iPad 2017 キーボードケース、3,000円ながらも入力、質感は上々

iPad 2017 キーボード付ケース

先の記事、「iPad 2017をソフトバンクで衝動買い、iPad mini3との体感差を比較」のとおり、 iPad 2017を家族共用として、ソフトバンクにて購入しましたが、今回、 Amazonにてキーボード付ケースを購入しましたのでレビューします。

iPad Air向けのキーボード付ケースは多数あるものの、 iPad 、しかも 発売間もない iPad 2017向けとなると、製品がかなり限定される現実。このなか、今回購入したのは以下の製品です。

本当はAmazonでの評価の高い Anker の製品を購入したいところですが、iPad 2017向けは該当なしでした。

▼今回、レビューするケースはこちら。2017/5/6時点にて、Amazon価格は3,060円

スポンサーリンク

 キーボードのレビュー

ケースの場合には、ケース本体からレビューするところですが、こちらはキーボードがメインであるため、写真を中心にコメントを添えてのレビューです。

▼外箱ですが、裏面がやや潰れていたものの、気にしないことにします。

▼付属品は充電用のケーブルと本体、簡易的な英文の説明書

▼いきなりですが、セットした様子。キーボードはマグネット式で取り外し可能です。色合いも含め一体感があり、パソコンのようにも見えます。

iPad 2017 キーボード付ケース

▲実測での重さは以下であり、かなりの重量級

  • iPad 、キーボード付ケースのコミコミで972g
  • キーボード単体で、184g
  • ケース単体で290g。マグネットが重さに影響していると推察

▼キーボードを拡大

タブレット向けのキーボードを物色したことのある方は、この画像を見てピンとくるかと思います。単体、キーボード付ケースを含め多く流通しているキーボードであり、私が Chuwi Hi8 に購入したキーボードは、このサイズ違いです。

Amazonでの同種のキーボードの評価はわるくないのですが、ややキータッチ音が大きく、静かなキーボードが好きな私としては、このキーボードとは想定外でした。同種のキーボードではないものを選んだつもりだったのですが、Amazonの写真では、この種とは判別できず。

このキーボードを否定するわけではなく、私の好みの問題で、静かなキーボードが好みである点を、あらためて強調します。

iPad 2017 キーボード付ケース キーボード拡大

▼電源部分を拡大

iPad 2017 キーボード付ケース 電源拡大

▼キーボードが US 配列であることを別にすれば、キー操作しにくいのが、左上にあるBack space キー。もう少し大きいと打ちやすいのですが。

▼私が絶賛、購入者の多くが絶賛のASUS T90Chiとの比較。

サイズ的には変わらないため、ASUS T90Chi並の入力のし易さ(※)を求めていたのですが、さすがに、この価格帯では無理。

(※)キータッチ音の静けさ、浅めのストロークでのソフトタッチといい、私のなかではフルサイズキーボード以上の入力のしやすさです。

現在、当記事は、今回購入のキーボードを使用して記載しているのですが、都合 4時間程度、キーボードを使用したうえでの、入力に関するコメントは以下です。

  • 全般的に、 3,000円程度のキーボード付ケースの製品との前提では、入力に関しては十分。
  • ブラインドタッチは難なく可能です。
  • 前述のとおり、キータッチ音がやや大きめであり、通勤電車内での入力は他の乗客の迷惑にならないまでも、使っている本人が気を遣いそう。
  • 入力に際しては、ややしっかりめに打ち込む必要があります。逆に、この入力してる感がよいとの意見も多いものですが、私としてはソフトタッチが好み。
  • US配列のため、英文字、日本語入力の切り替えや、漢字変換に慣れが必要ですが、私は4 時間ほどの入力ですっかり慣れました。

先日、以下のリンク先のとおり、iOSに使用でき、コンパクトな(幅はほぼiPadと同じ)ことで評価の高いキーボード「iBaffaloのBSKBB24BK」を購入しました。意外なことに、今回購入したキーボード付ケースのキーボードの入力のしやすさは、BSKBB24BKとほとんど遜色ありません。打鍵音の静けさではBSKBB24BKが優位ですが、入力のしっくり感は今回レビューのキーボードが勝っているかも、との感覚です。

iBaffalo BSKBB24BK コンパクトで操作性抜群なキーボードのレビュー
先の記事「iBaffalo BSKBB24BK、iPad,iPad mini,他との外観マッチングのレビュー」では、 iBaffal...

▽Amazonへのリンク

ケース本体のレビュー

キーボードばかりに目がいってしまいがちですが、ケース本体も、十分に合格点です。脂汚れが付着しやすい点もあるのですが、私が購入したケースはどれも同様に脂汚れがつきやすく、もしかしたら、私の手が脂まみれなだけかも。

▼脂汚れが付着したままでの撮影です。

左が前面、右が裏面。前面に留め具がありますが、マグネット式でしっかり閉じることができます。

閉じた際のオートスリープ機能はない模様。ただし、キーボードは、10分間使用していない場合には、自動的にスリープモードになります。

▲外箱には PUレザー製とあります。

肌触りのよい、サラサラな質感で、合皮であることを主張した製品ではないため好感が持てます。脂汚れは付きますが。

▼下側より。上はキーボードを取り付けた状態、下はキーボードを外した状態。

キーボードを外した状態では、当然ながらもスカスカ。

▼上側より。ちなみに、ホルダーはプラスチック素材ですが、安っぽさはありません。

▲電源ボタンとケースの干渉もありません。

▼スタンドを立てたところ。マグネットでの固定式ですが、マグネットが強力でぐらつきもありません。

逆に強力すぎて、元に戻しにくい局面もあります。

まとめ

重いぞ、脂汚れが付きやすいぞ、とのデメリット的なものもありますが、3,000円ほどの製品であり、以下を踏まえると、十分におすすめなキーボード付ケースの範疇です。私はこれまで、ケースに関しては概ね一度目は失敗し、二度買いするのですが、本製品に関しては、二度買いの必要性もなさそうです。

  • ケース本体の質感はわるくない。
  • キーボードは、ややキータッチ音が大きいものの、ブラインドタッチは難なく可能。
  • ケース・キーボードの色調に一体感があり、ブラックのiPadとマッチしている。

なお、私はすっかり慣れてしまいましたが、多くのiPad向けのキーボード付ケースと同様に、キーボードはUS配列であることを、お含みおきくださいませ。

▼今回のレビューは以下の製品ですが、Amazonレビューのコメントは当製品のものではなく、同メーカーのキーボードなし・他機種のレビューと推察します。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事