Windows 10スマホを購入して9ヵ月の利用状況の実態

f:id:kminebg1110:20161029230648j:plain

2016年1月にWindows 10スマホであるFreetel KATANA02を購入した当初では、Vaio Bizの発売などもあり、多少の盛り上がり・シェアアップがあるだろうと見込んでいたWindowsスマホ。ところが、法人需要はともかく、個人ユーザー向けには盛り上がるどころか、盛り下がっていると感じています。

そこで今回は、Windows 10スマホの1ユーザーとして、Windows 10スマホの利用状況を記載してみます。

スポンサーリンク

Win 10スマホを購入後、9ヵ月の利用状況

包み隠さず正直なところでは、外出時にWidnowsタブレット・Androidタブレットへのテザリング母機としての利用以外、ほとんど使用していません。実際の利用状況は以下のとおりです。

なお、私のWin 10スマホの利用は、Wifi運用のみではなく、Freetel SIM(データ回線のみ)を利用したサブ機としての位置づけです。

メインスマホはAndroid、その他 サブ的にiPhoneを利用しています。

  • 外出時(通勤時)にWidnowsタブレット・Androidタブレットへのテザリング母機として利用。テザリング母機としては、平日はほぼ毎日利用しています。
  • その他、OSのアップデートがあった場合など、ブログネタ用として利用。

結局のところは、テザリング母機としてのみの使用であり、それなら以前に使用していたPocket Wifi(GL06P)にFreetel SIMを挿して利用したほうが、バッテリー消費の面でもいいのでは、と思案中です。

利用状況が少ない要因

利用状況がこれほどまでに少ない要因は以下のとおり。Microsoft・大手キャリアが法人需要をメインターゲットにしている状況では、今後 利用局面が増えることはないだろうとイヤな展開です。

  • 最大の理由は対応しているアプリの少ないこと。個人ユーザーが少ない・増えそうにない状況では、今後も期待できそうにないです。
  • ブラウザであるedgeは軽いのですが、edgeではパソコンサイトの閲覧となること多し。これは、edge側が対応していないのか、スマホサイトがedgeに対応していないのか不明ですが、これではedgeを使用しようとの気持ちが失せてしまいます。

Windows 10 mobileのOS自体は、動作が軽く使い勝手がいいと感じているのですが、アプリがない・ブラウザもイマイチとなれば、利用が少なくなるのは当然の結果です。

Excel・Wordを多用する方には、Win 10スマホの利用価値は高いと思いますが。。。

まとめ

Win 10スマホのユーザーでありながら悲観的なコメントばかりとなりましたが、「OS・ブラウザ自体は優れているのに、アプリが少ない・ブラウザの利便性がよくない状況では、利用する機会も少なくなる」のが正直なところ。なんとか個人ユーザーも利用できるよう奮起していただきたいものです。

▼少なすぎるアプリのためにサブ運用を諦めました。

アプリが少なすぎる、Windows 10 スマホの運用1年で利用を諦めた背景
「ついにこの日がやってきました」と言うと大袈裟ですが、これ以上 アプリリリースなどの進展がなければ、サブ運用も止めようと思っていたW...
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事