iOS11対象外のiPhone5は中古がお手頃に。ゲオ通販で確認の中古相場

Appleから iPhone8 / iPhone8 Plus / iPhone Xが発表され、iOSもiOS11へ更新となりましたが、私の興味は旧機種でのiOS11の運用と旧機種の中古価格。特に、iOS11へのアップデート対象外となったiPhone5の中古価格の動向が気になります。

私は2016年7月に、ゲオ店頭にてiPhone5 16GBを9,980円で購入したのですが、久しぶりに中古価格を確認してみると、価格はかなり下落。さらに、一時期よりも程度のよい中古品の流通量が増加しているような感覚です。

今回は、この程度のよい iPhone5の中古品を、ゲオモバイル通販にて確認してみました。

スポンサーリンク

iPhone5 / iOS 10.3.3におけるレスポンス

2017年10月2日時点での、ゲオモバイルにおけるAランクの中古は、かなりのお手頃価格となっています。

ただし、いくらお手頃でも動作が緩慢だとおすすめできないのですが、私が利用する範囲では、今でもiPhone5の操作感はそこそこに快適です。「そこそこに快適」とは具体的に以下となります。

  • 私が頻繁に利用する Google Chrome / SNS系・ブログ管理系アプリの挙動は、単独で操作している限りでは iPhone6とのレスポンスの相違を感じません。
  • 極端な例ですが、iPhone5からiPhone7に機種変した我が子は、(排熱に問題を抱えている)iPhone7よりもiPhone5のレスポンスが心地よいとコメントしていました。ただし、購入直後であったため、初期設定などでiPhone7の温度が上昇・保護機構が働き、レスポンスが悪化していたものと推察します。
  • iPhone5とiPhone6を並べて操作すると、アプリの起動・画面遷移など、iPhone5はやや反応が遅延している感覚もあります。やや遅延程度なので、十分なレスポンスとの認識です。
  • また、同じiPhone5でも、iOS9.xとiOS10.3.3では、僅かながらiOS10.3.3のレスポンスが遅く感じます。

いづれにしても、iPhone5をサブ的に運用するのであれば、まだまだ十分に使えます。iPhone4Sとなるとサブ運用でも厳しいレスポンスですが、iPhone4SとiPhone5の体感的なレスポンスは大きな開きがあります。

▼私は、ソフトバンク版 / au版 双方のiPhone5を所有していますが、以下はソフトバンク版のもの(電源ボタン不良のため、ソフトバンクでの下取り不可となったものです)。

▼関連記事

iPhone5・iOS 10.3.1のレスポンスは? iPhone6、Androidとの体感比較
先日の記事「iPhone5をiOS 10.3にアップデートしてみた。OTAアップデートは未対応」のとおり、iPhone5をiOS10...
iPhone5、iOS 10.3.3とiOS 9.2のレスポンスを並べて比較。体感的に速いのは?
家族のiPhone機種変更時に、電源ボタンが機能しないために、ソフトバンクでの下取り不可となったiPhone5。しばらく放置していた...

ゲオモバイル通販で探した、AランクのiPhone5

さて、前提となるiPhone5のレスポンスの記載が長くなりましたが、以下のゲオモバイル・楽天市場店にて、AランクのiPhone5をピックアップしました。

iphone5 Aランク、ゲオモバイル 楽天市場店

なお、ゲオモバイルでのAランクの定義は以下となっています。

液晶に傷がなく 使用されているが、良好な状態。動作や機能に全く問題がない。微細な傷・汚れがあるもの。

数ある中古販売店で、私がゲオモバイルの中古をピックアップした理由は以下のとおりです。

  • 私はゲオにて、iPhone5(店頭) / iPad mini3(通販)の購入経験がありますが、店頭・通販とも価格は他の店舗と比較しても低めに設定されていること。
  • 傷の程度については、店頭では実機で確認できるのはもちろん、通販においても複数の写真にて確認できること。
  • Aランク  / Bランクなどの傷の程度、キャリア、ストレージ容量に応じて、価格が一定でありわかりやすい。
  • 全品 アクティベーション済。購入直後から使用できます。このアクティベーション済であることは、何気に重要な要素です。私も何度か経験あるのですが、アクティベーション済でない場合には、家族・友人に同キャリアの SIMを借りるか、Amazonなどでアクティベーション専用SIMを購入しての設定となります。

▼ソフトバンク 16GBの事例ですが、Aランクの16GBは 一律 税込・送料込で6,075円。

以降に紹介の中古品も同様ですが、「古いiPhone5をよくもこれほど綺麗に使っていたものだ」と感心するほどに、傷らしくものが見当たりません。

SoftBank iPhone5[16GB] ブラック&スレート (6,075円)

▼au 32GBの事例ですが、32GBは 税込・送料込で8,775円。

私は容量の少ない16GBを使用しているのですが、アプリをインストールする際に容量を圧迫しないよう気をつけたり、写真をためずに削除するなど対応しています。

16GBとの価格差は2,700円と微妙なところですが、予算が許せば32GBが無難でしょう。

なお、写真の赤のラベルは「アクティベーション済」であることを示すものですが、ゲオモバイルの中古は店頭・通販ともに同ラベルで明記しており安心です。

au iPhone5[32GB] ホワイト&シルバー (8,775円)

▼ソフトバンク 64GBの事例。ソフトバンク・auのAランク 64GBは 税込・送料込で10,125円


SoftBank iPhone5[64GB] ブラック&スレート(10,125円)

半年ほど前でしょうか。iPhone5Sの中古価格を確認した際に、 iPhone5の価格も同時に確認したのですが、程度のよいiPhone5の流通量は多くなかったと記憶。

勝手な類推ですが、iPhone8の発表、iPhone5がiOS11の対象外になったことに伴い、ユーザー・販売店ともに、手持ちの端末を放出しているように思います。

まとめ

久しぶりに(半年程度ぶり)iPhone5の中古価格を確認してみると、価格もかなり下落しているようであり、程度のよいAランクの商品が16GBでは税込・送料込で6,075円となっています。

普段はAndroidスマホを使用しているものの、サブ的にiPhoneを使用してみたい方には、安価で購入でき、その体感的なレスポンスもiPhone6と遜色ないiPhone5は特におすすめです。

▼こちらの2017/4/9付の過去記事では、ゲオモバイルではないものの、他店舗のBランク 16GBが8,000円ほどと記載しています。半年でずいぶんと安くなったものです。

iPhone5・iOS 10.3.1のレスポンスは? iPhone6、Androidとの体感比較
先日の記事「iPhone5をiOS 10.3にアップデートしてみた。OTAアップデートは未対応」のとおり、iPhone5をiOS10...

スポンサーリンク

シェアする

フォローする