ロジクール M590 レビュー、静音かつBluetoothの安定度もメリット絶大

ロジクール M557とM590

サイレントなうえに、PC間でコピペができる、ロジクールのマウス M590。M557を購入した直後であり、また、マウスとしてはやや高価なために購入すべきか迷ったものの、ロジクール製マウスのBluetooth接続の安定度とサイレントとの触れ込みに負けて、購入してしまいました。今回は、このM590の外観と基本機能のレビューです。

※冒頭の写真は、M557(左)とM590(右)

▼今回レビューするのは、こちらのロジクール M590

スポンサーリンク

写真で見る、ロジクール M590

▼3色展開のうち、私が購入したのはグラファイトトーナル。ツヤツヤ感のないシックな色調です。サイドのグレー部分は、スウェード調の肌触り。

ロジクール M590 前方より

▼ホイールの下にある丸いボタンを、マウス接続(3秒長押し)、接続する端末の切替(1秒押す)で使用。Bluetoothの初回接続時には、3秒長押しで対応しました。

ロジクール M590 サイド 上より

▲左にあるのが「戻る」「進む」ボタン。こちらは静音仕様ではないのですが、カチカチ音が低音であり、比較的静かです。

▼サイドの窪み(親指が当たる部分)はラバー素材ではありません。

ロジクール M590 左サイドより

▼右サイドより。他のマウスと同様、右サイドには何もありません。

ロジクール M590 右サイドより

▼後方の正面より

ロジクール M590 正面より

▼裏蓋を外したところ。乾電池・ワイヤレスアダプターが付属しています。

▼ワイヤレスアダプターは、裏蓋を外した、この位置に収納できます。

ロジクール M590 ワイヤレスアダプター 収納場所

ロジクール M590、基本動作のレビュー

このM590の最大の特徴は、ロジクールFLOWによりパソコン間でコンテンツをコピペできることにあります。私が購入した大きな動機は、このロジクールFLOWよりも、むしろ、ロジクールのBluetooth マウスの安定度(※)、とカチカチ音のしないサイレント仕様なこと。

※手持ちの他メーカーのBluetoothマウスでは、PC操作中にポインターが消えたり、動作が突如として速くなるなどの不安定なもの。

M590の発売情報を得る前に購入したM557は、Bluetoothの安定度は抜群ながらも、カチカチ音は一般的なマウスよりも高音で気になるもの。このM590に期待していました。

ロジクール M557、安定感抜群のBluetoothマウスのレビュー
今回、Amazonなどのレビューでも高評価のBluetooth マウス、ロジクール M557を購入しましたので、その使い勝手などをレ...

ワイヤレス接続、Bluetooth接続

このM590には、ワイヤレスアダプターが付属しているように、ワイヤレス接続、Bluetooth接続の双方に対応しているのはありがたい。

手持ちのPC複数台では、ワイヤレス接続は即認識。何の問題もありません。

一方のBluetooth接続では、Windows 10 2 in1タブレット (ASUS T90Chi)での初回接続時に、以下の「ドライバーエラー」が発生。そこで、再度 ペアリングを行うと、あっさりと接続できました。

ロジクール M590 ドライバーエラー

なお、PCの再起動、スリープからの復帰後、マウスの電源オンオフに伴う、Bluetooth接続は時間もかからず、即できています。

Bluetooth接続の安定性

手持ちの他社製のBluetooth接続のマウスでもそうなのですが、Bluetoothマウスの各種レビューを参照すると、接続切れ、不安定な挙動などのコメントが散見されます。

このM590においては、M557と同様に、数時間操作したなかでは動作は安定しており、この動作の安定性のみでも「買い」との認識です。

ロジクールのマウスは、私の使用経験、各種レビューにおいても、Bluetoothの安定性には定評があり、このM590も同様に安定しています。もちろん、突如の接続切れ、ポインターが突然消えてしまう、ポインターの動きが速くなるような不具合はありません。

