iOS10 バッテリー消費 改善対応後のスリープ時のバッテリー消費を検証してみた

f:id:kminebg1110:20161009223649j:plain

iPhone5・iPhone6をiOS 10にアップデートしてから、スリープ時・操作時ともバッテリー消費が悪化していると認識しており、先日の記事「iOS10にてバッテリー消費の悪化、改善のために確認した各種設定」のとおり、バッテリー消費に関する設定を再確認しました。

この設定により、バッテリー消費が改善していることを検証すべく、スリープ時限定となりますが、iPhone6・5・4Sを満充電から10時間放置し、スリープ時のバッテリー持ちを計測・比較検証しましたので、その結果をレポートします。

スポンサーリンク

検証の前提・条件

検証にあたっての機種・条件は以下のとおりです。なお、機種間で多少の細かい設定は異なるところがあるものの、「iOS10にてバッテリー消費の悪化、改善のために確認した各種設定」は、3機種ともほぼ設定済です。

3機種を満充電から同時に約10時間放置し(全く未使用)、計測しました。

  • iPhone4S・iOS 9.3.5。Wifi運用・Wifiオン機内モードオン。
  • iPhone5・iOS 10.0.2。Wifi運用・Wifiオン。ウィジェット稼働。機内モードオン。
  • iPhone6・iOS 10.0.2。mineo(マイネオ)でのau回線及びWifiはオンの状態。

iPhone4S・iOS 9.3.5では、スリープ時のバッテリー消費がわるいとは感じていないため、iPhone4SとiPhone6・5が同等のバッテリー消費であれば、スリープ時のバッテリー持ちは問題なしと言えるでしょう。

なお、「バッテリー残量のパーセント表示は、バッテリー消費に影響する」ことを新たに追加認識したため、「バッテリー残量のパーセント表示をオフ」にして計測しています。

どうやら、バッテリー残量をパーセント表示する際に、スリープ時にバックグラウンドでデータのやりとりをしているようです。

検証結果

では、画像を用いながら検証結果です。

▼iPhone4S・iOS 9.3.5

使用時間19分・スタンバイ10時間17分にして、バッテリー残量は99%。

かなり優秀です。

f:id:kminebg1110:20161009215310j:plain

▼iPhone5・iOS 10.0.2

使用時間23分・スタンバイ10時間17分にして、バッテリー残量は96%。

iPhone4Sよりは僅かに劣りますが、ウィジェット稼働(削除漏れ)にしては優秀。

f:id:kminebg1110:20161009215343j:plain

▼iPhone6・iOS 10.0.2

使用時間14分・スタンバイ10時間17分にして、バッテリー残量は99%。

iPhone4S・iOS 9.3.5とほぼ同様の結果で、かなり優秀です。

f:id:kminebg1110:20161009215517j:plain

▼iPhone6・iOS 10.0.2、バッテリー残量をバーセント表示したままで長時間放置したもの。

多少の使用時間(30分前後と記憶)があり、また満充電後 約50時間超と長いため、上記と単純比較はできないのですが、スタンバイ約49時間にして残量66%とは、望ましくない結果です。これは、バッテリー残量のパーセント表示が少なからず影響しているのは確実です。

f:id:kminebg1110:20161009215527j:plain

まとめ

バッテリー残量のパーセント表示をしたまま計測した際には、「どうなることやら」との想いでしたが、バッテリー残量のパーセント表示をオフにすると「ほぼバッテリーを消費していない」と言えるほど、ニンマリするような好結果となりました。iOS 10.0.2のスリープ時のみに限って言えば(稼働時は未検証)、懸念すべきバッテリー消費の悪化はないようです。

ただし、以下の記事で記載の設定、プラス「バッテリー残量のパーセント表示をオフ」にしたうえでの判断です。

iOS10にてバッテリー消費の悪化、改善のために確認した各種設定
先般の記事「iPhone5・iOS 10は、まだまだ現役。iOS 9からレスポンスの悪化はなし 」のとおり、iPhone5そしてiP...

スポンサーリンク

シェアする

フォローする