iPad mini、FYYのケースは価格以上に高品質で多機能、本体保護もバッチリ

2017年1月に中古のiPad mini3を購入しましたが、早くもケースは3つめとなります。安価なものばかりを購入しているのですが、今回はAmazonにて、FYYなるメーカーのケースを購入。今回はこのケースを買い替えた背景とレビューです。

関連記事 ゲオにて22,000円で購入した、中古AランクのiPad mini3 外観レビュー

関連記事 iPad mini3、Amazonで人気の高いスリープ機能付き薄型ケースのレビュー

関連記事 ホールド性抜群、iPad mini ハンドヘルド ストラップ付ケースのレビュー

▼今回 レビューするケースは、こちらのFYYの製品。2017年5月15日時点 1,350円

スポンサーリンク

ケースを買い替えた背景

これまで使用していたケースは上記画像・以下のリンク先のケース。ストラップ・ハンドベルトがついていて、万一落とした場合にも安心で、混雑した電車内でもホールド性抜群。しかも、低価格な割には安っぽく見えないもので、お気に入り。

ホールド性抜群、iPad mini ハンドヘルド ストラップ付ケースのレビュー
先日、iPad miniの薄くてコンパクト、そして安価なケースを購入したばかりですが、薄く保護機能には弱いため、通勤電車内で他の乗客...

がしかし、唯一の欠点は、iPad miniをホールドする枠が、ディスプレイの端も被う、やや厚めの合皮であり、ディスプレイ端の操作が行いにくいこと。

大きな欠点ではないのですが、私の新たな目論見は、iPad miniにて、以下で紹介のキーボードを使用すること。これまでのケースでは、キーボードをBluetoothで接続する際に、iPad miniの下側をスライドし、Bluetoothのオンオフが手軽にできないことは、大きな欠点となります。このために、新たなケースを物色し、FYYのケースを購入です。

▼iPad miniにて、こちらのBuffaloのキーボードを使用する目論見

iBaffalo BSKBB24BK、iPad,iPad mini,他との外観マッチングのレビュー
ブログを始めた2015年の夏から、電車内でも快適に入力できる小型のキーボードを探し求めていた私。この意味では、2in1タブレットのA...

iPad mini、FYY ケースのレビュー

Amazonに記載の特徴は以下となります。

  • PUレザー、スリムケース
  • カード収納、ペンホルダー、スタンド機能付き
  • マグネット開閉式 360度回転可能
  • リストバンド付き
  • 解体可能(プラスチック枠を取り外し可能)
  • 蓋を閉じることによる、オートスリープ機能付き

上記の説明のうち、スリムであることを特徴とした他のケースと比較すると、やや厚めで、実測はしていませんが、ケースの重量感もあります。その分、ケース表裏の厚みなど、保護性はバッチリです。

▼表(左)と裏(右)

全9色のうち、私はブラックを選択。写真では明るめになっていますが、実際には写真より濃いめであり上質なものです。

PUレザーの部分は安物にありがちな、「皮っぽくゴツゴツ感を出してみました」的なものではなく、手触り的にもフラットであることに好感がもてます。

また、私の場合、大抵はケースに手の脂が付着するのですが、脂が付着することもないのが嬉しいところ。

▼内側の各種収納部分。こちらも、写真では明るめですが、実際には2つ下の画像にあるブラックが現物に近い色。

造りは、1,350円のケースであることを考慮すると、縫製など十分に丁寧なもの。また、リストバンドの締め付けは、緩すぎずキツ過ぎず程よいもの。リストバンドがあると安心感がありますが、あらゆる機能を詰め込んだケースのため、ついでにハンドストラップもあると、尚もよかった。

▼左上から、カードホルダー、SDカード他のホルダー、リストバンド。

▼ちなみに、こちらは以前のケース(ホールド性抜群、iPad mini ハンドヘルド ストラップ付ケースのレビュー)の収納部分。素材は違えど。質感としては以下のものが上質。

▼上部、下部、側面より。

電源ボタン、イヤホンジャックなどの解放部は何の問題もありません。蓋のマグネット、オートスリープもしっかり機能します。

後述の回転機構がついているためか、厚みはやや厚めの実測18mm

▼本体の回転機構付きです。あまりにも自由に回転しても困るので仕方のないことですが、回転時にはカタカタと音がします。

このカタカタと音がすることを差し引いても、回転機構がついていることで利用範囲が拡がるはず。

なお、右側面の中央以下に4つほどシルバーの部分がありますが、これは上蓋を固定するマグネット。剥き出しでなくともよかったかも。

▼使い途はないものの、このような変則的な角度で固定することもできます。

▼こちらはプラスチック枠背面にある回転機構。こちらからプラスチック枠のみを取り外すことができるしくみ(FYYのいう解体可能とはこの機能)

▼FYYのケースとiBuffaloのキーボード(BSKBB24BK)の組み合わせ

冒頭の画像のとおり、ディスプレイの角度調整幅が広いことも、このケースの特徴。電車内でキーボードを使用する際には、キーボードの角度を寝かせ気味にしたほうが望ましく、このケースを選択した理由の一つです。

BSKBB24BKとiPad mini3

まとめ

これまでに購入したiPad mini3のケースも同様ですが、Amazon・楽天市場では安価で程度のよいケースが流通している一方で、家電量販店で iPad、iPad miniのケースをみると、その価格(高い)にびっくりしてしまいます。

今回のFYYのケースは、低価格な割には高品質であることに加え、回転機構、各種ホルダー、リストバンドと多機能であることをウリとしたものです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事