mineo au回線、中古iPhone6購入にあわせて契約の経緯・運用レビュー

f:id:kminebg1110:20160828153015j:plain

先日購入した「中古のiPhone6、au 16GB」に関連し、auのiPhone6にて使用できる格安SIMである「mineo(マイネオ)」と契約し、先週半ばから運用しています。短期間の運用ながら、私が既に利用している「楽天モバイル」・「Freetel」のSIMと比較しつつ、数日利用しての感想などを記載します。

スポンサーリンク

mineoの契約に至った経緯、月額料金

mineoの契約に至った経緯は大きく2つです。

au iPhone6を常用したい

mineoとの契約前は、私は楽天モバイルSIMでのHuawei Honor6 Plusをメイン回線として使用し、Freetel SIMでのWindows 10スマホ・KATANA02をテザリング用のサブ回線として使用していました。

「楽天モバイル」「Freetel」とも同じドコモ回線ながら、Freetel SIMをサブ回線として使用している理由は以下となります。

  • Freetelの公式サイトにも記載がありますが、楽天モバイルと同じドコモ回線でも、山手線内にある私の職場では、回線が混みあう昼休みの速度が、圧倒的にFreetelが速い。「楽天モバイル」は昼休みの使用を諦めるほど遅いのですが、Freetel SIMは普通に繋がります。
  • 朝夕のラッシュ時(山手線)にも、Freetel SIMは楽天モバイルよりも、やや快適。


がしかし、KATANA02のテザリング機能を常時オンにしていればよいのですが、バッテリー消費の点でそうもいかず、楽天モバイルからFreetel回線への切替が面倒です。auのiPhone6を常用するのであれば、なおさらのことです。

また、スマホ3台を持ち運ぶ(ポケットに入れておく)のもイヤであり、以下のとおり料金も安いものであったため、mineoとの契約に至りました。

3回線使用の月額料金は、なおも格安(対大手キャリア)


(▼mineo公式サイトより)

f:id:kminebg1110:20160828161220p:plain

mineo契約後の私の月額料金は以下となります。mineoと契約しても、3GBで月額900円と激安のため、これなら「毎日3本ぐらい飲んでる缶コーヒーを、少し減らせばいいよね」との想いです(月額900円なので、あれこれ節約する必要はないのですが)。

(楽天モバイルの通話料金を除く。税抜)

  • 楽天モバイル(5GB、通話プラン) 2,150円
  • Freetel (使った分だけ安心プラン、データ専用+SMS、最低料金時)439円
  • mineo(3GB、シンプルプラン) 900円


3回線合計しても、月額3,489円と、家族のソフトバンク回線よりも安いものです。Freetelは概ね3GB弱ほどは使用していましたが、この際の料金が1,040円。これを最低料金のデータ使用量に落とせば、毎月300円ほどのプラスで済みます。

また、楽天モバイルも毎月5GBも使用していないため(※)、3GBに落としても大丈夫そうです。

(※)2016年1月に、格安SIMに切り替えたことにより、アプリダウンロード・動画視聴などのデータ使用量の多いものは自宅でのWifi利用とし、また、同じくデータ使用量の多い「Amazon」「楽天市場」アプリは使用せず、Webサイトでの閲覧としています。

mineoを使用してみた感想

mineoのau回線の使用を始めて、平日は3日のみとなりますが、この3日間での使用の感想は以下のとおりです。なお、いづれ通信スピードを「楽天モバイル」・「Freetel」・「mineo」を同時に計測しますが、現時点では感覚的な感想です。

なお、使用の範囲は、千葉市内の自宅から都内渋谷区某所の職場となり、主にWebサイト閲覧・FXアプリを利用したものです。

  • 山手線外では、「楽天モバイル」・「Freetel」・「mineo」とも遜色なく、私の使用範囲(Webサイト閲覧・FXアプリ)では通常利用できます。
  • 山手線内の朝夕ラッシュ時での快適さは、「Freetel」・「楽天モバイル」・「mineo」の順となります。「Freetel」が一歩リードしていることは感覚的に即わかるものの、「楽天モバイル」「mineo」は僅差です。
  • 渋谷区某所での昼休みもの快適さは、上記と同様に「Freetel」・「楽天モバイル」・「mineo」の順。「mineo」は「楽天モバイル」よりは快適だろうと勝手に想像していたのですが、残念なところです。なお、「Freetel」の昼休みの快適さは特筆もの。「楽天モバイル」と同じドコモ回線でありながら、普通に使用できる「Freetel」と、使用を諦めるほどに遅い「楽天モバイル」と大きな差がでるのは不思議です。


昼休みを快適にWebサイトを閲覧する場合には、相変わらず「Freetel SIMでのテザリング」が活躍しそうです。「昼休み」「朝夕のラッシュ時」の使用においては、Nexus5のソフトバンク回線使用時には、何のマイナスの気づきもなく普通に使用できていたことから、都心では「ソフトバンク回線が最も快適」とのイメージがあります。

まとめ

mineoのau回線で3日間運用したに過ぎないのですが、都心での朝夕ラッシュ時・昼休みの遅さは誤算でした(よく調べずに契約したのですが)。

それでもなお、ドコモと比べると圧倒的に安い「auの中古iPhone」を、mineoのau回線SIMにて格安に利用できる点においては、私にとってはメリット絶大であり、これまでのメインスマホである「楽天モバイル・Honor6 Plus」の出番が早くも減ってきています。

▼mineo(マイネオ)公式サイト

ドコモ端末もau端末もそのまま使える!【mineo(マイネオ)】

▼楽天モバイル公式サイト

楽天モバイルは超お得!
楽天モバイルなら月々のスマホ代がこんなにもお得?早速シミュレーション!

▼Freetel公式サイト

料金システム|高速の通信速度と充実の格安料金プラン FREETEL(フリーテル)の格安SIMカード

スポンサーリンク

シェアする

フォローする