LibreOffice vs OpneOffice,Excel代替フリーソフト 使い易さ比較

会社ではExcelをバリバリ使用していますが、自宅ではExcelを購入する余裕がない私。自宅での持ち帰り仕事には、表計算のフリーソフトを使用しています。そんなExcelの替わりとなるフリーソフトの代表格がLibreOfficeとOpneOfficeです。

私は双方ともインストールしていますが、今回はこのLibreOfficeとOpenOfficeはどちらの使い勝手がよいのか、私なりの見解をレポートします。

スポンサーリンク

LibreOfficeとOpenOffice、ファイル容量、メモリ使用量の相違

私の自宅でのメインパソコンは、Core 2 DuoのデスクトップPCとStick PC。双方とも非力なパソコンですが、オフィスソフト、Web閲覧は軽々とこなせます。ただし、メモリ使用量を圧迫しフリーズする事態は避けたいため、メモリ使用量、そして参考までにインストールしたファイル使用量を確認しました。

ファイル容量・メモリ使用量とも、OpneOfficeがやや軽めであるものの、LibreOffice・OpenOfficeに、レスポンスに影響するほどの大きな差はありません。

※LibreOfficeのバージョンは5.2.3.3、OpenOfficeは4.1.2を使用しています。

メモリ使用量

▼画像上は起動直後のメモリ使用量です。

LibreOfficeが46.8MB、OpenOfficeが40MBとなり、ややOpenOfficeが軽いものの、動作に影響を与えるほどの差ではありません。

▼軽めのExcelファイル(ファイル容量25KB)を開いた際のメモリ使用量。

LibreOfficeが74.2MB、OpenOfficeが61.1MBとなり、こちらもOpenOfficeが優勢。

ちなみに数十MBクラスの大きなファイルを開いた際にも、OpenOfficeが優勢となるものの、どちらか一方がフリーズするような大きな差はありません。

インストールファイルの容量

表計算ソフトのみならず、Officeソフト全体のインストール容量です。

LibreOfficeが409MB、OpenOfficeが314MBであり、約100MBの差です。この差が1GBもあれば考えてしまいますが、100MBの差であればディスクを圧迫するようなものではなく、大きな差ではないといってよいでしょう

訂正です。後日、アンイストール情報を確認したところ、LibreOfficeが1.93GB、OpenOfficeが446.69MBです。LibreOfficeはエクスプローラー上は409MBなのですが、1.5GBもどこで肥大しているのか謎です。

OpenOfficeとの差は1.5GBであり、タブレット・Stick PCなどの容量の少ない端末へのインストールは、空き容量を確認したほうがよいです。

▼エクスプローラー上はLibreOfficeも、それほど大きくないのですが。

LibreOfficeとOpenOffice、使い勝手の相違

私が以下の作業を行った範囲では、その機能に大きな差はなく、また、Excelでできたことが、LibreOffice・OpenOfficeはできないということはなかったです。

  • ブログ挿入用の簡単な表作成
  • 持ち帰り仕事での、ピボットテーブル、数十MBクラスのデータの並び替え・フィルタ、その他 各種関数、グラフの作成など、一通りのExcel基本機能。

一方、使い勝手については、私の感覚ではLibreOfficeがより使い易いもの。このため、普段はLibreOfficeを使用しています。LibreOfficeがより使い易いと判断する理由を、主要カテゴリー別に記載すると以下となります。

全般的な見易さ

起動直後に最初に感じる相違が解像度。私のPC環境のみのことでしたら誤解を招くのですが、OpenOfficeは文字が滲んでいるのが即わかります。

以下の画像は、メニュー・ツールバーの一部を切り取ったもの(原寸での滲みがわかりように、サイズ変更・画像圧縮なし)ですが、下のOpenOfficeのメニュー項目の文字・アイコンが滲んでいることがわかります。

このように、OpneOfficeはシート上の文字も滲んでいるような字体であり、視認性が今一つと感じます。

メニュー、ツールバー

メニューについては、以下の画像のとおり、LibreOfficeには「シート」の項目があるのに対し、OpenOffinceにはありません。ただし、このシートメニューにはシートの削除・挿入・名前の変更等があるのですが、メニュー項目になくとも対応できるため、使い勝手に差はありません。

ツールバーについては、自分で自由に追加等できるため、こちらも大きな差はないものです。

▼LibreOffice

▼OpneOffice

セルの書式設定

私がExcelにて頻繁に使用する機能の一つに「セルの書式設定」がありますが、LibreOffice・OpenOfficeともExcelと遜色なく、使い勝手の優越もありません。

▼セルの書式設定のうち、枠線の比較。上はLibreOffice、下はOpenOfficeですが、数値なども含め両者に大きな相違はありません。

関数、フィルタ、グラフ、図形などの機能

画像は省略しますが、関数もSUMはもちろんのこと、ROUND・COUNT・IF・SUMIFなどの主要関数も両者ともExcelと同様に使用できます。

また、ピボットテーブル・フィルタ・グラフ・図形などの基本機能もExcel同様に機能します。

Excelファイルの再現性

自宅への持ち帰り仕事でExcelファイルを編集するニーズも多いと思いますが、私が使用したExcel2010の再現性においては、LibreOfficeが一歩リードとの認識です。

具体的に、LibreOfficeがより優れていると感じる箇所は以下のとおりです。

  • 私がこれまでに使用したExcelファイルでは、LibreOfficeはExcelファイルそのままを再現。
  • 一方、OpneOfficeはExcelでは太字の個所が太字になっていない、「コメントの表示」としたものが表示されていない。いづれも手作業で修正する必要があります。

▼仕事用のファイルのため、ボカシ強めのあえて小さくした画像です。

上はLibreOffice、下はOpenOfficeにて同じExcelファイルを表示したもの。OpenOfficeは左上のセルが太字になっていない、コメント(吹き出しの部分)が表示されていないのがわかるかと思います。

まとめ

Excel代替として使用できるフリーソフトである「LibreOffice」と「OpneOffice」の使用感を比較しましたが、双方とも十分にExcel代替として使用できる便利なソフトであり、私がExcelを使用し始めた1990年代後半には、フリーで提供されること自体を想像さえしなかったものです。

使い勝手の面では、OpneOfficeは全体の文字等の滲み、Excelファイルの再現性が今一歩LibreOfficeに及ばず、Libre Officeがより使い易いとの認識です。

▼LibreOffice、OpenOfficeの公式サイト・ダウンロードサイトです。

LibreOffice Homepage, office suite, download, open standards, open source, free software, LibreOffice

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事