Nexus 7 (2012)の引退決定! 中華なタブレット Chuwi Hi8を注文しました

f:id:kminebg1110:20161118130910j:plain

私の長い通勤時間にて通勤電車でもブログの編集に使用できるデジギアを探しており、手持ちのNexus 7 (2012)を有効利用できないかと試行錯誤していましたが、Nexus 7のレスポンス等により限界、今回は限界を感じたNexus 7と、代替として注文したWindows 10とAndroidのデュアルOSであるChuwi Hi8の簡易レポートです。

スポンサーリンク

 Nexus7 (2012)に限界を感じたこと

Nexus7 (2012)の使用において、限界を感じたこと等は以下となります。

  • Nexus 7 (2012)での使用で、動作が遅い、バッテリー持ちがイマイチなどで評判の良くなかった(私も同感)Andoroid 5.1から、購入当初の快適さを求めて4.3にダウングレードしました。にもかかわらず、約2年弱のNexus 5の快適さに慣れてしまうと、Nexus 7では全ての動作が2テンポほど遅れてしまい我慢できず。
  • 上記の「全ての動作が遅い」について、特にGoogle Chromeのレスポンスが顕著。サイトの表示・スクロールなど、カクカクした動きで実用に耐えない。
  • ブログ編集(はてなブログ)において、Androidアプリでは一部機能が使用できず、何かと不便。パソコンと同様にWebサイトで編集したい。

そして、Chuwi Hi8を注文した

Nexus 7の代替として、Chromebook、中古パソコン(Vaio Type P)、Lenovo Yoga tablet 2なども検討しましたが、Cromebook、Yoga tablet 2は価格面で折り合わず。そしてVaio Type Pはそのサイズは魅力的であるものの、バッテリー持ち・性能で不安あり。

このなか、Amazonでは販売後 数日で売り切れ、楽天市場・Amazon・その他個人サイトでも評価の高い、8インチの中華製タブレットであるChuwi Hi8と専用のキーボード付カバーを昨日 注文しました。

このChuwi Hi8ですが、最近の中華製タブレットによくあるWindowsとAndroidのデュアルOSであす。ストレージが少なく、無線11aには対応せず、バッテリー持ちが国産タブレットには劣るなど若干の欠点もありますが、なんといっても15,000円+αの価格が魅力です。明日、手元に届くと思われるますので、週末から3回程度に分けてレビューを記載します。

12月にはスマホの切替(Nexus 5、Pocket Wifiの契約期間満了)もあり、スマホ・デジギア関連記事が賑やかになりそうです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする