Chuwiより Gemini Lake搭載のミニPC「GBox」が、リモコン付属ファンレス機としてリリース

Gemini Lake N4100を搭載するミニPCとして、先日紹介のAlfawise、Beelinkの製品に続き、なんとChuwiからも「GBox」なるミニPCが登場です。

Gemini Lake N4100、メモリ4GB搭載はAlfawise、Beelinkの製品と同様ですが、そのデザイン、リモコン付属などに特徴があります。今回はこの「GBox」の概要を確認してみました。

Chuwi GBoxの概要

スペックは以下となりますが、Alfawise T1(Gemini Lake N4100搭載のミニPC、Alfawise T1。SSD・HDDの増設、豊富な拡張性など、概要を確認してみた)、Beelink S Ⅱ(Gemini Lake N4100,Win10のミニPC Beelink S IIが199.99ドルでリリース。M.2 SSDにも換装可能)と概ね同様です。

  • CPU: Intel Gemini Lake N4100
  • RAM: 4GB、 DDR4
  • ROM: 64G (明記ないのですが、eMMCと推定)
  • SATAポートあり
  • WIFI: 802.11 a/b/g/n/ac
  • ポート類は、HDMI 2.0、USB 3.0×2、USB 2.0×2、USB Type-C、VGA、有線LAN、Micro SD
  • サイズは18.76 x 13.83 x 3.73 cm
  • Windows 10 プレインストール

現時点では情報不足(頼りはGearbestの製品情報)ですが、気になるのは多くの他のミニPCに搭載しているM.2 SSDスロットの有無を確認できないこと。

一方でリモコン付属や、もしやアルミ製ボディか(断定できず)と思われるような記載もあります。

▲エアーマウス機能付のリモコンが付属しています。

エアーマウス自体は、Amazonでも販売 しており(付属のものとは異なります)、多くの製品が2,000円未満と高くはなく、リモコンなしで価格を抑えたほうがよかったかもしれません。

エアーマウスの操作感では、TV Boxで使用したコメントとなりますが、微妙な操作ではマウスに劣るものの、リモコンでポインタが動くこと感動すら覚えます。

使って感動のエアーマウス機能付リモコン、通販サイトで探した 安価でも使える5製品
海外通販にて約3,000円ほどで購入したTV Box。動画視聴を主な目的として、海外で多く流通しているAndroid端末ですが、これ...

▲上の画像に「Unibody stamping, micro-level CNC cutting, aluminum alloy sandblasting oxidation treatment」と記載があり、アルミ製ボディを言及していると思われます。アルミ製であれば、他社製品より大きなメリット。

なお、以下の画像のとおり本製品はファンレス(割愛した文章には明記あり)であり、4時間の連続使用後も34度(明記ないのですがCPU温度か)を保持、とあります。

いくらなんでも34度をキープするのは無理だと思いますが、アルミ製ボディと合わせ全体で放熱しているのであれば、34度まではいかなくとも放熱に優れているのは間違いなさそうです(アルミ製ボディの場合です)。

▼ポート類は他の多くのミニPC並ですが、M.2 SSDポートの記載が見当たらないのが気になるポイント。

まとめ

Gemini Lake N4100搭載のChuwi GBox Mini PC。スペックは、先に紹介のAlfawise T1、Beelink S IIとほぼ同様ですが、リモコン付属、さらにアルミ製ボディの場合には、ファンレスでありながらも、その放熱効果も期待できます。

気になることは、製品情報では確認できなかったM.2 SSDポートの有無。さらなる情報待ちです。

▼Gearbestでの2018年5月30日時点の価格は239.99ドル

Gearbest CHUWI GBox Mini PC
CHUWI GBox Mini PC

シェアする

フォローする