Fire HD 2017モデルにChrome他のAndroidアプリを導入した使用感

先日の記事「Fire HD 2017モデルでGoogle Playアプリの導入を簡単に行う方法」のとおり、Fire HD タブレットの2017モデルで簡単にGoogle PlayのAndroidアプリがインストールできることを確認しました。そして、今回はGoogle Chrome他の複数のアプリをインストールしてみた使用感のレポートです。

スポンサーリンク

インストールしたGoogle Playアプリ

アプリ数は多くないのですが、上の画像は私がインストールしてみたGoogle PlayのAndroidアプリです。インストール方法は以下の記事を参照ください。

Fire HD 2017モデルでGoogle Playアプリの導入を簡単に行う方法
Fire HD タブレットにGoogle Playアプリをインストールする際には、ルート化が必要との情報があり面倒に感じていたのです...

「インストールしてみた」と表現しましたが、インストールできたものの、特殊事情で稼働しなかったアプリもあります。

稼働したアプリ、稼働しなかったアプリに分けると以下となります。

稼働したアプリ

後述しますが、単に稼働したのみならず、Androidスマホ・タブレットと遜色なく使えたアプリです。

  • Google Chrome
  • はてなブログ(ブログ管理・編集アプリ)
  • WordPress(ブログ管理・編集アプリ)
  • 楽天市場
  • GearBest(海外通販アプリ)
  • Yahoo 乗換案内
  • Speedtest (ネット回線速度の測定)
  • CPU Z(システム情報の表示)

特殊事情により稼働しなかったアプリ

こちらはインストールできたものの、特殊事情により稼働しなかったアプリです。今回試してみたアプリは多くないのですが、「Google Play 開発者サービス」を必要とするアプリ以外は稼働するとの認識でよいかと思います。

  • Gmail(Google Play 開発者サービスを必要とするようであり、稼働せず)
  • Google Play 開発者サービス(Gmailの稼働で必要となったためにインストール。Fire OSはAndroidがベースと言え、さすがにエラーとなりました)
  • Microsoft Edge(タブレット用はリリースされていないようです)

▼Gmailのエラーメッセージ。Google Play 開発者サービスを必要とします。

▼Microsoft Edgeはスマホ用をインストールできたのですが、タブレットは別扱のようで稼働せず。思わぬところで嬉しい情報ですが「タブレット向けはまもなくリリース」と読み取れるメッセージです。

稼働したアプリの一言コメント

では実際に稼働したアプリへのコメントです。Android スマホ・タブレットと全く同じ動き・レスポンスのため、記事的には面白味がないのですが。

楽天市場、Yahoo 乗換案内、GearBest、はてなブログは、Android スマホ・タブレットと変わることがないため割愛です。

Google Chrome

▼左はYahooサイト、右はAmazonsサイト

▲▼デフォルトのSilk ブラウザと前後してChromeを操作しましたが、サイト表示・スクロールともに同様の感覚で操作できます。Chrome単体でみても、サイト表示・タブの切替・スクロールともに、スマホ・タブレットの動きと遜色ありません。「手持ちのiPad mini3よりもスムーズかも」との感覚すらあります。

WordPress

私はWordPressアプリの管理機能のみを利用しているのですが、この管理機能(アクセスの統計情報など)においては、メインスマホ(goo g07)よりもキビキビと動いているイメージです。

Speedtest

▼同じWifi環境のほぼ同時刻に、Fire HD 8(画像上)とAndroidスマホ(goo g07、画像下)の回線速度を計測

アプリの挙動は同じですが、回線速度はAndroidスマホが速い結果に。家族がFire HD 8でhuluを視聴している際に、回線が途切れる・遅いとの訴えが多かったのですが、今回の計測では、Fire HD 8も下り50Mbpsで十分な速度でした。

我が家のNuro光は時々 極端に遅くなることがあるため、この影響、あるいはhulu側の事情で、hulu視聴に難がある状況となっていたのでしょう。

CPU-Z

システム情報を参照できる「CPU-Z」も普通に動きます。ここでは、アプリの挙動よりも、Google Playアプリのインストールでシステム情報が参照可能なことの、情報連携です。

▲Available RAM(メモリ残量)が221MBとあります。OS側でメモリ管理をしっかり行ってくれるでしょうから、メモリ不足に陥ることはないと思いますが、やはりメモリ1.5GBでは余裕がないように思われます。

まとめ

いかがでしょうか。Fire HD 8にGoogle PlayのAndroidアプリを複数インストールし、その挙動などを確認しました。一部の特殊事情(Google Play 開発者サービスを必要するアプリ)を除いては、Androidスマホ・タブレットと遜色なく稼働しています。

もちろんAmazonが保証するものでもないのですが、Fire OSのアプリストアにアプリの少なさを感じたら、Google Playアプリのインストールも一考かと思います。ただし、私も会員登録やショッピングまで試したわけではなく、また、そこまで試す予定もありません。インストールなどは自己責任にてお願いいたします。

▼Google Playの定番ベンチマークアプリをインストールしスコアを計測しました。

Fire HD 8、Google Play Antutu,Geekbenchを導入しスコアを計測。他社廉価版タブレットより高スコアに
Fire HDにGoogle Playアプリをインストールし、その使用感などを試しているのですが、ここで計測したくなるのがAndroidのベンチマークアプリのスコア。そこで、Androidで定番のベンチマークアプリをFire HD 8にインストールし、スコアを計測してみました。

▼私の他サイトで展開中のFire TV関連記事。Fire TV StickでのGoogle Playアプリのレスポンスと比較すると、Fire HDでのレスポンスは比較にならないほどにスムーズです。

先の記事「Fire TV StickへのBluetoothキーボード、マウスの接続方法と使用感」と関連し、一部&

スポンサーリンク

シェアする

フォローする