CPU温度、ドライブの動作などをモニターできるフリーソフト「HWiNFO」の概要

ミニPCのファン音が激しいために、他のPCでも使用している、CPUの温度を参照出可能なソフト(OpenHardwareMonitor)をインストールしたところ、エラーのために起動できず。

そこで探してきたのが、フリーソフト「HWiNFO」です。OpenHardwareMonitorよりもメジャーなソフトかもしれませんが、モニターできる項目が多くて驚き。

項目が多く、また、全てを理解できていないのですが、今回はこの「HWiNFO」の概要のご紹介です。

スポンサーリンク

HWiNFOの概要

▼HWiNFOのダウンロードサイト(海外サイトです)。32bitと64bit版があるのですが、お使いのWindowsに応じて、自動的に32bitあるいは64bit版をダウンロードしてくれます。

HWiNFO

▼インストール・起動直後は、フル表示、あるいはセンサーのみ・サマリーのみの選択画面となります。

▼一部抜粋ですが、CPUとGPUのサマリー画面です。

▼メイン画面の一部を抜粋。

Windowsのデバイスマネージャーでの表示と大きな差はないような感覚ですが、フリーソフトでここまで表示できるものは多くはないはず。

▼圧巻なのが、こちらのセンサーなどのモニター画面(項目が多いこと)。

以下の画像はCPU温度のモニター画面ですが、他のソフトでもあるように、現在・最小・最大の3段階表示です。

▼CPU温度においては、コア単位でグラフ化できるなど、機能は豊富。

▲▼例えば以下など項目数はかなり多く、CPUのファン音がやかましい場合の温度の確認や、パーツ交換後の稼働状況の確認などに役立ちそうです。

  • CPU温度、消費電力
  • GPUの動作クロック
  • Memoryの状況(Tcas, Trcdなどが並んでいるのですが、私は勉強不足のため理解できず)
  • DriveのRead / Write別のアクティビティ
  • Networkのダウン/アップロード容量、速度
  • ハードウェアエラーなどの状況

▼ストレージのモニター画面。

Read / Write別にアクティビティや速度などを確認できます。

▼ネットワークにおいては、ダウン/アップロードの合計容量、速度が確認できます。

▼他サイトを参照すると、「CPUの使用率が気になるかも」とのコメントもあったのですが、私のCeleron N3450相当のPCでは、センサーなどの画面をフル表示しても、CPU使用率は0.5%から2%までと大きな影響はない模様

▼フォーラムも充実し、投稿数はざっと15,000ほど。また、Dellなどの特定のPCでは簡易的なファンコントローラーも機能するようです。

Forum

まとめ

CPU、GPU、メモリ、ネットワークなど、かなり豊富なモニター項目を持つ「HWiNFO」。CPUファンの音がやかましい場合などの状況の確認、パーツ交換後も稼働状況の確認などに役立ちそうです。

海外でのフォーラムも充実、また少数ながらアドオンもあり、これらを頼りに機能を確認するのも楽しいかも。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする