楽天市場で人気のmicro HDMI/HDMI変換ケーブルを500円で購入、Androidタブ・Winタブで試してみた

先日の記事「100均購入のmicro HDMI変換アダプター、タブレットを接続するも残念な結果に」で記載しましたが、micro HDMIポートを持つAndroid タブレットとWin 10 2in1 PCに、100均のmicro HDMI変換アダプターを接続し見事に失敗。

PC用モニターに映像が映ることなく、216円(2個分)とはいえ無駄な出費となりました。それならば、楽天市場の安価ながらも評価の高い製品はいかがなものかと、長さ2mの変換ケーブルを購入し試してみると普通に使用できました。

今回は、このmicro HDMI/HDMI変換ケーブルのプチレビューです。

スポンサーリンク

購入したケーブル

▲▼保護カバーをつけたままの写真のため、アダプター部分の確認ができないのですが、購入したケーブルはこちら。リンク先のショップいわく「リアルタイムランキング1位獲得」とあります。

リアルタイムの意味合いが不明なのですが、私は価格の安さ(送料無料、500円)とレビューコメントが285件と多いことで購入決定。

長さ2mですが、私の場合にはそれほど長いものは必要なく、1mもしくは1.5mでも十分でした。2mと長いために机上でケーブルが乱雑なことになっています。

Androidタブ、Winタブで試してみた

接続にあたっては、以下のHDMI切替器を介してPCモニターに接続したのですが、100均アダプターで映像が映らなかったことが嘘のように普通に出力できています。

▼ケーブル接続は、Amazonで購入のHDMI切替器を介して接続

Fire TVのHDMI切替に。998円で購入のHDMI切替器のレビュー

▼Android タブレット(Teclast P80 Pro、100ドルの8型タブ「Teclast P80 Pro」実機の使用感。FHD・アルミ製ボディでコスパ度はFire HD 8以上)に接続した様子。

▲上の画像は今回購入のケーブル、下は100均で購入の変換アダプター。100均のアダプターに限らず、コードレスの変換アダプターをタブレットに取り付けた場合にはバランスがわるく、HDMIケーブルの自重で変換アダプター側が曲がってしまいます。

私は別途購入にエレコムのアダプターを曲げてしまいました。100均購入のアダプターはPCモニターに出力できたり、できなかたっりと不安定。出力できた場合も横のラインが複数入り使用できず。

▼Windows 10 2in1 タブレット(Chuwi Hi10 Pro、Chuwi Hi10 Pro 実機レビュー、国内格安ノート 辛口ランキング1位の製品よりもコスパ度は圧倒的)に接続した様子。

▲上の画像は今回購入のケーブル、下はエレコムで購入の変換アダプターでの接続ですが、下の画像の変換アダプターではかなりの大きさとなりバランスがわるいのがわかります。

このバランスのわるさのため、かなり不安定な状態となり、しだいにアダプターの先端が曲がってきます。そして最終的な使用不可となりました。

まとめ

肝心な接続先のPCミニターの映像ですが、23.6インチ(12,980円のPhilips 23.6型 PLSパネルディスプレイのレビュー)の大きなモニターに出力しているのですが、出力が不安定になることもなく、また、映像に何ら不都合はなく綺麗に出力できています。

今回のmicro HDMIポートからの映像出力について強く主張したいのは、変換アダプター・ケーブルを購入する場合には、コードレスの変換アダプターではなく、コードと一体となった変換ケーブルがベストということ。スマホ・タブレットにてコードレスの変換アダプターを使用した場合には、かなりバランスがわるくなってしまいます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする