iPhone6 iOS10.1.1他、iPhone旧機種・最終iOSでの体感比較(2016年11月)

f:id:kminebg1110:20161115211849j:plain

昨日、iPhone5・iPhone6をiOS10.1.1へとアップデートした私。iPhone5・iOS10では、iPhone6以降の機種のレスポンスと比較すると「限界」とのコメントもあるなか、私はiPhone5もまだまだ現役と感じています。というのも、iPhone4・iPhone4Sの最終OSのレスポンスと比較すると、iPhone5・iOS10は比較にならないほどキビキビしています。

そこで今回は、体感的なものですが、iPhone6・iPhone5・iPhone4S・iPhone4の現時点の最終版iOS(iPhone4S・iPhone4は今後のアップデートなし)の体感的なレスポンスを比較してみまししたので、ご参考まで。

スポンサーリンク

比較したiPhone・iOS

比較したiPhone・iOSは以下のとおりです。ちなみに、iPhone 3GSもあるのですが、リセットした時に、なぜか突然、今までできていたアクティベートができなくなり、比較対象から割愛しています。

▼iPhone6、iOS10.1.1

f:id:kminebg1110:20161114181801p:plain

▼iPhone5、iOS10.1.1

f:id:kminebg1110:20161114181815p:plain

▼iPhone4S、iOS9.3.5。このバージョンにて打ち止めのiPhone4S。

f:id:kminebg1110:20161115144454p:plain

▼iPhone4・iOS7.1.2。同じく、このバージョンにて打ち止め。

f:id:kminebg1110:20161115144509j:plain

▲▼iPhone4の最終OS・iOS7.1.2では、アプリ側が対応していないものが多くあります。以下は「旧バージョンでのダウンロード要請」ですが、まだ旧バージョンがあるだけでもありがたい。

f:id:kminebg1110:20161115145324j:plain

各iPhone、最終版iOSの体感比較

私はゲームアプリはほとんど利用しないため、マイクロソフトのクラウドストレージであるOneDriveと、Google Chromeにて当ブログ・スマホサイトでの表示に関する体感比較です。

ちなみに、「はてなブログ」は全般的に同様ですが、当ブログの表示スピードはかなり遅い部類です。

なお、ゲームアプリはほとんどしないと記載したものの、iPhone4Sでは非推薦のアプリ(パズ松さん、おそ松さんのパズルゲーム)を使用したことがあるのですが、さすがにカクカクした動きで、ゲームの常用は困難だったことを付け加えます。

OneDrive

スクリーンの遷移、画像の呼び出し・OneDriveへのアップロードといった単純な操作の体感比較です。

  • iPhone6・iPhone5は全く遜色なし。ゲームアプリならともかく、この程度の負荷の少ないものでは差がでないのでしょう。
  • iPhone4Sは、スクリーンの遷移・画像の呼び出し・サムネイル表示のどれをとっても、iPhone6・iPhone5よりもワンテンポ(1~3秒)、レスポンスが遅れます。この体感差は顕著であり、ホーム画面の遷移でさえ、ややスムーズさに欠けます。
  • iPhone4においては、なぜか旧バージョンのOneDriveにサインインできない状況のため、体感以前の問題でした。

▼OneDrive操作画面より。iPhone4Sは多くの操作が1~3秒ほど遅れる状況。

f:id:kminebg1110:20161115195824j:plain

Google Chromeでの当ブログの表示

自宅でのWifi環境下での体感比較です。

  • iPhone6は、かなりスムーズな表示。普段、メインスマホとしてHuawei honor6 Plusを使用している際には遅いと感じるのですが、iPhone6をメインとしたくなるようなスムーズさ。
  • iPhone5は、iPhone6よりも1.5秒程度、表示が遅れるような感覚。とはいえ、iPhone6と比較しなければ、わからない程度のもの。
  • iPhone4Sは、iPhone5よりも更にワンテンポ遅れるものの、予想外に健闘。honor6 Plusよりも滑らかに表示します。
  • iPhone4のiOS7はGoogleChromeの最新版に対応せず。このため、Safariにて表示しました。全体表示は、iPhone4Sよりも更に2・3秒ほど遅延します。ただし、こちらも意外と滑らか。

記載しているうちに、iPhoneの比較というよりも、むしろAndroidとの相違が顕在化した様相です。Androidでは重かった「当ブログの表示」が、iPhone6・5はもちろんのこと、iPhone4S・4とも滑らかなもの。iPhone4Sでも、私が所有するhonor6 Plus・Nexus5よりもスムーズに、速く表示されます。

iPhoneでの比較では、iPhone6・5・4S・4と順当な表示スピード。さすがに番狂わせなど、あろうはずがないですね。

まとめ

特にGoogle Chromeで当サイトを表示してみて、iPhone6・5・4S・4の最終OSとの比較よりも、Android(honor6 Plus、Nexus5)との比較した場合の、iPhoneのスムーズさを強く感じた私。

そのためでしょうか。私は以前からiPhone5はiOS10であっても、常用は全く問題なし、iPhone4Sはサブ的な使用なら十分との見解です。

一方、さすがにiPhone4はアプリが対応していないことも含め、ホーム画面の遷移もややカクツキがあり、サブ的な運用でも厳しいです。

 

▼お子さん用の安いiPhoneをお求めなら、今更iPhone4Sはおすすめしないものの、 9,000円前後で購入できるiPhone5なら十分ありです。


softbank iPhone5 32GB 本体のみ Cランク [MD299J/A][MD300J/A] 【白ロム】【中古】【中古スマホ】【中古携帯】【エコモ】

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. るんちゃ より:

    複数のiOS端末の比較、Android端末、中古端末の購入記事など興味深いものがたくさんあるサイトだと思いました。

    普段Android端末をメインで使っていますが最近サブ機としてiOS端末が欲しくなりました(久々にiOSアプリに触ってみたい)。家族にiPhone使っている人はいますが自分はiPhone4以来なので最近のiOSが全くわかりません。
    3D駆使した重いゲームはやらないとして、Androidでいう4.4以上なら大抵のアプリが起動できて色々と使えるみたいな水準を満たしたiPhoneってどれに当たりますかね。
    少ない情報ですがおすすめがあったら教えてほしいです。

    • kenken より:

      大抵のアプリが起動できていろいろ使えるとの観点では、iPhone5以上であれば問題ありません。iPhone4Sは役不足で、iPhone4Sを推奨していないアプリもあり、また、iPhone4SとiPhone5では少し触っただけでレスポンスの違いを感じます。
      iPhone5、5S、6では、Webサイト閲覧、ゲーム以外のアプリ(私はゲームをしないので)のレスポンスの相違を感じません。楽天市場で検索していただくとわかるのですが、中古の価格も値崩れしており、iPhone5なら1万円未満、iPhone6なら25,000円前後で程度のよいものが購入できます。中古ならゲオの店頭にも程度がよく安いものが販売されています。ただし、25,000円前後の価格ですと、iPad mini2は余裕で、またiPad mini3やiPhone6 Plusも射程圏内となり、悩ましくなってきます。(iPad mini3の中古購入は記事にしています)
      まとめると、iPhone5以上なら快適に使用できる、あとはディスプレイサイズや予算との見合いで、となると思います。

      • るんちゃ より:

        的確なご意見ありがとうございました。

        メインのAndroid端末が5.5インチの大型なのでiPhoneはノーマルモデルでいいと思っていました。5sと6の比較に関してはネットを見るとCPUの進化をあまりレスポンスで感じないと言った意見が見られていたので、容量ラインナップが新調されたのと画面のサイズくらいしか違わないと思っていいみたいですね。
        Wi-Fi運用でもいいので(できれば使ってるMVNOのdocomoがいいが無理をせず)、あとは容量16GBは遊ぶには少し物足りないので32GB以上で状態が良さそうな5sあたりを13000~19000円くらいで探してみることにしようかな。
        ゲオモバ、ハードオフ、ノジマ、ヤフオクあたりを目を凝らして見てみます。