて作業できそうです。暖かくなりコタツが不要になったら購入を検討してみます。

まとめ

Stick PCに不可欠となる、あるいはあると便利な、定番の周辺機器・グッズを掲載しました。記事編集のために物色していると、現在使用中・まだ使えるにもかかわらず、より便利なものが欲しくなってきます。

安価な物でも買い揃えていくと、結局は2万前後で2in1 PC、あるいはCore i3クラスの中古PCを購入したほうがお得だったとなりそうな気配。

シェアする

フォローする

関連記事