静音性

M590の正式名称は「ロジクール M590 MULTI-DEVICE サイレント マウス」。製品パッケージに以下の記載があります。

従来モデルよりノイズを90%以上軽減。クリック感覚はそのままに、左右クリック音だけを軽減

ここでの「従来モデル」とはM170とのことですが、操作してみると、サイレントの名に恥じない静けさです。カチカチ音は全くと言ってよいほど聞こえません。テーブルを指でポンポンと叩くとコツコツと音がしますが、そのような音がするのみです。

他の静音マウスでは、iBuffaloのBSMBW28Sを使用しており、こちらも十分に静かなのですが、M590はこれよりも僅かながらに静かです。BSMBW28S、M590ともに、飲食店、公共施設、打ち合わせ中など、その音で迷惑をかけるようなことはありません。

ホールド性、携帯性

ホールド性においては、並のマウスと同様です。握る際の親指のあたりの窪みがラバー製ではなく、スウェードっぽい触り心地ですが、しっかりとホールドできます。

携帯性においては、M557との比較では、M557が単三乾電池2本での駆動に対し、M590(重さ101g)は1本であるために軽いです。

薄さ・コンパクトさをウリにしているものではないため、ポケットに入れて持ち運ぶようなものではありませんが、カバンのなかに入れてしまえば、多少のサイズ差は影響はなく、何ら問題のないもの。

一方、M557の高さが34mmであるのに対し、M590の高さは40mm。6mmの差ですが、薄いノートPCを使用している場合には、この差は大きいです。私のASUS T90Chi (8.9インチ、2 in 1)では、M557はキーボードの位置に対してマウスの高さがバランスいいものの、M590ではややアンバランスで違和感があります。

▼奥にあるは、ASUS T90Chi。手前 左はM590、右はM557

▲高さの差は僅かなようですが(6mm)、T90Chiの薄いキーボードに対しては、この6mmの差が影響し、M590の高さはややアンバランスで、キーボード入力後にマウスを握ると、少なからず違和感があります。

その他

その他の基本動作として、以下はスムーズなもので何の問題もなく操作できます。ただし、やや操作しにくいのが、サイドにある「戻る」「進む」ボタン。慣れないせいか、私が不器用なためか、「戻る」「進む」ボタンを押そうとして、間違えてクリックボタンを押してしまうこともしばしばあります。

  • マウス移動時の滑り具合。新品である影響もかなり大きいはずですが、他のマウスと比較してもスムーズ。そしてどういう訳か静かです。ここも秘かにサイレント仕様なのでしょうか。M557は移動時にガサガサするのに対し、M590はスルスルと移動します。
  • サイドにある「戻る」「進む」ボタン。ここはサイレントではなく、多少の音はあります。
  • ホイール操作はスムーズです。

まとめ

ロジクールFLOWのレビューは別記事としますが、外観・基本機能のレビューでした。ロジクールFLOWの付加価値を別にすると、マウスとしては高価なM590。ただし、ワイヤレス、Bluetoothの双方が使用できること、静音マウスであること、Bluetoothが安定していることを鑑みると、ロジクールFLOWを使用しなくとも、十分に購入する価値ありです。私は楽天ポイントでの購入でしたが、買って後悔などは微塵も感じません。

▼異なる端末間を移動し、コピペ等の作業が可能な「ロジクール Flow」のレビューはこちら

ロジクール M590,M585のFlowの設定方法、想像以上に軽快なFlowのレビュー
先日の記事にて、「ロジクールのM590は、静音なこととBluetoothの安定度のみでも買い」とお伝えしましたが、やはり、その真骨頂...

▼2台のPCをワンタッチで切り替え利用できる「マルチデバイス機能」はかなり便利です。

ロジクール M590、かなり使えるマルチデバイス機能、2台のPCを瞬時に切替
2017年7月の月初より使用しているロジクールのマウス M590。先のレビュー記事にて「その真骨頂はロジクールFlowにあり」とお伝...

スポンサーリンク

シェアする

フォローする