iPhone5をiOS 10.3にアップデートしてみた。OTAアップデートは未対応

先日の記事「iPhone6をiOS 10.3に更新、レスポンスやバッテリーへの影響は?」のとおり、iPhone6をiOS 10.3に更新したものの、その際に「なぜか、iPhone5はOTA(Over The Air)アップデートできない」と記載しましたが、どうやらiTunes経由でのアップデートは可能のようです。そこで本日、iPhone5をiOS 10.3にアップデートしましたので、アップデート過程等のレポートです。

スポンサーリンク

iPhone5をiTunes経由にてiOS 10.3にアップデート

▼iPhone5の画面上は、iOS 10.2.1が最新版と記載されています。

▼iPhone5をパソコンに接続しiTunesを起動すると、「iPhoneソフトウェアの最新バージョン(10.3)があります。今すぐダウンロードしてiPhoneを更新しますか」のメッセージがあります。iTunes経由にてiPhone5をiOS 10.3にアップデート可能です。

▼更新過程の1コマ

▼更新完了。モデルND105J/Aのバージョンは10.3になっています。

▼見た目や追加機能は以下のiPhone6と同じです。

iPhone6をiOS 10.3に更新、レスポンスやバッテリーへの影響は?
iOS10.3がリリースされましたが、私の興味は新機能ではなく、iPhone6以前の旧機種にてレスポンス・バッテリー消費がどのように...

さて、iPhone5をiOS 10.3にアップデートし、設定とGoogle Chromeを操作した限りですが、操作に何等かの問題などは感じません。私が多用するGoogle ChormeはiPhone6と同様にサクサク動いています。

ところで、なぜiPhone5のiOS 10.3へのアップデートがOTAではできず、iTunes経由のみとなるのか、その理由が不明です。双方ともできないのなら、ファイルシステムの変更や、新機能の追加などで「iPhone5では要件を満たせず」というのなら理解できるのですが、iTunesでできて、OTAがダメな理由を探ることができません。

以下の記事のとおり、iOS 10.3.2ではiPhone5は対象外との噂もあるようであり、iOS 10.3への更新も、何等かの迷い・制御などが必要だったのでしょうか。

『iOS 10.3.2』でiPhone 5/5cはサポート対象外に?

スポンサーリンク

シェアする

フォローする