Jumper EZBook 3 Proを注文,Chuwi,VOYOではなくEZBook 3 Proに決めた背景

本日は、今後のJumper EZbook 3 Proの長期運用にあたっての先行記事です。先の記事でも記載しましたが、中国製の安価な(コスパの高い)Windows ノートを物色していた私。GearBest JapanがTwitter等でクーポンを配布していたことに釣られ、7/31にEZbook 3 Proを注文、現在 到着待ちです。今回は、私がChuwi・VOYOの機種でもなく、Jumper EZbook 3 Proを選択した背景等を簡単に記載します。

関連記事 Cube Thinker,EZBook 3 Pro,何度も観たい海外レビュー動画をピックアップ

スポンサーリンク

EZbook 3 Proを注文した背景

予算に余裕があれば、Cube Thinker、Xiaomi Air 12 Laptopが欲しいところですが、Jumper・Chuwi・VOYOの売れ線の機種と比較すると倍以上の価格のため断念。そして、私が予算3万円前後を条件に絞り込んだ機種は以下。

  • Jumper EZbook 3 Pro (Ver. 3、SSD m.2スロット付)
  • VOYO VBook V3 Pentium Version
  • T-bao Tbook Air
  • CHUWI LapBook 12.3


Jumper EZBOOK 3 PRO (Gearbest)

Voyo VBook V3 Pentium Version (Geekbuying)

T-bao Tbook Air 12.5 (Geekbuying)

結局のところは、コスパ度合、国内外の各所レビューを参照したうえで、よりデメリットの少ない製品を検討した結果、無難にJumper EZbook 3 Proを選択しました。それほど大きなデメリットではないのですが、私が上記4機種で感じたデメリットらしきものは以下のとおりです。

  • Jumper EZbook 3 Proにはバージョンが複数あるのですが、SSD m.2スロット付のバージョンは、Wifi強化(Dual Band対応)にあたってのコスト削減のため、eMMCに低速なものを使用している。確かに、海外サイトのベンチマーク(CrystalDiskMark 5)を参照すると、私のStick PC、T90Chiよりも低速。ただし、これはBiosを弄ることにより、ある程度は速くなる。

▽Jumper EZbook 3 Pro (Ver. 3)のeMMC スピード改善(対応する場合には、自己責任にて)

Edit: This works on some others models (at your own risk) But my Onda Xiaoma 21 went from 160 reads and 100 writes to 250 reads and 120 writes. Big improvement ...

  • VOYO VBook V3 Pentium Versionは、そつなくまとまっているのですが、ボディは上質ながらもプラスチック。どうせならアルミ製を選択したい、そして Pentium・SSDを搭載していることもあるのですが、Geekbuyingでの価格は約350ドルとやや高め。
  • T-bao Tbook Airは、128GB SSD・指紋認証搭載でGeekbuyingでの価格は約280ドルとかなり魅力的なのですが、ポートがUSB Type Cのみであること、以下のサイトによると「ヒンジがきしむ」とあり、個体差かもしれないものの、リンク先の動画をみるとかなりの音であるため見送り。
最近Jumperという中華ノートPCが日本でも人気を集めていることを知り、さらに、後発のT-bao(漢字表記では「天宝」)というメーカーから「Tbook Air」という薄型ノートPCが発売されたとのことだったので、購入しレビューする。

  • CHUWI LapBook 12.3は、2736 x 1824の解像度、SSD m.2スロットがアクセスしやすいことに惹かれるが、液晶のベゼル幅が太すぎることで見送り。

▼Jumper EZBook 3 ProとChuwi Lapbook 12.3の比較は、こちらのTeahTabletsの動画がわかりやすい

最終的に、Jumper EZBook 3 Proに決めた理由は、やはりコスパの高さと、特に海外でユーザーのトラブル対応、カスタマイズ記事・動画が充実していること。そして、たまたま Gearbestにてクーポンを配布していたことです。

Jumper EZBOOK 3 PRO (Gearbest)

ところで、発送はDHLエクスプレスとなるのですが、7/31に注文し翌日には「発送データを受領」とあったため、「もしや週末には受領できるか」とワクワクしていたのですが、「発送データを受領」で足踏み状態。

Gearbestからは発送データをDHLに送信したのみで、荷物自体はDHLに渡っていないようです。土日はDHLは休みのようですが、火曜から金曜まで4日間もGeabestから未発送って遅すぎるような。海外のことなので気長に待ちます。

▼悩ましいのは、EZBook 3 Pro Ver.3のeMMCは低速との情報を踏まえ、早々にSSD化するか否か。BIOSを弄ることにより、ある程度は改善できるようであり、ここは様子見。実機のレスポンスを確認したうえで、遅いと認識した場合には早々にSSD化します。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事