iPhone5 iOS 10.3.3、スリープ時のバッテリー消費を計測、iOS 10.2との比較

先日、iPhone5・iPhone6をiOS 10.3.3にアップデートしてから、バッテリー持ちがわるくなったかもと報告しました。ただし、この報告は感覚的なものに頼ったものでした。このため、iPhone5のスリープ時におけるバッテリー消費を、簡易的に計測してみましたのでレポートします。

関連記事 iPhone5 iPhone6をiOS 10.3.3に更新、バッテリー持ちは悪化したのか 体感的なレポート

スポンサーリンク

計測の条件

条件と言うほどの大袈裟なものではないのですが、iPhone5の設定によって、スリープ時のバッテリー消費が大きく変わってくるため、私が計測したiPhone5の設定等を記載します。

Wifi運用でもあり、スリープ時にバッテリー消費をする、以下のものを制御しています。ただし、「低電力モード」はビジュアルにも影響するため、私の好みではなく、オンにしていません。

  • 機内モードに設定
  • Blutoothはオフに
  • アプリの各種通知も可能な限りオフに設定
  • 位置情報サービスはオフに

▼バッテリー消費の激しい「位置情報サービス」はもちろんオフに

▼Bluetoothはオフにし、機内モードに

▼各種通知もオフに

20時間放置後のバッテリー消費

▼上下に長い画面のために編集

▲▼残量97%、消費量3%で、使用時間26分・スタンバイ19時間29分の使用量です。

26分も使用した記憶がない(バッテリー状況の確認のみで、3分も使用していない)のですが、裏でシステム系アプリが稼働していたのでしょう。

数値をまるめて、20時間で3%のバッテリー消費。1時間あたりのバッテリー消費は、3%÷20時間=0.15%

これのみでは評価できないため、以下の過去記事での計測結果を拝借。

省電力設定したiPhone5、スリープ時のバッテリー消費を検証してみた
以下のリンク先の記事のとおり、iOS10にアップデートした中古購入のiPhone5・iPhone6の省電力設定を行いましたが、稀に「...

▼iOSのバージョンを記録していなかったのですが、前後の記事からiOS 10.2と思われます。

▲▼これによると、当初の28.73時間で1時間あたり0.1392%の消費。そして今回は、0.15%。この程度は誤差の範囲です。

よって、結論は「スリープ時に限っては、iOS 10.2も10.3.3もバッテリー消費は変わらず」

稼働中は計測しにくい(というよりは既にアップデートしているので比較検証は無理)なのですが、体感的には確かにバッテリー持ちがわるくなっている感覚です。

ところで、iPhone 5 iOS 10.3.3のレスポンスは?

バッテリー計測後に、iPhone5を操作してみたところ、これが意外と快適。iOS 10.3.3にアップデート時には、iPhone5とiPhone6の双方を操作していたために、iPhone6を操作するなかでの、iPhone5のレスポンスはやや遅く感じたのですが、iPhone5のみを操作しているとサクサクなレスポンスに感じます。

Android機に例えると、直近で販売している2万円前後のエントリー機には及ばないながらも、それに匹敵するレスポンスのようにも思えます。例えば、私はgooのスマホ g07を使用しているのですが、Webサイト閲覧、SNS系の軽めのアプリでは、それほど大きなレスポンスの差を感じるものではありません。

画面が4インチと小さいために、老眼気味の私には辛いのですが、サブ運用ならば まだまだ使えるiPhone5です。

▼いつの間にか、iPhone5Sの16GB Bランクの中古が13,000円前後まで値下がりしています。まだまだ使えるiPhone5ですが、今後のiOSアップデートを考慮すると(iPhone5のアップデートは、そろそろ打ち切りとの情報もあり)、iPhone5Sの中古購入もよいかも。

白ロム au iPhone5s 16GB ME332J/A スペースグレイ[中古Bランク]【当社1ヶ月間保証】 スマホ 中古 本体 送料無料【中古】 【 パソコン&白ロムのイオシス 】

スポンサーリンク

シェアする

フォローする