OneDriveのアルバムが作成されましたの通知を制御する設定

Android、iOS、Windowsのファイル連携に欠かせない存在の、MicrosoftのクラウドストレージであるOneDriveですが、最近 鬱陶しくなってきたのが「アルバムが作成されました」との通知。

この通知はストレージを追加使用することなく、写真等を追加した日付でアルバムを作成する機能のようですが、余計な通知は受け取らないようにしたいもの。今回は、この通知を制御する設定のプチレポートです。

スポンサーリンク

アルバムが作成されました、の通知の状況

ずいぶん前からの、アルバム自動作成の機能はあったはずなのですが、私が通知に気が付いたのはごく最近。おそらくは、これまで通知オフの設定をしていたものが、何かのタインミグ・設定間違いなどでオンになっていたものと思われます。

さて、「アルバムが作成されました」、自動で作成されたアルバムの状況は以下のとおり。

▼OneDriveの通知項目より一部抜粋。この「OneDriveでアルバムが作成されました」のメッセージが通知領域に出没。

私はスマホ・タブレットを複数台で運用しており、それぞれの機種に通知されるため、かなり鬱陶しく思えてきました。

▼「何だか、アルバムが作成されるタイミングがズレているぞ」と確認してみると、一週間遅れでアルバムを自動作成しているようです。翌日ならまだしも、一週間遅れだと意味がないような。。。

アルバムが作成されました、の通知を制御する設定

アルバムの自動作成を中止したかったのですが見つからず。有料のプレミアムに移行しないと、自動作成の中止はできないと類推します(他サイトで中止する設定もありましたが、プレミアムでの設定でした)。

Androidでの設定

以下の方法で制御できるのですが、スマホを複数台所有している場合、それぞれのスマホで制御する必要がありそうです。端末間で設定を同期してくれるのかと思いきや、一台で設定後に他のAndroidスマホを確認してみると、同期していませんでした。

▼左上の三本線をタッチで以下の画像となり、「個人」をタッチ

▼なかほどに「次の場合に通知を受け取る」とありますので、不要な通知をオフにします。画像は全ての通知をオフにした状態です。

iOSの設定は?

見出しをクエスチョンマークにしていますが、私の場合、既に通知がなく、通知オンオフの設定項目が見つからなかったためです。

▼OneDriveの設定画面では、「通知を再び有効にするには」とあり、既に通知無効となっていた。

▼上の画像の指示に従い、「通知」項目を確認してみると、そもそも「OneDrive」がアプリ一覧にない状況。

▼OneDriveの個別設定項目にも「通知」を制御するものはなし

まとめ

iOSでの通知の制御方法が確認できず、消化不良の記事となりましたが、これにてAndroidの制御は完了。アルバムの自動作成自体が不要というわけでもないのですが、1週間遅れで作成されても、と思います。

ちなみに、私が抱えるOneDriveの課題は、時々 同期が遅い状況になること。私のOneDriveの使用目的の一つに、スマホで写真撮影したものをOneDriveにアップロード、PCにてブログ用に編集することが多いのですが、同期が遅くGoogleドライブを使用することもしばしば。この課題が復元・対応方法を確認できたところでレポートします。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事